スニーカーと言えばやっぱりアディダス。王道のラインナップを紹介

2019.08.25

お洒落な男性の足元に、スニーカーは欠かせないファッションアイテムの一つです。また、最近では、ビジネスにスニーカーを上手に取り入れている男性も多く見られます。スニーカーのブランドの中でも、アディダスの王道ラインナップについて紹介しましょう。

アディダスのスニーカーについて知ろう

『アディダス』のスニーカーは、スニーカーファッションを楽しむ男性に人気が高いアイテムです。お洒落に敏感な男性ならば、一足は持っているのではないでしょうか?

ラインナップが豊富なアディダスのスニーカーは、着用シーンに合わせて選べるのが特徴です。そんなアディダスの歴史をひもとき、スニーカーの特徴について紹介します。

アディダスの歴史

アディダスの前身は、1920年に弟アドルフ・ダスラーと、兄ルドルフ・ダスラーの共同出資によってドイツのニュルンベルクで設立された『ダスラー兄弟商会』です。

靴職人の家に生まれたダスラー兄弟は、スポーツの種類に合わせた専用スニーカーが必要と考え、商品を開発しました。その結果、ダスラー兄弟商会のスニーカーはアスリートたちに大人気となり、世界的な知名度を上げていきます。

しかし、兄弟の性格の不一致により、ダスラー兄弟商会は48年に分裂し、弟のアドルフは『アディダス』、兄のルドルフは『プーマ』を設立したのです。

分裂後のアディダスのスニーカーは、オリンピックなどでも大活躍をみせ、スニーカーブランドの不動の地位を確立しました。

メンズ・レディース問わず人気

アディダスのスニーカーのラインは、主に2つあります。1つ目は、人気モデルや復刻版などの時代を超えて愛されているヴィンテージ、レトロ系なラインナップからなる『アディダス オリジナルス』です。

もう1つのラインとして、オリジナルスよりも低価格帯でカラフル、ポップ系なラインアップの『アディダス ネオ』があります。どちらのラインも、メンズ・レディースともに品揃え豊富です。

素材やカットなどのバリエーションも多く、チノパンやジーンズのほか、ショートパンツやスカートとも合わせやすい特徴があります。そのため、メンズ・レディース問わず人気があると言えるでしょう。

アディダス|adidas | シューズ & スポーツウェア

人気モデル スタンスミス

そんなアディダスのスニーカーの中で、『スタンスミス』は最も人気があるアイテムと言っても過言ではありません。シンプルでありながらスタイリッシュなデザインは、スニーカーブームの火付け役とも言えるでしょう。

もともと、往年の名テニスプレイヤーであるスタン・スミスから名づけられたこのスニーカーは、名前通りアディダスが誇る『テニス用スニーカー』です。以下、そんな人気モデル『スタンスミス』について紹介します。

スタンスミスの特徴

アディダスオリジナルスのラインナップの1つであるスタンスミスは、世界で一番売れたスニーカーとして『ギネスにも認定』されたスニーカーです。

サイドに通気穴を3列入れることで、ソフトレザー素材のスニーカーでも蒸れにくく、快適な履き心地を実現しました。また、つま先部分は程よくシャープに仕上げているので、スマートな印象を与えます。

白を基調としたカラー

スタンスミスの特徴は、何よりも『白を基調としたカラー』です。そのため、どんなコーディネートにも合わせやすいでしょう。

かかと部分のヒールカウンターと、甲に当たるシュータンには、アディダス特有の3本ライン(スリーストライプス)のロゴとスタン・スミス氏の似顔絵がデザインされており、気分を盛り上げてくれます。

  • 商品名:アディダス オリジナルス スタンスミス ホワイト/ネイビー
  • 価格:1万4600円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ベルクロタイプも

スタンスミスには、定番のシューレース(靴紐タイプ)以外に、マジックテープで着脱可能な『ベルクロタイプ』も販売されています。ベルクロタイプは、1997年にスタンスミスコンフォートとして登場しました。

ベルクロタイプはシュータイプよりも着脱がしやすいこともあり、発売以来、子供から大人まで幅広い年代に愛用されています。カラーバリエーションも豊富で、オールホワイト以外にオールブラックなども販売されているのもポイントです。

  • 商品名:アディダス スタンスミス CF
  • 価格:1万6200円(税込)
  • 楽天市場:商品ページ

復刻した名作スニーカー スーパースター

『スーパースター』は、2015年に復刻したアディダスの名作スニーカーです。サイドのスリーストライプスが特徴的なスーパースターについて解説しましょう。

スーパースターとは?

スーパースターは、『バスケットボール用シューズ』として開発されたスニーカーです。アメリカのプロバスケットリーグ『NBA』の選手の多くが愛用したことでも知られています。

サイドのスリーストライプス、つま先の貝殻のような『シェルトゥ』が特徴的なスーパースターは、レトロでシンプルであると同時にスポーティーさも感じられるスニーカーです。

そのデザインによって、バスケットボール業界だけでなくストリートでも大変人気があるというのも頷けるでしょう。

一番人気のカラーは白×黒

スーパースターのカラーバリエーションは、白や黒をベースに、サイドラインやスリーストライプスに様々なカラーを配したものが揃えられています。そのカラーによって、雰囲気は大きく異なると言えるでしょう。

そんな中でも一番人気は、王道の『白×黒』です。上質かつクリーンな印象のホワイトレザーのアッパー(スニーカーの上部分)に、ブラックのスリーストライプスを合わせた配色は、年齢、性別問わず高い人気を誇ります。

また、ベーシックな白と黒の2色構成によって、どんなコーディネートとも合わせやすい点も人気の理由でしょう。

  • 商品名:アディダス スーパースター
  • 価格:9200円(税込)
  • Amazon:商品ページ

プライムニットを用いたアレンジも注目

レザーが王道のスーパースターですが、『プライムニット』を用いてアレンジされた商品も展開されています。プライムニットとは、軽量性、通気性に優れた世界基準のニット生地です。

ラバー製のカップソール(カップ状の靴底)はそのままに、アッパーにプライムニットを用いることで、暑い季節にも快適に着用できます。

  • 商品名:アディダスオリジナルス SUPERSTAR 80s PRIMEKNIT
  • 価格:1万5120円(税込)
  • Amazon:商品ページ

その他のモデルもチェック

アディダスのスニーカーと言えば、先に紹介したスタンスミスとスーパースターが有名ですが、他にもモデルがたくさんあります。

足元をほかとかぶらせたくない人は、ぜひチェックしておくと良いでしょう。ここでは、アディダスのその他のモデルをいくつか紹介します。

スウェード素材のキャンパス

ヴィンテージ感を追求したい人には、スウェード素材の『キャンパス』がおすすめです。

キャンパスは、80年代を代表する『コートシューズ』として開発されました。コートシューズとは、テニスやバスケなど、競技をコートで行うスポーツ全般で使用できるシューズのことです。

現在販売されているキャンパスは、80年代に発売されたものよりも細身のラバーカップソールに変更し、スタイルを現代風に一新した復刻版です。

スポーツシーンだけでなく、ストリートやファッションなどのあらゆるシーンにて支持されています。

  • 商品名:アディダス キャンパス
  • 価格:1万0789円(税込)
  • 楽天市場:商品ページ

クラシカルな味が人気のガゼル

サッカー選手用トレーニングシューズとして1968年に発売された『ガゼル』は、91年にも復刻モデルとして販売されました。現在販売されているガゼルは、その91年モデルを忠実に復刻したものです。

ソフトなスエードを用いたアッパーに、クラシックなT字デザインのトゥ(つま先)が特徴的なガゼルは、キャンパスと同様、ランニングシューズとは異なる平らなソールを採用しています。ガゼルの方が全体的に細身なのも特徴です。

  • 商品名:アディダス ガゼル
  • 価格:1万0789円(税込)
  • 楽天市場:商品ページ

スニーカーを手入れしよう

『お洒落は足元から』とも言われるように、靴の手入れは重要なポイントです。ビジネスシーンに限らず、足元がその人の判断材料とされる場合も多く見られます。

また、せっかくお気に入りのスニーカーを購入しても、泥汚れなどが付着したまま着用していては、不潔に見え、お洒落とは程遠くなってしまうでしょう。

スニーカーを正しく手入れすれば、清潔感を与えるだけでなく、スニーカーを長く使えるはずです。ここでは、スニーカーを手入れする方法を解説します。

基本的な洗い方

キャンパス地や合成皮革のスニーカーの、基本的な洗い方は下記のとおりです。

  1. 靴紐やインソール(中敷)などの外せるものは外す
  2. 泥汚れなどを流水で流し落とす
  3. ぬるま湯に粉せっけんを溶かし、もみ洗いする
  4. 頑固な汚れには固形石鹸を使ってブラッシングする
  5. 流水で十分にすすぎ洗いをして乾燥させる

ソールなどのゴム部分の汚れは、なかなか落ちにくいこともあります。そんな時は、掃除用のメラミンスポンジに水を含ませ、軽くこすり洗いをしましょう。

素材によって手入れの仕方は異なる

スニーカーには、キャンパス地や合皮以外にも、スエードやレザーのものもあります。『素材に合った手入れの仕方』を心掛けましょう。

スエードのスニーカーは、水洗いはせず、ブラシでホコリや汚れを落とした後、スエードクリーナーを使って汚れを落とします。手入れ後は、汚れが付着しにくくなるように、撥水スプレーをしておきましょう。

レザースニーカーの場合は、革靴の手入れとほとんど同じです。靴ひもを取り外してから、レザークリーナーを使って磨きます。また、手入れ後は、内側に除菌・消臭スプレーをしておくと、臭いが気になりません。

洗う以外にもケアを

スニーカーは、汚れたら洗うことも大切ですが、あまり洗いすぎると生地を傷めてしまったり、形が崩れてしまったりする危険性があります。洗う以外にも毎日のケアを心がけましょう。

着用したスニーカーは、汚れや挟まった砂などをブラシで取り除いておきます。また、革靴と同じように、毎日続けて履かずに一度履いたら2日ほど休ませることも、スニーカーを長持ちさせるポイントです。

また、新しいスニーカーを初めて履く前や、洗ってしっかりと乾燥させた後に撥水スプレーをかけておくことで、汚れが付着しにくくなり、洗う回数を減らせます。

アディダスを履きこなして街に出よう

アディダスのスニーカーは、定番のスタンスミスやスーパースターの他にもラインナップが豊富です。同じ種類のスニーカーでも、アレンジされているものや、カラーの違いによって雰囲気が全く異なります。

お気に入りのアディダスのスニーカーを履きこなして街に出かければ、いつもより楽しい時間が過ごせることでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME