スニーカーの正しい選び方を知ろう。サイズが合わない際の対処法は?

2019.08.22

スニーカーの正しい選び方を知っておけば、ベストマッチの一足と出会えるでしょう。そのためにチェックしておきたい三つのポイントを紹介します。せっかく買ったスニーカーのサイズが合わないときの対処法も、あわせて参考にしてください。

スニーカーの選び方

コーディネートに合わせたスニーカーを選ぶためには、スニーカーの種類、サイズ、色合いに注目する必要があります。最低限知っておきたい三つのポイントをチェックしてみましょう。

スニーカーの種類を知ろう

スニーカーの形状や素材は、メーカーによって千差万別で、豊富な種類が販売されています。一般的に言われる『スニーカーの分類』は以下の通りです。自分の求めるイメージに合った種類のスニーカーを選ぶとよいでしょう。

  • ローテクスニーカー:キャンバス生地やレザーなどを使い、ソール(靴底)部分にゴムを使用したシンプルな作り。素朴でカジュアルな印象を演出する定番タイプ
  • ハイテクスニーカー:ブランド独自の最新技術を搭載したタイプ。ソール・履き心地・軽量化などにさまざまなこだわりがある。おしゃれ感を取り入れられる点が人気
  • ミッドテクスニーカー:ローテクとハイテクのちょうど中間のタイプ。どちらのよさも取り入れて使いやすく、おしゃれにカジュアルにと幅広く活躍する

つま先の捨て寸を理解してサイズを選ぼう

自分にぴったりのサイズを選ぶためには、つま先の『捨て寸』を理解しておく必要があります。

捨て寸とは、つま先が当たらないようにするために設けられた足先の空間のことで、革靴とスニーカーでは『捨て寸の違い』でサイズに差が生じます。

例えば、同じサイズの革靴とスニーカーを用意して比べると、革靴はスニーカーよりも捨て寸が大きいため、見た目もやや大きくなります。

普段履いている革靴と同じサイズでスニーカーを選ぶと、小さかったり履き心地が悪かったりする不具合が出てきてしまうでしょう。この点を理解しておくことが重要です。

メンズの人気色から選んでみる

メンズの人気色は『白』『黒』『グレー』の3色ということも覚えておくとよいでしょう。それぞれの特徴を以下にまとめます。

  • 白:清潔感を演出し、きれいめにもカジュアルにも履きこなせるため、初心者におすすめ
  • 黒:引き締め効果でパンツに合わせやすく、大人のメンズのおしゃれに最適。アメカジスタイルやスラックスなどとも相性がよい
  • グレー:派手すぎず地味すぎない印象で、かっちりとした雰囲気を醸し出す。原色カラーの引き立てや、コーデのバランスを取るときに適している

これらはどんなコーディネートにも取り入れやすいカラーで、これからファッションにスニーカーを活かしたいという人におすすめです。

スニーカーの素材も選んでみよう

スニーカーに使われる素材の違いにも着目してみると、自分の好みにより近いものを選べます。代表的な素材の特徴をチェックしてみましょう。

定番のキャンバス生地

スニーカーの定番素材がキャンバス生地です。ローテクスニーカーに多く採用され、春夏の軽装ファッションにも合わせやすいという特徴を持っています。

トートバッグなどにも使われている比較的安価な素材で、使い続けると味わいのある風合いに変わっていく様を楽しめます。頻繁に履き続けるスニーカーにぴったりの素材と言えるでしょう。

シックで人気なレザー

レザー(革)を使ったスニーカーは、シックな印象で『大人の雰囲気』を醸し出してくれます。レザーにも以下のようにいくつか種類があり、種類で質感や印象が変わるのでチェックしておきましょう。

  • スムースレザー:型押しされていないレザー。本革のスニーカーということを表し、エレガントさを演出する。経年による風合いの変化を楽しめるのも利点
  • シンセティックレザー:合成皮革のことで、染色のしやすさから豊富なカラーバリエーションがある。革の中でもコストパフォーマンスがよく、手入れも簡単で初心者にもおすすめ
  • パテントレザー(エナメル):樹脂などでコーティング加工され、高級感と耐久性を両立させたレザー。光沢感とラグジュアリー感で個性を演出できる。レザーでありながら撥水性を持っているのもポイント

メッシュやスエードという選択肢も

キャンバス地やレザーの他にも、メッシュやスエードといった素材を用いたスニーカーが販売されています。

メッシュは通気性がよく『夏場に重宝』し、スエードはマットな質感と独特の手触りで、『ファッションのアクセント』に最適です。ひと味違った風合いを楽しめるので、それを目当てに選んでもよいでしょう。

ただし、どちらの素材もやや傷みやすい特徴があり、特にスエードは初心者が扱うには難しいこともあります。あらかじめ手入れの用品や方法を把握しておくといいでしょう。

スニーカーのサイズが合わない場合の対処法

最後に、ネット通販で起こりがちな『購入したスニーカーのサイズが合わない』ときの対処法を紹介します。大きいとき、または小さいときに試してみてください。

大きくてブカブカの場合

大きくてブカブカのときには、以下のような対処が効果的です。空いている『スペースをうまく埋める』ことで、快適に履ける状態に整えてあげるとよいでしょう。

  • 厚手の靴下を履いてスペースを埋める
  • 靴紐を固く結び調節する
  • クッション性の高い中敷きでスペースを活用する
  • つま先にインナークッションを入れる
  • かかと脱げを押さえるシートを使う
  • インヒールで空間を埋めつつ背の高さを演出する

小さくてきつめの場合

小さくてきつめのときには、以下の対処が考えられます。できることが限られますが、『スペースを確保』できるように柔軟性をもたせるのがポイントです。

  • ストレッチスプレーで柔らかく伸ばす(革製のみ)
  • 履く前に踏み潰す
  • 洗って生地をやわらかくする
  • 中敷きを抜く
  • ストラップの紐の穴を増やす
  • つま先に型を詰めて伸ばす

正しい知識でベストマッチを選ぼう

正しい知識でベストマッチのスニーカーに出会えれば、長く愛用できます。さまざまなコーディネートを楽しむきっかけにもなるでしょう。

豊富なデザインや色合いから選べるのは、スニーカーならではの利点です。紹介したポイントを参考に、個性的な装いを支えるスニーカーを見つけてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME