都市伝説を知れば世界が怖くなる?現実を疑ってしまうような言い伝え

2019.09.01

都市伝説とは、本当か嘘かわからない現象や生き物にまつわる話のことです。都市伝説を調べ始めると、果たして現実が正しいのかどうかがわからなくなってきます。この記事では、世界史や世界そのものにまつわる事柄の都市伝説についてまとめました。

世界史を疑ってしまいそうな都市伝説

世界史の一部として学んだことがある、いわゆる「あたりまえ」のできごと。実は、その中にも嘘か真かがわからない不思議なことも混ざっています。

エジソンは霊と交信していたという説

蓄音機や電球などのさまざまな発明品を生み出した偉人・エジソン。彼は発明家として生きていながら、オカルトについてもとても熱心に研究していました。

そこで生まれたのが、霊界と交信ができるという機械「霊界通信機」。エジソンは霊界通信機を使って霊との交信を試みました。

かつて交流があった透視能力者リーズの影響もあってか、エジソンは周りの非難をものともしません。テレパスをはじめとする超能力や霊的なものに強い関心を持って研究を続けていました。

実験の結果は失敗だったと言われていますが、これもまた諸説の一部。本当はすでに霊界との交信ができていたのかもしれません。

アポロの月面着陸は大ウソだという説

アポロ11号の月面着陸はアメリカが仕組んだ陰謀だった、という都市伝説があります。ロシアをはじめとする他国へのけん制のために、アメリカはアポロで月面着陸できたという都市伝説です。

記者たちからは月面着陸した人の影や月の表面、重量についてなどさまざま質問が出てきましたが、NASAはそれにすべて冷静に答えています。

果たしてNASAが捏造をしたのか、それとも本当のこと言っているのかは誰にもわかりません。アポロ計画が終わった今も、この陰謀論や捏造論を語る人は後を絶ちません。

犯人まで亡くなったケネディ暗殺事件の闇

当時の大統領であるジョン・F・ケネディの暗殺事件については、さまざまな憶測がされています。

射殺を行った犯人はリー・ハーヴェイ・オズワルド。射撃の名手だったという話も出ているオズワルドは、旧ソ連とのつながりがあったと言われています。そのため、スパイ活動の一環でケネディ暗殺を行ったのではないかと言われています。

また、オズワルドはすぐに逮捕され、逮捕から2日後にジャック・ルビーという男性に射殺されています。オズワルドは罪を否定する言葉を並べており、ジャック・ルビーもまた暗殺には裏がある旨を警察に話しています。

果たして利己的な狂人による暗殺なのか、それとも他国もしくは自国の陰謀による暗殺なのかは未だ論点として語られ続けられています。

自作自演?9.11がアメリカの陰謀という説

まだ記憶に新しい2001年に起きたアメリカ同時多発テロ。痛ましいあのテロ事件は、実は軍事的な需要のためにアメリカが行った自作自演だったという説があるのです。武装組織・アルカイダの一員が起こした事件とされていますが、被疑者も死亡したものとされているので、動機はいまだ不明瞭なまま。

真相が解明されていないこともあり、爆薬をあらかじめ現場に仕込んでおいたという陰謀説や、テロが起こりうることを知っていながら見逃した見逃し説など、様々な都市伝説が語られています。

世界で有名な恐怖の都市伝説的生き物・人物

世界のあちらこちらで見かけられている都市伝説的な生き物や人物は数多くいます。なかには無害な生き物もいるようですが、どこか気味が悪く感じてしまいます。

黒スーツの男にご用心「スレンダーマン」

スレンダーマンは子供を連れ去ってしまうとされているオカルト的存在です。しかも、スレンダーマンを撮ることに成功したカメラマンも行方不明。まるでこの世界そのものから連れ去られてしまったように感じます。

スレンダーマンの容姿はかなり特徴的。黒いスーツに異様に長い手足、そして名前の通りスレンダーです。

なお、「スレンダーマン」は商標登録された名前ですので、初めから捏造だったと言われています。しかしながら、商標登録をしたものだからといってすべてが捏造とは言い切れません。

森の中で細長い男性に出会ったらすぐに逃げてください。

家に入れないで「黒い目の子供たち」

民家に突然訪れる「黒い目の子供たち」。その名の通り、本来は白いはずの白目の部分まですべてが真っ黒に染まった子供たちのことです。

子供たちはヒッチハイクや民家への来訪など、他の人間の懐に入り込もうとしてきます。目が真っ黒で気味が悪いということで、家に入れたり車に乗せたりした人の話は聞きません。

黒い目の子供たちの要求通りに従っていたらどうなっていたのか、それはいまだ誰も知らないのです。それゆえに人々は黒い目の子供たちに恐怖を感じるのでしょう。

海の中にご用心「ヒトガタ」

「ヒトガタ」や「ニンゲン」と呼ばれている謎の生物は、海の中で発見され撮影されました。その名の通り、人間用に頭と手足、胴体などがそろっています。

写真自体を捏造だと言う人もいる中、このヒトガタはいまだに正体不明です。海底人であるという説や、放射能によって生み出された生き物であるという説など数多くの憶測が飛び交っています。

体長は軽く10メートルを超えるとされており、一説では20メートルあるという話も。捕獲歴はないですが、画像だけではなく動画にも映り込むことがある不思議な生き物です。

謎の機関・世界政府の都市伝説

政府は国単位に存在していますが、実はそんな世界各国の政府をすべて統一してしまおうという動きがあるというのです。

世界政府は構想段階の機関

世界政府(世界統一政府)はまだ完成していない機関です。国連はさまざまな制限があるなか、この世界政府には制限がないのでまさに自由な世界統一のための機関と言えるでしょう。

しかしながら世界統一機関と言えども、グループ内でのマウントの取り合いは避けられません。G20のようなサミットも、世界政府を作るための布石だと考える人もいます。

もし世界が統一されてしまえば、自国が築き上げてきた文化に新たな制限が生まれるおそれがあります。現在進めようとしている「人類平等」「世界平和」というものが、果たして正義なのかどうかは謎のままです。

都市伝説は日本でも世界でも広がり続ける

都市伝説は数えきれないほど世界中に広がっています。この世界はそれほどまでに厄介で謎の多い世界なのです。

歴史や自分の目で見たものすらも疑ってしまう都市伝説。「一体この前見たアレはなんだったんだろう?」と疑問に思うことがあれば、すでに都市伝説に遭遇し引き込まれているということなのかもしれません。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME