家飲みのおつまみは野菜でヘルシーに!お酒にあうレシピを紹介

2019.09.01

トマトやオクラなど、新鮮な野菜はおつまみの定番です。しかし、家飲みで手作りしていると、内容はワンパターンになりがちではないでしょうか?この記事では、野菜スティックを美味しく食べるディップや、お酒にあうおすすめ野菜おつまみレシピを紹介します。

野菜スティックのアレンジ法

野菜スティックなら、好きな野菜を棒状にカットするだけです。ニンジンやきゅうり、セロリといった生野菜が、美味しいおつまみになります。味に変化をつける、3種類のディップソースをお教えしましょう。

味噌マヨディップ

マヨネーズに味噌をまぜるだけの簡単ディップです。甘みが欲しい時は、少しだけ砂糖をプラスしてください。お好みで出汁や七味を加えれば味に深みがでます。

チリソースやコチュジャンと

マヨネーズはスイートチリソースやコチュジャンと相性が良いです。チリソースをかければ甘辛く、コチュジャンならピリッとした刺激がアクセントに。いつもの野菜スティックが、また違った味わいになります。

豆腐を使ったディップ

豆腐をつぶして味噌と醤油をくわえれば、和風ディップの完成です。また、ゴマやかつお節をかけると、風味がきわだちます。

洋風に食べたいなら、豆腐にクリームチーズと少しの塩をくわえてください。豆腐の水気をしっかりきっておくと、水っぽくなりません。

野菜だけで作る簡単おつまみ

野菜を主役にしたレシピを2品紹介します。料理初心者でも簡単に用意できるので、ぜひ作ってみてください。

ナスとみょうがで作るナムル

ナスとみょうがをあえた、ビールのおつまみにピッタリのナムルです。みょうが特有の爽やかな味と食感がクセになります。

材料(2人前)

  • なす:2本
  • みょうが:2個
  • ごま油、糸唐辛子:各適量
  • 粗塩:小さじ1/3
  • 白・黒すりごま:各大さじ1/2

引用:KIRIN「なすとみょうがのナムル」

手順

  1. なすを食べやすい大きさにカットして水にさらします。
  2. みょうがを斜め薄切りにします。
  3. ごま油をフライパンにしいて、水気をきったナスをいれます。
  4. ナスがしんなりするまで炒めたら、みょうが・粗塩・ごまを入れます。
  5. 軽く炒めたら火を止め、糸唐辛子を乗せたら完成です。

好きな時に食べられる簡単浅漬

干ししいたけの香りが豊かな簡単浅漬けです。密封すれば1週間ほど保存できるので、時間がある時に作っておきましょう。残ったつけ汁はお茶漬けの出汁として使えます。

材料(2人前)

  • 切り干し大根:10g
  • 干しシイタケ:5g
  • 切り昆布:2g
  • 大豆の水煮(蒸し大豆):40g
  • ニンジン:30g
  • キュウリ:40g
  • 漬物液(市販品):150cc
  • 水:150cc

引用:KIRIN「お好み野菜の簡単浅漬け <びん詰め冷蔵保存食>」

材料

  1. 密封ができる容器を煮沸して乾燥させましょう。
  2. 水と漬物液を600Wの電子レンジで1分半加熱します。
  3. ニンジンとキュウリを1cmの太さ、5cmの長さにカットします。
  4. 切り干し大根と干ししいたけを適当にきり、容器につめます。
  5. 大豆の煮汁と切り干し大根を入れたら、温めた漬け汁をそそぎます。
  6. 2時間ほど経過したら食べられます。

ワインや日本酒にあう野菜おつまみレシピ

飲むお酒の種類でおつまみを変えれば、より味が引き立ちます。ワインと日本酒にピッタリなレシピを紹介しましょう。

ワインにあうごぼうサラダ

ごぼうのシャキシャキした食感が美味しいサラダです。ビールやミディアムボディの赤ワインとあうので、一緒に食べましょう。

材料(3人前)

  • 新ゴボウ:大1本
  • ハム:3枚
  • サラダ菜:適量
  • 塩:適量
  • 薄口しょうゆ:大さじ1
  • 米酢:大さじ1
  • オリーブオイル:大さじ2

引用:ASAHI「新ゴボウのサラダ」

  1. 洗って斜めにカットしたごぼうを千切りにし、ハムは細切りにします。
  2. 酢水につけてアク抜きしたごぼうをゆで、ザルにあげて塩をふります。
  3. 醤油・米酢・オリーブオイルをしっかりと混ぜ合わせます。
  4. 冷ましたごぼうにハムをくわえて、ドレッシングとあえれば完成です。

ほうれん草の苦味が日本酒にピッタリ

ほうれん草の苦味と、わさびのピリッとした辛さが魅力のレシピです。大人の味がするおつまみは、日本酒のお供として活躍します。

材料(1人前)

  • ほうれん草:1束
  • 塩麹漬け豆腐:1/2丁
  • わさび:小さじ1.5
  • ごま油:小さじ1
  • すりごま:大さじ1

引用:日本盛「ほうれん草の白和え わさびと塩麹風味」

  1. 木綿豆腐をキッチンペーパーにつつみ、重しをして水気をきります。
  2. 豆腐に塩麹をぬり、キッチンペーパーとラップでつつんで1日まちます。
  3. ほうれん草を塩を入れた少量のお湯でゆで、水をきります。
  4. 豆腐の表面についた塩麹をぬぐい、スプーンでつぶします。
  5. 調味料を豆腐に入れてまぜて、ほうれん草とあえれば完成です。

野菜でお酒が美味しくなる

野菜には色々な種類があり、調理方法次第で色々な味に変化します。おつまみのバリエーションが増えれば、お酒の時間が今よりも楽しくなるのです。

紹介したディップや野菜のおつまみレシピを役立ててください。季節の野菜や余り物の野菜で、健康的にお酒を味わいましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME