エナジードリンクを飲むタイミングはいつがいい?最適な飲み方を解説

2019.08.29

頑張りたいとき、疲れをとりたいときによく飲まれるエナジードリンク。体力や集中力がほしい場面での味方として、人気を集めています。そんなエナジードリンクの作用を知って、飲むタイミングを押さえていきましょう。

エナジードリンクの成分・作用は?

まずは、エナジードリンクには主にどんな成分が入っていて、それぞれの成分にはどのような作用があるのかをご紹介します。エナジードリンクの特徴をしっかりと押さえましょう。

疲労回復作用

エナジードリンクによく入っている成分として、アルギニンや糖分、ビタミンB類などが挙げられます。

アルギニンや糖分は疲労回復の作用、疲労感の軽減などの作用があると言われており、また、ビタミンB類はエネルギーの供給や体の代謝を助ける作用があるとされています。

これらの成分によって、エナジードリンクは疲労回復の作用が期待できる飲み物とされてきました。

眠気を抑える作用

エナジードリンクの代表的な成分として「カフェイン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

このカフェインには、眠気を抑える覚醒作用があります。そのため、エナジードリンクは眠気対策の飲み物としても人気を集めてきました。

また、カフェインには覚醒作用だけでなく、倦怠感の軽減などの作用があるとも言われています。この特徴も、エナジードリンクの人気の理由と言えるでしょう。

エナジードリンクを飲む最適なタイミングは?

エナジードリンクの主な成分が分かったところで、エナジードリンクを飲む最適なタイミングをご紹介します。どのような目的でエナジードリンクを飲むかに合わせて、知っていきましょう。

眠気を抑えるためにエナジードリンクを飲む

夜勤や徹夜などに合わせて、「眠気対策」でエナジードリンクを飲む場合は、カフェインの作用の特性に合わせたタイミングで飲みましょう。

カフェインの作用がはたらくのは、カフェインを摂取して少し時間が経ってからになります。まだ眠くないうちにエナジードリンクを飲みはじめて、その後も少しずつ飲んでいくのがおすすめです。

集中したいタイミングの30分前に飲む

勉強や重要な仕事など、ここぞという場面でエナジードリンクを飲むタイミングは「集中したいタイミングの30分ほど前」がベストでしょう。

エナジードリンクに含まれる糖分などの作用がはたらくまでには少しタイムラグがあり、カフェインの覚醒作用がはたらくのも、エナジードリンクを飲んでからおよそ30分後だと言われています。

エナジードリンクの成分の作用に合わせて、あらかじめ30分前に飲んでおくのがおすすめです。

運動やスポーツでのエナジードリンクの飲み方

運動やスポーツの場面で、気分を高めたり調子を整えるためにエナジードリンクを飲む、という方も多いのではないでしょうか。そんな方に向けて、運動やスポーツに合わせてエナジードリンクを飲むタイミングを解説します。

運動やスポーツの数十分前に飲む

先述のようにカフェインなどの成分の作用がはたらくまでには、30分~ほどの時間がかかると言われています。

運動やスポーツの前にエナジードリンクを飲む場合は、あまり直前に飲んでしまうと気分が悪くなってしまうことも考えられます。したがって、40分~1時間ほど前がおすすめです。

あらかじめ余裕をもって飲んでおくようにしましょう。

スポーツ前にエナジードリンクを飲む注意点

運動やスポーツの前にエナジードリンクを飲む場合は、いくつかの点で注意が必要です。

まず、エナジードリンクによく含まれる糖分は一時的な疲労軽減などの作用がありますが、その作用がはたらくのは短時間だけだと言われています。

そのため、長時間の運動やスポーツを行う際には注意しましょう。

また、カフェインなどの成分は、一部のスポーツではドーピング検査の対象となることもあります。公式の大会などの場面では、より注意が必要です。

最適なタイミングでエナジードリンクを飲む

疲労回復作用や覚醒作用など、さまざまな作用をもつ成分を含むエナジードリンク。現代社会のさまざまな場面で飲まれて活躍してきました。

エナジードリンクに含まれる成分の作用を知って、より最適なタイミングでエナジードリンクを飲むようにしましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME