二人用テントの選び方を解説!目的別のおすすめ商品も紹介

2019.09.01

二人用テントは、夫婦やカップルで利用できるほか、テント内の空間を広々と確保できるソロ利用としての需要も高まっています。キャンプや登山に向けて二人用テントを適切に選ぶためのポイントや、おすすめの製品を紹介します。

二人用テントの選び方ポイント

テントは、サイズ・機能・重量・構造などにより、さまざまな製品が販売されています。二人用テントを選ぶ際に注意すべきポイントを解説します。

必要なサイズはどのくらい?

二人用テントに必要なサイズは、長さ・幅・高さに分けて、それぞれの目安を考えてみましょう。

長さは、大人1人が足を伸ばして就寝できる程度が望ましいでしょう。荷物の置き場所も考慮すれば、200cm前後の長さがおすすめです。

幅は、大人2人が横に並んでゆったりと就寝できるくらいの幅があるとよいでしょう。130cm以上の幅があれば、十分なスペースが確保できます。

高さは、強風対策を意識するなら身長より低めのテントを、過ごしやすさを重視するなら身長と同じくらいの高さがあるテントを選びましょう。

目的やタイプで検討しよう

キャンプで利用する場合は、設営のしやすさや居住空間の広さ、耐風・耐水性を考慮し、設営後の使い勝手を重視したテントを選びましょう。

登山用のテントは、軽量かつコンパクトであることが求められます。テント自体の性能も重要ですが、移動中の体への負担を最優先に考慮し、より持ち運びを重視した製品を選びましょう。

ツーリングで使う場合は、バイクの積載制限を頭に入れ、収納時の重量や大きさを規定サイズ以内に収める必要があります。

テント以外にも、さまざまな持ち物を積み込むことが考えられます。そのため、できるだけ軽量でコンパクトにまとまる製品を選びましょう。

機能や重量などのコンパクトさ

テントの内部を快適な空間に保つため、暑い時期は熱気を逃がし、寒い時期は暖かさを保てるように、通気を調整できる機能があると便利です。

雨の浸入をできるだけ防げるように、テント生地の耐水圧もチェックしましょう。一般的なキャンプサイトで利用する場合、比較的強い雨まで防水可能な1500~2000mm程度の耐水圧が目安です。

重さに関しては、一般的なキャンプ場で二人用のテントを設営する場合、車で運ぶケースが多いため、重さやサイズにこだわる必要はないでしょう。

しかし、登山用として二人用のテントを利用する場合は、より軽量なモデルが持ち運びに便利です。重量は2kg以内を目安に製品を選びましょう。

前室の広さなど使い勝手も確認

テントの前室は、靴置きや荷物置きの場所として使えるほか、雨天時には出入りがしやすくなるなど、あるとないとでは大違いのスペースです。

前室が作れる場合は、前室の広いテントの方が、出入りがしやすくなるためおすすめです。また、前室を荷物置き場として活用できるため、邪魔になりがちなザックを外に出し、テント内のスペースを広々と使えます。

テントを選ぶ際は、製品の図面や寸法を確認し、前室に関する情報も考慮するとよいでしょう。

キャンプにおすすめの二人用テント

キャンプ利用に向くおすすめの二人用テントを紹介します。

MSR エリクサー2

『エリクサー2』は、アメリカ生まれの人気ブランド『MSR』が販売する、初心者向けの小型テントです。キャンプをはじめ、登山やツーリングなど、用途を問わず利用できます。

白を基調としたカラーとデザイン性の高いフォルムが魅力的で、室内も白いためわずかな光量のLEDランタンでも明るく感じられます。

驚くほどの軽量さと設営の簡単さで、コストパフォーマンスも良いため、初めてバックパッキングにチャレンジする初心者や予算が限られている人に理想的な製品です。

  • 商品名:エリクサー2
  • 価格:3万5270円(税込)
  • Amazon:商品ページ

UNIFLAME SoraTour

『SoraTour』は、日本のアウトドア・キャンプ用品総合メーカーである『UNIFLAME(ユニフレーム)』が提供する二人用テントです。

広いスペースを確保できる約140cmの前室が付いているため、荷物置き場や玄関として活用すれば、テント内にソロ利用で十分すぎるほどの空間が広がります。

大きく開いて出入りしやすいD型ドアを備え、ドアの入り口にはメッシュ仕様の小物収納ポケットも付いています。

重量は約3400gと軽量で、幕体とフレームを分けて収納でき持ち運びが便利なうえ、比較的設営も簡単にできるため、初心者でも扱いやすいテントといえるでしょう。

  • 商品名:SoraTour
  • 価格:3万4000円(税込)
  • Amazon:商品ページ

登山におすすめの二人用テント

登山での利用におすすめの二人用テントを紹介します。

Snow Peak ファルPro.air2

『ファルPro.air2』は、国内屈指の人気を誇るアウトドアメーカー『Snow Peak(スノーピーク)』の二人用テントです。快適性と軽量さを重視し、設営も簡単なため、登山に最適なモデルといえます。

アウトフレーム構造を採用しているため、フライシートにインナーテントをあらかじめセットした状態なら、わずか20秒たらずで自立させられるほど設営が簡単です。

また、インナーテントが不必要な時期であれば、シェルターとして使うことで、より軽量化も図れます。

十分な広さの前室が付いているため、タープなどを持ち歩くことが少ない山岳でのキャンプで役立ちます。また、前後に入口が二つあることや、上部にベンチレーションを備えていることで、通気性も確保できます。

  • 商品名:ファルPro.air2
  • 価格:5万544円(税込)
  • Amazon:商品ページ

NEMO タニ 2P

『タニ 2P』は、アメリカ生まれのブランド『NEMO(ニーモ)』が、日本の山岳向きに開発した二人用テントです。本体重量がほぼ1㎏という、非常に軽量な仕上がりが特徴です。

フライシートの素材はシームテープを必要とせず、かつ高い強度を誇るシリコンコーティングリップストップナイロンを採用しているため、高い耐久性を実現しています。

また、ベンチレーション機能により、様々なコンディション下で効果的な換気・温度調整ができます。

シンプルな構造で設営も非常に簡単なうえ、居住空間の快適性もしっかり確保できるテントです。

  • 商品名:タニ 2P
  • 価格:6万1560円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ツーリングにおすすめの二人用テント

ツーリングでの利用におすすめの二人用テントを紹介します。

Coleman ツーリングドームST

人気アウトドアブランド『Coleman(コールマン)』の『ツーリングドームST』は、バイクツーリング用として多くのキャンパーから支持されているテントです。

コストパフォーマンスに定評があり、他のメーカーでツーリングテントとして人気の製品と比べても、最も安い価格が設定されています。

また、通気性に優れた構造、初心者でも組み立てやすい設計、前室に加え後室も作れることなど、多くの魅力を備えた二人用テントです。

  • 商品名:ツーリングドームST
  • 価格:1万1186円(税込)
  • Amazon:商品ページ

DOD ライダーズワンタッチテント

『ライダーズワンタッチテント』は、アウトドアブランド『DOD』がバイクツーリング向けに開発したワンタッチテントです。

収納時は2Lペットボトル2本分サイズとコンパクトになるため、バイクに積みやすいことが特徴です。

また、ワンタッチ式のアウターテントにインナーテントが吊り下げられているため、アウターテントを広げるだけで設営できます。

  • 商品名:ライダーズワンタッチテント
  • 価格:2万7400円(税込)
  • Amazon:商品ページ

目的に合わせてテントを選ぼう

二人用テントを選ぶ際は、サイズ・性能・重量などを考慮し、キャンプや登山など利用目的に合った製品を選ぶことが重要です。

1人で利用すればゆったりとした空間を確保できるため、二人用テントはソロキャンプ用としても最適なアイテムといえるでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME