カクテル「キッス・オブ・ファイヤー」甘い名前と裏腹な刺激的な味わい。

2019.08.29

美しい赤色が印象的なカクテル「キッス・オブ・ファイヤー」。名前の通り燃えるような恋を表現した、日本生まれのカクテルです。この記事ではキッス・オブ・ファイヤーの特徴や自宅で作れるレシピ、おすすめの材料についてご紹介します。

燃える恋の味『キッス・オブ・ファイヤー』

キッス・オブ・ファイヤーは、日本人のバーテンダー・石岡賢司氏が考案したカクテルです。彼が1953年に開催されたバーテンダーコンクールにて、このカクテルを披露して優勝したことがきっかけで有名になりました。

カクテル名は、歌手ルイ・アームストロングが歌う曲の名前から取ったものです。カクテル言葉はコンセプトにふさわしい「情熱的な恋」です。

度数はやや高めの25~29度

40度以上あるウォッカベースに、30度前後のスロージンや20度前後のドライベルモットが加わります。レシピや使用する銘柄にもよっても変化しますが、度数は25~29度です。

お酒を飲みなれていない人や、お酒に弱い人には少しきついかもしれません。量の少ないショートカクテルではありますが、焦らず自分のペースを守っていただきましょう。

味わいや美味しい飲み方

テイストは中口~辛口で、やや癖がある大人の味わいです。

スノースタイル(※)がスロージンの甘酸っぱい風味とレモンの爽やかさを引き立て、ウォッカのクリアなアルコール感の中にドライベルモットの独特な香りも混ざり合い、複雑に変化する味わいが楽しめます。

カクテルの元となった「キッス・オブ・ファイヤー」の歌詞と同様、甘酸っぱさや深みのある味わいで、複雑な人生と一筋縄ではいかない恋愛が表現されているカクテルといえるでしょう。

(※グラスの縁に塩や砂糖をまぶして飲むスタイル。キッス・オブ・ファイヤーでは砂糖を用いる)

『キッス・オブ・ファイヤー』の作り方

自宅で作れるキッス・オブ・ファイヤーのレシピをご紹介します。ウォッカはピナクルウオッカ以外でも美味しく仕上がります。香りはドライベルモットによって変わるため好みによって銘柄を選んでみて下さい。

使用する材料(グラス使用/1杯分)

  • ウォッカ:全体量の1/3
  • スロージン:全体量の1/3
  • ドライベルモット:全体量の1/3
  • フレッシュレモンジュース:少々

スノースタイル用に粉糖やグラニュー糖を用意すると、よりおしゃれで味わいも本格的になります。レモンは香りを楽しむためにも、生の果実を絞ったジュースを使用する方がおすすめですが、面倒な場合や生レモンが無い場合は加工済のもので代用可能です。

作り方(手順)

  • グラスをスノースタイルにする。
  • 材料をすべてシェイクし、グラスに注ぎ入れる。

簡単アレンジレシピ

ウォッカ、スロージン、ドライベルモットは同量で作るのが一般的です。レシピによってはレモンの量を2~3tspに変更するか、レモンを抜いて作る場合があります。度数の変更をしたい場合は、味に影響の少ないウォッカで調節出来ます。

『キッス・オブ・ファイヤー』に使うお酒

キッス・オブ・ファイヤーを作る際におすすめのお酒(銘柄)をご紹介します。品質が良く通販で手軽に購入できて、価格も手頃なものを厳選しています。

ピナクル ウォッカ 750ml

世界中で年間250万ケースも消費される定番のウォッカ。こだわり抜いたフランス産小麦のほのかな甘みと湧き水を使った、まさに「キッス・オブ・ファイヤー」にふさわしい柔らかい口当たりが特徴です。

もちろん、人気のモスコミュールやソルティードッグから創作カクテルまで、幅広いカクテルのベースとしても使用可能。カクテル好きなら家に常備しておきたい一本です。

  • 容量:750ml
  • 参考価格:¥1,274(税込)
  •  Amazon 商品ページはこちら

ボルス スロージン リキュール 700ml

ジンの老舗であり、生みの親ともいわれる名門メーカー「ボルス」が販売するこちらは、天然素材を使用した西洋すもも(スローベリー)のリキュール。すもも特有の甘酸っぱい味わいと、豊かな香り、ほのかな苦みが特徴です。多くのバーテンダーが支持しているおしゃれなボトルも魅力です。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥1,970(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ノイリー・プラット ドライ フランス

プロのバーテンダーご用達の、世界中で愛されるドライベルモット。他の商品に比べて加熱しても味わいが消えにくいため、フレンチのシェフにも支持されています。上品な味わいと豊かなハーブの香りが特徴です。

  • 容量:1000ml
  • 参考価格:¥1,797 (税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

キッス・オブ・ファイヤーを自宅で楽しもう

美しい見た目と個性的な香り、複雑な味わいが魅力のキッス・オブ・ファイヤー。おしゃれなバーでいただくのはもちろん、自宅のリラックスタイムにもおすすめのカクテルです。レシピはとても簡単なので、ぜひ一度味わってみて下さいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME