財布の選び方。ビジネスマンが知っておきたい選ぶときのポイント

2019.08.30

財布は自分の好みを反映できるファッションアイテムの一つです。とはいえ、あまりに派手なデザインや子どもっぽい仕上がりのものは、大人の男性には似合いません。では、大人の男性はどのような財布を選べば良いのでしょうか。

デキる男の財布選び

大人のデキる男性に似合う財布といえば、やはり革の財布です。しかし、デザインや色はさまざまなので、それぞれの財布が与える印象は大きく異なります。

形状による違いを知ろう

メンズの財布で一般的なものといえば、収納力が高く貫禄のある長財布です。ただし、スペースを取ってしまうので携帯性という点ではイマイチです。

コンパクトな二つ折り財布や三つ折り財布は、ポケットに入れてもかさばらないのが魅力です。長財布よりは収納力は低くなってしまうのは難点ですが、携帯性は抜群です。

また、ファスナーがL字のL字財布は、ファスナーを開けたときにお金が落ちにくいというメリットがあります。

そして最近では、小銭入れをメインの財布にしているメンズも多くなってきました。キャッシュレス化社会を反映して、少量のお金しか持ち歩かない人も増えてきているのです。

素材の革にも種類はさまざま

メンズの財布で使用される革の中で一番多いのが、牛革です。牛革の特徴は、時間の経過に合わせて味わいが出てくることです。また、他の革素材よりも丈夫だというメリットもあります。

馬革を使用した財布もあります。張りのある質感が特徴で、財布以外にもバッグなどにも使用されます。

また、軽さが特徴の豚革は、財布を軽くしたい人におすすめの素材です。摩擦に強く、長持ちしやすいのも魅力と言えます。

そして、革素材以外にも合繊素材を使用した財布もあります。その中でも耐久性の高いナイロンを使った財布は、カジュアルな仕上がりで人気ですが、ビジネスシーンではライトに感じられるかもしれません。

ブランドごとの特徴も把握しておこう

財布の製造には多くのブランドが参入しています。ブランドごとに個性のあるデザインになっているので、自分の好きなブランドの財布はチェックしておきましょう。

ただし、財布専門のブランド以外は、ロッドが少ないために価格的に若干高くなる傾向にあるので、注意が必要です。

年収と財布選びの関係性

『年収が高い人の使う財布は高価になる』という話が、ささやかれています。確かに、消費に回せる金額が多くなる人が、高価な財布を使うのは不自然なことではありません。

しかし、結論からいうと財布にお金をかけたいという人は高い財布を購入するので、年収と財布選びの関係性が絶対的なものかというとそうでもありません。

200倍の法則とは?

『使っている財布の200倍が年収になる』という説は、ある書籍でお金を稼ぐ人は高価な長財布を使っているという趣旨の内容が記載されていたことから広まりました。

例えば、3万円の財布を使っている人の年収は、3万円の200倍である600万円になるということなのですが、確かにこのような傾向があることが調査でわかっているそうです。

しかしながら、必ずしもこの傾向通りかというと絶対的なことでもないこともわかっています。あくまで、傾向として理解しておきましょう。

お金持ちは長財布を使う?

お金をたくさん稼いでいる人は、お金を大切に扱うことから長財布のような収納力の高い財布を持っている、というのは一理あるとは思われますが、お金持ちの中には意外にお金の管理ができていない人もたくさんいます。

そして、ファーストクラスに搭乗するVIPにサービスをしてきたキャビンアテンダントが『トップビジネスマンは概して二つ折りの財布を使っている』という持論を展開している話もあります。

実際のところは、個人の好みで財布を選んでいると考えられますが、財布にまつわる小話として、このような話があるというのも知っておくと雑談に役立つかもしれません。

風水の視点から財布を選ぶ

財布の選び方として、風水の視点から財布を選ぶ、というのも一つの方法です。風水的には、財布の寿命は1000日といわれているので、3年に1回を目安に財布を変えるのが良いとされています。

金運アップの色とNGな色

では、風水的に金運がアップする財布の色は何なのでしょうか。金運というと黄色のイメージがありますが、確かに金運アップにつながる色です。しかり深い黄色は出費も増えてしまうので注意が必要です。

また、財布の色といえば黒という人も多いでしょう。黒は、面倒な人付き合いを遠ざけるので、余計な出費を抑えてくれるという意味で、財布のひもがきつくなる効果があります。ただ、お金を使わせる力も持っている色なので注意が必要です。

また、地道に堅実に貯蓄したい人には緑をおすすめします。葉の成長を意味する緑は、一獲千金こそ狙えませんが、コツコツとお金を稼ぐ人へパワーを与えてくれる効果があるようです。

一方、財布に向かない色は青です。水のようにお金を流すという意味合いを持っているため、できれば避けましょう。

風水で良いとされる素材

風水の観点で良い素材とされているのは、革です。

革は丈夫な素材なので、お金を大切に包むという意味合いがあり、お金を大事にする人にはお金の恵みがあるという考え方から、そのようにいわれています。

また、エナメル素材もお金の輝きを連想させることから、財布向きの素材とされています。

自分に合った財布を選ぼう

財布選びで一番大切なのは、愛着を持って数年間のお付き合いができるかどうかです。

気に入った財布であれば、仕事や私生活にもメリハリがつくというものです。気に入るデザイン・色の財布を選び、幸運を呼び込みましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME