PCやスマホがヘッドホンを認識しない時の対処方法。OS別対策解説

2019.08.23

ヘッドホンを接続した端末がヘッドホンを認識しない場合、故障しているのではと思う人も少なくないでしょう。しかし、多くのケースでは、自分で不具合を解決できます。ヘッドホンが認識されない原因と対処方法を詳しく紹介します。

認識しない場合の主な原因

パソコンへの接続では主に設定ミス、スマートフォンの場合は主に接触不良により、ヘッドホンを認識しないことがあります。それぞれのケースについて詳しく解説します。

設定ミス

PCでヘッドホンを利用する際に起こりうるトラブルは、主に以下の三つが挙げられます。

  • ヘッドホンから音が聞こえず、スピーカーから音が聞こえる
  • ヘッドホンとスピーカーの両方から音が聞こえる
  • ヘッドホンとスピーカーの両方から音が聞こえない

このように、PCで利用する際にヘッドホンをうまく認識しない場合、原因として最も多いのが『PC側の設定ミス』です。

一般的に、ヘッドホンをPCに接続すると、自動的にヘッドホン以外の出力端子はOFFになります。しかし、自動的に切り替わらない場合は、ヘッドホン以外の出力端子がOFFになるよう、手動でPCの設定を変更する必要があります。

接触不良

スマホでヘッドホンを認識しない場合、最も多い原因は『接続部分の汚れなどによる接触不良』です。

スマホは外で利用する機会が多いため、汚れた手でヘッドホンのプラグ部分に触れる機会も増え、結果としてプラグ部分の汚れが接触不良を引き起こす原因となります。

スマホ側のジャック部分に溜まったほこりが原因で、接触不良を引き起こすケースもあります。スマホのジャック部分は、カバーが付いていない場合も多いため、外部からのほこりが溜まらないような対策が必要です。

また、Andoroidスマホでは、機種により端末側にバグが発生し、ヘッドホンを認識しない場合もあります。

PCの場合の対策

PCに接続したヘッドホンを認識しない場合は、OSにより設定の手順が異なります。主なOSごとの設定方法を理解しましょう。

Windows10

Windows10の場合は、以下の手順で『サウンド設定』を変更してみましょう。

  1. タスクバーのスピーカーアイコンを右クリックし、メニューから『サウンド』を選択
  2. 『サウンド』画面の『再生』タブを選択し、『ヘッドホン』を右クリック
  3. メニュー内の『既定のデバイスとして設定』をクリック
  4. 『ヘッドホン』以外のデバイスを右クリックし、メニュー内の『無効化』をクリック

上記の手順により、スピーカーなど他のデバイスから音が出なくなり、ヘッドホンのみから音が再生されるようになります。

『ヘッドホン』デバイスが表示されない場合は、PCがヘッドホンを認識していない可能性があるため、再度接続し直してみましょう。

また、設定を変更したにもかかわらず音が出ない場合は、ボリュームが0になっていないかも確認する必要があります。

Windows7

Windows7の場合も、Windows10と同様に『サウンド設定』を変更してみましょう。

  1. 『スタート』→『コントロールパネル』の順にクリック
  2. 『ハードウェアとサウンド』→『サウンド』内の『オーディオデバイスの管理』をクリック
  3. 『サウンド』画面の『再生』タブを選択し、『ヘッドホン』を右クリック
  4. メニュー内の『既定のデバイスとして設定』をクリック
  5. 『ヘッドホン』以外のデバイスを右クリックし、メニュー内の『無効化』をクリック

Windows10と同じように、接続不良やボリュームも確認しましょう。オーディオドライバーが不良な可能性もあるため、ドライバの復元や更新も試してみましょう。

Mac

Macの場合は、以下の手順に従い設定を確認しましょう。

  1. 『システム環境設定』を起動し、『サウンド』をクリックする
  2. ヘッドホンを選択し、『出力』が選択されているか、『主音量バー』が0になっていないか、『消音』にチェックが入っていないかを確認する

また、Mac内の機器情報を保存している『PRAM』と呼ばれるメモリをクリアすることで、不具合が解決する場合があります。

PRAMのクリア手順は以下の通りです。

  1. Macの電源を落とす
  2. 電源を入れ、すぐに『Option』『Command』『P』『R』を同時押しする
  3. 2回目の起動音が鳴ったら同時押ししていたキーを離す

スマホの場合の対策

スマホのヘッドホンが認識しない場合は、接続箇所を確認してみましょう。Androidの機種によっては、バグが発生している可能性もあります。

iPhoneの場合

iPhoneでヘッドホンを認識しない原因は、ほとんどが接続不良によるものです。ヘッドホンのプラグ部分やiPhoneの端子部分をきれいに掃除しましょう。

プラグ部分は柔らかい生地の布などで優しく拭き、汚れがひどい場合は『接点復活剤』など市販のスプレーも使いましょう。

iPhone側のジャックを掃除する場合は、歯間ブラシやエアダスターなどで汚れを取り除き、接点復活材を綿棒に塗布し軽く拭けばきれいになります。

Androidの場合

Androidの場合もiPhoneと同様、ヘッドホンのプラグ部分やスマホのジャック部分を掃除すれば、物理的な問題は解決します。

また、ソニー製の『Xperia』を利用している場合は、バージョンによりバグが発生し、ヘッドホンが認識しない可能性があることが確認されています。該当するバージョンは、『X』と『Z~Z5』です。

これらの端末を利用している場合は、『Sound About』というアプリをインストールし、『Media Audio』という欄をタップし、『Let App Decide』のチェックを外して『Wired headphone』または『Wired Headset』に変更すれば、不具合が改善する可能性があります。

原因と対策を理解しよう

ヘッドホンが認識しない原因は、PCの場合はサウンドの設定ミス、スマホの場合は接続不良であることがほとんどです。

メーカーに相談したりヘッドホンの買い替えを検討したりする前に、それぞれの原因をしっかりと理解し、改善策を実践してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME