卓球のネットの基礎知識を知ろう。ルールからおすすめのものまで

2019.09.07

卓球のネットには、さまざまな張り方やルールがあります。また、競技用や娯楽用など、それぞれの用途に適したネットが販売されており、初心者のうちはどれを購入すべきか迷ってしまうこともあるでしょう。そんな人のために、卓球ネットの基礎知識を紹介します。

卓球のネットの基礎知識

卓球ネットには、設置時の高さや、構成するパーツなど、いろいろな決まりがあるのをご存知でしょうか?卓球のネットの基礎知識を理解しておくことで、自分に適したネットを選べるようになります。

また、ネットの高さに関しては、正しい高さで練習することが、卓球の上達へとつながるので重要です。パーツに関しても、設置したい卓球台に合わせて選ぶ必要があり、サイズが合わないと設置できないので気を付けましょう。

ここでは、卓球ネットの基礎知識について紹介します。

ネットの高さはルールによって違う

卓球は使用するボールによってルールが異なります。『硬式ボール』と『ラージボール』の2種類あり、『硬式ボールの場合には15.25cm』『ラージボールの場合には17.25cm』にネットをセットしましょう。

趣味で卓球を楽しむだけならば、高さはあまりこだわらなくてもOKです。しかし、本格的に卓球を練習したい人は、硬式ボールまたはラージボールの規定の高さに設定することをおすすめします。

ネットの高さによって打球フォームも変わってくるので、重要なポイントと言えるでしょう。

ネットを構成するパーツ

ネットは、それ単体では使用することができず、卓球台に設置するために『サポート』と呼ばれるパーツが必要なものが一般的です。

ネットには、昔からよく使われている定番の『釣り紐式』、初心者でもセットしやすい『マジックテープ式』、サポートに差し込むだけの『差し込み式』があり、釣り紐式のネットであれば、どんな種類のサポートにも取り付けられます。

しかし、マジックテープや差し込み式など、ネットの種類によっては、装着できるサポートの種類が限られるため、購入前に対応しているか確認しておきましょう。

大会では日本卓球協会公認ネット

大会では『日本卓球協会公認』のネットのみ、使用が認められています。大会への出場も視野に入れて練習する場合には、公認ネットを購入しておくとよいでしょう。

通常、ボールやラバー、ラケットなどの消耗品は、2年の使用有効期限が定められています。しかし、卓球台やネットに関しては、使用有効期限が特に定められていないため、使えなくなる心配はありません。

ネットに関するルール

卓球台のセンターラインに沿って貼られたネットは、ただ単にお互いのプレイヤーの陣地を分けるためだけのものではありません。

ネットに関するルールである『ネットイン』は、試合の流れを変える重要な役割も持っているため、ぜひ覚えておきましょう。

ここでは、ネットインについて解説します。

ネットインとは?

ネットインとは、打ったボールがネットに触れて、相手コートに入った場合のことを指します。

基本的にはネットインした場合でも、正しい返球とみなされるので、そのままラリーは続きます。しかし、サービスがネットインした場合には、ノーカウントとなり、やり直しをしなければなりません。

サポートもネットを構成するパーツなので、ネットとしてみなされます。そのため、サポート部分にあたって相手コートに入った場合もネットインです。

ネットに触れてから相手コートに入ったボールは軌道がヨレるため、相手にとって非常に取りにくくなります。公平にスポーツ競技を楽しむためには、ネットインは少なくするように努めるべきでしょう。

ネットインした際は会釈をしよう

自分の意思とは関係なくネットインになってしまうこともありますが、いかなる場合であってもネットインされた相手は、取りにくいため、あまり気分の良いものではありません。

そのため、自分のボールがネットインになったときは、相手プレイに対して、軽い会釈か手を上げるなど相手に謝罪の意を示すことがマナーです。

お互いが気持ちよく卓球を楽しめるよう、マナーを心がけましょう。

ネットの張り方の種類とは

ネットの貼り方は、ネットの種類によっても異なります。それぞれの特徴を理解しておくと、自分に合ったネットを選べるでしょう。

ここでは、ネットの種類別にそれぞれの特徴を紹介します。

定番の紐式ネット

『紐式ネット』は、釣り紐を使って張るタイプのネットです。昔からある定番のタイプで、誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか?

紐式のネットは、釣り紐が劣化してしまっても、釣り紐だけが単体で販売されているので取り替えが簡単です。ネットのなかでも、手ごろな値段で購入でき、また、どのタイプのサポートにも取り付け可能なので汎用性が高いので人気があります。

取り付けやすいマジックテープ式ネット

『マジックテープ式ネット』は紐を使わずに、マジックテープを使ってサポートに装着するタイプのネットです。

紐式ネットと同様に、さまざまな種類のサポートに装着できます。初心者でも簡単にネットの取り付けが可能です。

ただし、マジックテープの粘着部は、劣化します。マジックテープの粘着が弱くなると、しっかりとネットが張れなくなるため、ネットごと新しいものに買い替える必要があり、紐式ネットよりもコストがかかります。

シンプルな差し込み式ネット

最もシンプルに貼れるネットが、『差し込み式ネット』です。差し込み式ネットは、卓球台に固定したサポートに、ボールチェーンなどを差し込むだけで装着ができます。

3種類のネットタイプの中でも、最も簡単に取り付けられることもあり、日本卓球協会検定品も多く展開されているのも特徴の一つです。

ただし、ネットとサポートが『同じメーカーでないと装着できない』ため、注意しましょう。

ネットサポートの種類やメリット

ネットのパーツの一つである『ネットサポート』にも、種類があります。主な種類は下記の三つです。

  • ネジ固定タイプ
  • バネ式サポート
  • 伸縮・巻取りタイプ

これらの3つのタイプは、それぞれ取り付け方などの特徴が異なります。

一般的に、ネジ固定とバネ式サポートは、卓球台にしっかりと固定できるため、本格的な練習にも対応できますが、伸縮・巻取りタイプのサポートは簡易的なものなので本格的な練習にはあまり向いていません。

ここでは、三つのタイプのそれぞれの特徴やメリットについて紹介します。

ネジ固定タイプ

『ネジ固定タイプ』のサポートは、ネジを用いて卓球台に装着するタイプです。卓球台の厚さに左右されることがないため、幅広い卓球台に装着できます。

また、高さを変更できる商品も多く販売されており、それらの商品は、ラージボール・硬式ボールのどちらでも使用できるのも特徴の一つです。

装着したときに、卓球台へのサポートの接地部がバネ式タイプよりも狭いので、卓球台に傷がつく心配もいりません。

バネ式サポート

大きなクリップのような外見の『バネ式サポート』は、簡単に卓球台に装着できるのが最大の特徴です。

卓球台に、バネ式サポートを挟むだけで装着できるため、まだ、ネットを張るのに慣れていない初心者にとっても簡単です。メーカーなどによっても、バネの強度が異なるため、実際に手に取ってから購入すると失敗が少ないでしょう。

ただし、ネジ固定タイプに比べて、挟める厚さが限られています。また、高さを変更できる商品もあまり販売されていません。

伸縮・巻取りタイプ

『伸縮・巻取りタイプ』は、卓球台に置くだけでネットをセットできます。手軽に卓球を楽しみたい人におすすめです。

固定する力が、他の2タイプと比べると弱く、また、硬式ボール・ラージボールでの基準を満たしている商品はほとんどないため、あくまでも『遊び用』として使用するのが良いでしょう。

公認メーカーを一部紹介

ラバー、ラケット、ボール、用具などの日本卓球協会公認メーカーは、2019年4月1日時点で35メーカーあります。

ここでは、たくさんある公認メーカーの中から、一部を紹介します。

卓球用具で有名なNittaku

Nitaku(ニッタク)は、世界有数の卓球用品メーカーである『日本卓球株式会社』が展開している卓球用品の総合用具メーカーです。1920年にNittakuの前身であるハ一夕一商会を創業したのが始まりで、1947年に現在のNittakuである日本卓球株式会社を設立しました。

Nittakuでは、卓球ボールをはじめ、ラバー、ラケット、卓球台のほかウェアやシューズなどのあらゆる卓球用品を製造販売しています。それらの商品は高品質で、特に卓球ボールのクオリティに関しては世界でも認められているほどです。

日本だけでなく、世界中で愛用されているメーカーとしても知られています。

Nittakuの看板商品として、スピン系テンションラバーの『ファスタークG1』が挙げられます。2010年に発売されて以来、多くの選手が愛用している人気商品です。

Nittaku(ニッタク) 日本卓球 | 卓球用品の総合用具メーカーNittaku(ニッタク)日本卓球株式会社の公式ホームページ

ラバーが人気のYASAKA

YASAKA(ヤサカ)は1947年に創立した卓球総合メーカーです。1969年に販売した高弾性高摩擦ラバー『マークV』は、YASAKAの品質の高さを象徴した商品であり、現在も看板商品として人気があります。

YASAKAのラバーは、マークVシリーズ以外にも、グリップ力の高いトップシートにテンションスポンジを組み合わせる『ハイブリッドエナジー型』や、反発力を重視しながらも回転のかけ易さを併せ持つ『テンション系ラバー』など種類が豊富です。

スピードとスピンの性能に合わせて、幅広い商品のなかから自分の好みに合わせて選べます。

卓球用品のヤサカ | 卓球用具総合メーカー、株式会社ヤサカWEB

トッププロが愛用するBUTTERFLY

BUTTERFLYは、世界有数の卓球用品メーカー『株式会社タマス』が展開している卓球用品総合メーカーです。同社の販売する豊富な商品の中でも、特にラケットやラバーの品質の高さに定評があり、国内外のトッププロにも愛用されています。

1950年に山口県に設立された後、1956年に東京に本社を移転しました。そして、ラバー工場を本社に併設して、高弾性ラバーなど、品質の高い製品を製造販売しています。

また、既に廃盤となったアリレート・カーボン搭載のラケット『ビスカリア』は、オークションなどでも取引されるほど、現在でも人気の商品として有名です。

1997年には、世界初のハイテンション・ラバー『ブライス 』を発売し、世界中で大ヒットを納めています。

バタフライ卓球用品トップページ

ネットのおすすめを紹介

ネットは、さまざまなメーカーからたくさんの種類が展開されています。初心者は、どのネットを購入すればよいのかわからずに迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?

ここでは、おすすめの商品を三つ紹介します。

ニッタク ネットアンドサポート

ニッタクの『ネットアンドサポート』は、差し込み式ネットとバネ式サポートがセットになった商品です。

ネットもサポートも初心者が簡単に取り扱えるタイプなので便利です。また、ネジ式の高さ調整が搭載されているため、高さも変更できます。

硬式ボールとラージボールのどちらもプレイする人に最適でしょう。

  • 商品名:ニッタク(Nittaku) 卓球 ネット用 アジャストサポート&ネット
  • 参考価格:4343円(税込)
  • Amazon:商品ページ

バタフライ ツーウェイ・サポートセット

バタフライの『ツーウェイ・サポートセット』は、日本卓球協会公認のネットとサポートがセットになった商品です。

ネットは差し込み式で、サポートにはバネ式タイプが用いられています。高さ15.25cmと17.25cmで調整可能なネジ式の高さ調整機能が付いているので、硬式ボールとラージボールの両方に対応可能です。

  • 商品名:バタフライ(Butterfly) ツーウェイ・サポートセット・イージー
  • 参考価格:4889円(税込)
  • Amazon:商品ページ

sumnacon ポータブル卓球ネット

sumaconの『ポータブル卓球ネット』は、伸縮式のネットとサポートが一体型の商品です。

台の長さに合わせて最長約1.8mまで伸び、厚みは5cmまでの台に設置できます。ただし、 高さは19.3cm、幅が14cmと硬式ボールにもラージボールにも対応していないため、本格的な練習には向いていません。

コンパクトに収納できるので、パーティーシーンなどにも最適です。

  • 商品名:Sumnacon ポータブル卓球ネット 開閉式 卓球 収納袋付き
  • 価格:1199円(税込)
  • Amazon:商品ページ

集球ネットで1人でも練習

卓球は、2人以上の人数でプレイをしますが、練習では必ずしも相手がいるとは限りません。

そんなときは、1人でも練習できる『集球ネット』を活用しましょう。集球ネットとは、卓球台の相手側の外回りに取り付けて使います。これを取り付けておけば、ボールが飛び散ることなく、集められるので便利です。

また、簡単に卓球台に設置・取り外しが行えるので、誰でも手軽に使えます。ボールを取りに行くのが手間に感じる人や、ひたすらトレーニングに集中したい人に人気です。

ここでは、おすすめの集球ネットを三つ紹介します。

Ladyclare 卓球台ネット

Ladyclareの『卓球台ネット』は、取り付けたい卓球台に簡単にセットできる集球ネットです。

サイズは、高さ80cm、長さ176cm、奥行き36cmです。高めに作られているため、ボールが飛び出す心配もなく、練習中に面倒な球拾いの手間がかかりません。

折りたたみ式なので使用しないときにはコンパクトに収納でき、保管場所に困らない点も優秀です。

  • 商品名:Ladyclare サーブ 卓球 集球ネット
  • 参考価格:5380円(税込)
  • Amazon:商品ページ

CKR 卓球台取り付けネット

CKRの『卓球台取り付けネット』は、トレーニングマシンを使用した練習にも便利な集球ネットです。

打ったボールは、対面に貼ったネットにぶつかってネット内に収まります。ネットにたまったボールは、真ん中にあるホールからまとめて取り出せるので、拾い歩く必要もありません。

設置も取り外しも簡単です。また、使わないときはコンパクトに収納できます。説明書は中国語で書かれていますが、わかりやすい写真が添付されているので安心です。

ただし、正規の卓球台の大きさに合わせて作られているため、それ以外の大きさの卓球台には取り付けられません。事前に対応しているか確認しておきましょう。

  • 商品名:CKR 卓球台取り付けネット
  • 参考価格:3780円(税込)
  • Amazon:商品ページ

Voodans 卓球台拾球ネット

Voodansの『卓球台拾球ネット』は、8.5cm以内の厚さの卓球台にセットできる集球ネットです。緩衝性に優れている点が特徴で、ネットにあたったボールのリバウンドを防止して、飛び出しを軽減できます。

ネットの真ん中部分には、マジックテープで手軽に開閉できるホールがあり、そこからボールを一度にまとめて取り出せます。管を繋げるだけで簡単に組み立てができ、卓球台に簡単に設置・取り外しができる点も人気の商品です。

サイズは、長さ152.5cm、奥行き49cmです。もちろん、使わないときはコンパクトに折りたたんで収納できます。

  • 商品名:Voodans 卓球台拾球ネット
  • 参考価格:5300円(税込)
  • Amazon:商品ページ

用途に合わせて最適な卓球ネットを探そう

卓球ネットには、さまざまなメーカーからたくさんの種類が発売されています。それぞれ特徴が異なるため、用途に合ったものを選ぶことが大切です。

商品の特徴を理解して、自分に最適なネットを購入しましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME