スニーカーを防水しよう。雨の日も楽しく外出するためには

2019.08.23

雨の日も楽しく外出するために、靴に合った防水処理を施しておくのは大切なことです。スニーカーを防水するなら、スプレーが手軽で便利に使えると人気を集めています。スプレーを中心に、スニーカーにできる防水方法をご紹介します。

防水スプレーがおすすめ

スニーカーの防水には、なんといっても防水スプレーが便利です。ただし、靴に合ったものを選ばなくては『シミや変色の原因』になります。失敗しないためにも、まずは種類と選び方からチェックしておきましょう。

防水スプレーの種類や効果

防水スプレーの種類は、大きく分けて三つに分類できます。以下は種類とその効果・特徴です。

  • シリコン系:表面をコーティングするため撥水効果が高い。雨靴に最適。スエードやヌバックなどの起毛革には使えない
  • フッ素系:重ねがけで徐々に撥水効果を発揮する。乾燥に時間がかかるが、通気性を確保したままコーティングできるメリットがある
  • 専用タイプ:スエードやヌバックなどの特殊な素材を使ったものに対応したタイプ。使う靴によっては撥水以外の効果も期待できる

急な雨に対応できる乾燥が速いタイプ、場所を選ばず使える塗るタイプ、大容量のスプレータイプなど、違った面でも細かい分類があるので、使いやすさに合わせて選ぶとよいでしょう。

靴にあった選び方

用途が限定されているものもあるため『靴に合った防水スプレー』を選ぶ必要があります。間違えたものを選ぶと、生地を傷めてしまうことになりかねませんので注意してください。

例えば、スエードやヌバックなどの起毛革にコーティング力の強いスプレータイプを使うと、通気性を失い生地に負担をかけてしまいます。メッシュ素材を採用している靴でも同じことが言えるでしょう。

レザーを使ったスニーカーには、専用の防水スプレーを選びます。革を柔らかくして足に馴染みやすくする効果も考えて作られているため、使い勝手がよく長く愛用していくなら準備しておくのがおすすめです。

このように、大切な靴を長持ちさせるためにも『靴の特徴に合わせて』防水スプレーを選ぶようにしましょう。

防水スプレーのやり方を知ろう

履いているスニーカーにあった防水スプレーを用意したとしても、いきなりそのまま使ってはいけません。表面をコーティングするものなので、正しいやり方を覚える必要があります。具体的な使い方を予習しておきましょう。

まずはスニーカーの汚れを落とす

新品のスニーカーだとしても、防水スプレーをする前には必ず『汚れていないか』を確認し、もしも汚れがあればそれを落としてから使うのが基本です。

汚れた状態で防水スプレーをかけると、素材と防水スプレーの間に油分やホコリが入り込んでしまい、防水効果が下がってしまいます。

また、忘れずにしておきたいのが、スプレー前のテストです。用意したスプレーによってスニーカーが変色しないか、目立たない部分で試してみましょう。乾かしたときにスプレー部分が分からなければ問題ありません。

靴から離して噴射

汚れを落とし、テストも終わったら、いよいよ本格的なスプレーです。靴から『20〜30cmほど』離して噴射し、全体にスプレーをしていきます。一点に集中しないように意識して、まんべんなく噴きかけていきましょう。

表面全体に『うっすらとコーティング』するよう意識しながら、2度ほど繰り返して噴きかけるのがムラなくスプレーするコツです。

注意しておきたいのは、防水スプレーには『撥水性の樹脂』を使用したものもあり、吸い込んでしまうと呼吸困難に陥る可能性があるということです。床に対策をしないでスプレーをしてしまえば、ペットにも影響が及ぶでしょう。

換気できる状態を整え、スプレーする前に靴周辺に新聞紙を敷いておくなどの対策も一緒にしておくとよいでしょう。

きちんと乾かそう

防水スプレーは、『完全に乾いてから』本来の力を発揮します。スプレーが乾かないうちに使い始めてしまうと、本来の効果が出ないまま落ちてしまうケースもあるため、きちんと乾かすよう意識しましょう。

また、スプレー後にしっかり乾かして使っていても、摩擦や空気に触れ続けることで徐々に成分は剥がれ落ちていきます。タイミングをみて、こまめにコーティングするようにしましょう。

おすすめの防水スプレー

では、どのような防水スプレーがよいのでしょうか。履いているスニーカーの素材にもよりますが、ここでは比較的多くの素材に対応している、おすすめの品を二つ紹介します。

コロンブス アメダス プロテクティブスプレー

『コロンブス アメダス プロテクティブスプレー』は、水・雪・油・汚れを防ぐ、フッ素タイプの防水スプレーです。

扱いが難しい『レザーやスエードにも対応』しているので、色々なスニーカーを持っている人の力強い味方となってくれるでしょう。皮革の柔軟性や通気性も損なわないほか、靴以外にも使えるオールマイティな性能が人気を集めています。

  • 商品名:コロンブス アメダス プロテクティブスプレー オールマイティ
  • 価格:514円(税込)
  • 楽天:商品ページ

クレッププロテクト 防水スプレー

『クレッププロテクト 防水スプレー』は、雨やシミよけに優れた撥水効果を持っています。シューズの風合いや通気性を損なわずに撥水効果をもたせるフッ素系スプレーなので、豊富な種類のスニーカーに対応できるでしょう。

ブーツや衣類にも対応している上、大容量なので、長く使っていけるコストパフォーマンスの良さもポイントです。

  • 商品名:クレッププロテクト 防水スプレー
  • 価格:2160円(税込)
  • 楽天:商品ページ

防水スニーカーや防水カバーを利用する手も

防水スプレーを使うのが不安、できる限り生地を傷めないで愛用していきたいという人は、防水効果を持ったスニーカーや、スニーカーを包むカバーを活用するのがおすすめです。代表例を見てみましょう。

コンバース ジャックパーセル ゴアテックス

コンバースの『ジャックパーセル ゴアテックス』は、防水透湿素材を使うことで、蒸れを防止しながら雨などの侵入を防ぐ画期的なスニーカーです。

ブラックを基調にしたシックなデザインで、大人コーデにも対応しやすく、幅広い着合わせを楽しめます。軽量性・安定性・反発性・通気性を向上させたインソールの履き心地によって、歩いていても疲れにくいでしょう。

  • 商品名:コンバース ジャックパーセル ゴアテックス
  • 価格:1万4580円(税込)
  • 楽天:商品ページ

ニューバランス MW880G

ニューバランスの『MW880G』は大人気の男性用モデルMW880v4を基本に、雨でも足元を快適にキープすることを考えて作られたスニーカーです。

ウォーキングから旅行まで、幅広いシーンに対応できる高いデザイン性とフィット性によって活動の幅が広がるでしょう。クッション性・安定性に優れたミッドソールで、雨の日の外出も楽しくなります。

  • 商品名:ニューバランス MW880G
  • 価格:1万2300円(税込)
  • 楽天:商品ページ

TWONE シューズカバー

TWONEのシューズカバーは、靴を履いた上からすっぽりと覆うことのできる完全防水仕様のシューズカバーです。『収納袋も付属』しているためコンパクトに持ち運べ、急な雨にも対応できるでしょう。

くるぶしまでを覆う大きさと、ファスナーや調整バンドによって、脱げてしまう心配も低減されています。いつものスニーカーを可能な限り濡らさず履きたいという場合に、選択肢に入ってくるアイテムです。

  • 商品名:[TWONE] シューズカバー
  • 価格:1280円(税込)
  • Amazon:商品ページ

しっかり防水してスニーカーを長持ちさせよう

水気によるダメージは、スニーカーを日常使いしているなら一度は経験することでしょう。事前にある程度の予防をしておくことが大切です。

防水スプレーなら導入しやすく、大切なスニーカーを守る有効な手段となります。スプレー以外の選択肢や、日頃のメンテナンスも視野に入れて、お気に入りのスニーカーを長持ちさせてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME