濃厚さが堪らない!高級『卵』の特徴やおすすめの食べ方とは?

2019.09.01

スーパーの特売日には目玉商品とされることの多い卵。10個入りで100円以下なんていう時もありますが、世の中には特売卵の数十倍もするような高級卵もあるのをご存知でしょうか?この記事では高級卵の長所や食べ方をご紹介します。

高級卵の長所とは

(写真はイメージ)

高級卵とは、通常の卵の数十~百倍ほどの値段で売られている卵のことをいいます。2000年代に入ってから注目を集め始め、現在では数多くのブランドが売られています。「黄身をつまんで持ち上げても黄身が割れない」などといった光景をテレビで観たことがある方も多いのではないでしょうか。そんな高級卵の長所をご紹介していきます。

ビタミンEの含有量が多い

通常、卵には1個あたり約0.4㎎ほどのビタミンEが含まれています。この0.4㎎という量は、食材のなかでも非常に多いほうで、「卵は栄養満点」といわれる所以です。ところが、高級卵になると、この含有量がさらに多くなります。ブランドによって異なりますが、多いものになると、数倍のビタミンEを含んでいるものもあります。

味が濃厚

「卵の味なんてどれも同じ」と考えている人もいることでしょう。ですが、高級な卵と普通の卵を食べ比べてみると、その違いがハッキリと分かります。

高級卵は明らかに味が濃厚なのです。特に黄身の部分には旨味が凝縮されており、ゆで卵にすると塩などの調味料は不要なほどしっかりと味がします。

高級卵の代表格、輝

(写真はイメージ)

数多くある高級卵のなかでも特に有名なのが「輝」です。

埼玉県秩父市のアクアファーム秩父で生産されており、1個あたりの価格は500円以上。さらに「贈答用」になると、6個入りで定価8980円です。2014年にテレビで取り上げられて以降人気を博しており、5年以上経過した現在もその人気は衰えることを知りません。

  • 商品名:こだわり卵「輝」贈答用6個
  • 参考価格:11800円
  • Amazon商品ページ:こちら

輝の特徴

「輝」の特徴は、なんといってもその味わいにあります。極めて濃厚で、調味料で味付けしてしまうのがもったいないと感じるほどです。このような濃厚な味になるのは、シャモを品種改良した鶏の卵であることと、とうもろこしや魚粉、海藻、漢方薬等をブレンドした独自のエサを与えているからだと言われています。

高級卵のおすすめの食べ方

(写真はイメージ)

「輝」を始めとする高級卵には、おすすめの食べ方があります。

卵かけご飯にすると、違いが良く分かる

高級卵を手に入れたら、是非ともやっていただきたいのは「卵かけご飯」です。

高級卵のほとんどが卵独特の臭みを持たず、「生が苦手」という方でも美味しく召し上がることができることでしょう。また、味が濃厚なので、醤油を少なくしても(あるいはかけなくても)まったく問題ありません。

卵焼きやゆで卵にしても、違いが分かる

卵焼きやゆで卵といった食べ方もおすすめです。

特にゆで卵にすると、カットした断面に現れる黄身の色がオレンジがかっていて、通常の卵とはまったく違います。また、食べる際は、通常の卵でもゆで卵を作って、食べ比べをしてみてください。一口食べただけで、高級卵がいかに濃厚であるかが理解できることでしょう。

一度は食べてみたい高級卵

(写真はイメージ)

この記事では、高級卵の特徴や食べ方をご紹介しました。「輝」のように1個500円以上するものを6個入りや10個入りで買うのは抵抗があるかもしれません。そんな人は、「高級卵を使った卵かけご飯専門店」がおすすめです。きっと、かつてない最高の卵の味に驚きと感動を覚えることでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME