パクチーの茎を捨てるのはもったいない。活用できるレシピを紹介

2019.08.28

日本で大ブームを巻き起こしているパクチー。お店で出される料理は、主に葉の部分を中心に利用しますが、実は茎の部分も食べられます。そんなパクチーの茎について、この記事では紹介。パクチーの茎を使ったおすすめのレシピを大公開します。ぜひ、作ってみてください。

パクチーとは

パクチーとは、スパイスとしても用いられるセリ科のハーブです。南ヨーロッパ・地中海沿岸が原産とされていますが、平安時代までにはすでに中国から日本に伝来していたと言われており、実は日本における歴史は決して浅くありません。

その独特の香りは好き嫌いが分かれ、苦手で食べられないという人も多くいる反面、一度食べるとクセになるという熱狂的な「パクチーファン」も多くいます。昨今のエスニックブームの影響から、日本でもブームを巻き起こしている大人気食材。栽培が難しくないため、国内で栽培している農家も増えてきているそうです。

使い方

パクチーは、主に東南アジアなどのエスニック料理のイメージが強いかもしれませんが、実は中華料理や西洋料理で使われることも多い万能ハーブ。

みじん切りをして料理に沿えると、料理が一気にエスニック風な感じになります。特に、羊肉とは相性抜群とされており、互いのもつ独特の風味が上手くかみ合うことでバランスの取れた味になります。

また、意外にも焼きそばやチャーハンにもよく合い、「パクチー焼きそば」なんて商品がペヤングから発売されたことも。パクチーはとても香りが強いため、好き嫌いが分かれてしまう食材ですが、好きな人であれば、そのままパクチーを生で食べるサラダもおすすめです。

パクチーは茎まで食べられる

そんなパクチーですが、葉だけ使って残りは捨てている…なんてことありませんか?茎の部分は固く、そのままだと食べられそうもないと思って捨ててしまっている人も多くいるようですが、実はこの茎の部分も食べることができます。

葉と茎とでは食感や味が異なり、茎の方がクセがなくやや甘みもあり、様々な料理に生かすことができます。ぜひ捨てず活用しましょう。

保存方法

パクチーは、きちんと保管をしなければすぐに干からびてしまいます。そのため、ただ単に冷蔵庫に保存してしまっては長持ちしません。パクチーは根付で売っていることが多いため、根のところを湿ったペーパータオルなどで包んで保存することで、大体1~2週間くらいは持ちます。

パクチーの茎活用レシピ

ではここで、パクチーの茎を活用させたレシピを紹介します。

簡単ふりかけ

最初に紹介するのは、ご自宅で簡単に作れる「パクチーふりかけ」です。

材料

  • パクチーの茎
  • ベーコン
  • 白ごま
  • ナンプラー

手順

  1. パクチーの茎を刻み、ベーコンを1cm幅に切ります。
  2. フライパンに、パクチーの茎とベーコンを入れ、炒めます。
  3. ➁の水分が少し飛んだところで、白ごまを加えます。
  4. 最後にナンプラーをかけて軽く混ぜたら完成です。

パクチーとナンプラーの風味が、何とも言えないエスニック感。ごはんとパクチーの茎が余ったら、ぜひ試してみてくださいね。

レシピ参考:パクチーの茎で♪簡単ふりかけ by あこちゃん8181 【クックパッド】

パクチー茎の肉詰め

続いて紹介するのは「パクチー茎の肉詰め」です。

材料

  • パクチーの茎:2束
  • パプリカ:適量
  • 挽き肉:150g
  • 卵:1個
  • 豆腐:半丁
  • パン粉:適量
  • 塩胡椒:少々
  • オイスターソース:大さじ1

手順

  1. パクチーの茎を細かく刻み、ボウルに入れます。
  2. ①に挽き肉、卵、豆腐、パン粉、塩胡椒、オイスターソースを加え混ぜ合わせます。
  3. 半分に切って種をとったパプリカに➁を詰めます。
  4. フライパンで③を肉側から入れ焼いていきます。
  5. 両面焼いたら、水を少し加え蓋をして蒸し焼きにします。
  6. 焼けたら皿に盛り付け、チリソースをかけて完成です。

レシピ参考:3色パプリカ!パクチーの茎入り肉詰め by 千風。 【クックパッド】

 

ジャガイモ・カリフラワーとパクチー茎の炒め物

続いて紹介するのは、インド伝統の料理「アルーゴビ」つまり「ジャガイモ・カリフラワーとパクチー茎の炒め物」です。

材料

  • 油:大さじ2
  • クミンシード:大さじ1
  • 玉葱:半個
  • パクチーの茎:5本
  • ニンニク:1かけら
  • 生姜:少々
  • ターメリック:小さじ1
  • チリパウダー:小さじ1/2
  • トマト:1個
  • 塩:小さじ1
  • ジャガイモ:2個
  • カリフラワー:半個
  • 水:大さじ2
  • パクチーの葉:少々
  • ガラムマサラ:小さじ1/2

手順

  1. 玉葱、ジャガイモ、カリフラワー、トマトを1cmほどの大きさに切り、パクチーの茎、生姜、ニンニクはみじん切りにしておきます。
  2. フライパンに油、クミンシード、玉葱を入れて炒め、パクチーの茎、ニンニク、生姜を加えて2~3分ほど炒めます。
  3. ➁にターメリック、チリパウダーを加えてさらに2~3分ほど炒めます。
  4. ③にトマトと塩を加えて、トマトを崩しながら炒めます。
  5. ④にジャガイモとカリフラワーを加えて、絡めます。
  6. 水を入れて蓋をし、中火で20分ほど蒸し炒めます。
  7. ジャガイモとカリフラワーに火が通ったら、パクチーの葉、ガラムマサラを加え、軽く混ぜたら完成です。

レシピ参考:定番 ジャガカリフラワー炒め(アルゴビ) by クマラン 【クックパッド】

パクチーの茎は捨てずに料理に活かそう

パクチーの茎を使ったレシピについて紹介しました。パクチーの茎は、捨てる部分ではなく食べる部分であるということを分かっていただけたでしょうか。パクチーを使う料理が大好きな方は、ぜひ、捨てずに料理に活かしてみてください。

 

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME