釣り用の仕掛け巻きはコレが便利。こだわり派のための自作アイデアも紹介

2019.08.20

釣り用の仕掛けを綺麗に収納できる仕掛け巻きをご存知でしょうか?仕掛け巻きを使うと、釣り糸が絡みにくく、巻き癖がつかずに保存できます。持ち運びにも便利な仕掛け巻きのおすすめ商品と、自作のアイデアを紹介するので参考にしてみてください。

仕掛け巻きのおすすめ商品は?

仕掛けは一度使えば使えなくなる消耗品ではありません。もちろん使用できなくなる寿命はありますが、仕掛け巻きを活用することで、より長く使用できます。

仕掛け巻きの役割とは

仕掛け巻きには『仕掛けを絡みにくくする』のと『巻き癖がつかないようにする』という役割があります。綺麗に収納できるので、次に取り出すときにもスッと出して使えることから多くの釣り人が愛用しているアイテムです。

釣りで一度使った仕掛けを収納するときには、綺麗に入れても糸の部分が絡まってしまい、場合によっては使えなくなってしまうということがあります。そんなときに便利なのが、仕掛けを巻いて収納できる『仕掛け巻き』なのです。

次の項目では、代表的な仕掛け巻きをチェックしてみましょう。

コスパ良し、省スペースのスプールシート

コスパが良く、収納にも省スペースで便利なのが第一精工の『スプールシート』です。糸に巻き癖がつかないように工夫が凝らされているため、フロロカーボンハリスでも安心して収納できます。

大きさは大・中・小あり、仕掛けによってサイズをセレクトすると良いでしょう。

  • 商品名:第一精工 スプールシート大
  • 価格:330円(税込)
  • Amazon:商品ページ

使い方簡単、スーパー仕掛け巻き

ファジーから販売されている『スーパー仕掛け巻き』は、エダス(ラインから枝状に伸びている針先までの糸のこと)とモトス(仕掛けの中心となっている糸のこと)が90度の角度を保ったまま収納できるため『巻き癖』がつかないことで人気があります。

使い方を見てみると一見難しそうですが、実際にやってみるととても簡単です。下記の公式動画では使い方が解説されています。ぜひチェックしてみてください。

多点仕掛巻「スーパー仕掛巻」使用方法ーYoutube

こちらも大・中・小と各サイズありますので、仕掛けに合った大きさを選びましょう。

  • 商品名:ファジー(FUZZY) スーパー仕掛巻・大型(2ケ入り)SS-L
  • 価格:558円(税込)
  • Amazon:商品ページ

こんな便利な仕掛け巻きも

シンプルな仕組みの仕掛け巻きに限らず、さまざまなメーカーから工夫を凝らしたものも販売されています。

最大10本まで収納可能な仕掛け巻き

予備の仕掛けを1つで最大10本まで収納できるのが、ダイワの『仕掛巻 TS-80』です。10本まで収納できる便利さの他にも、ハリスを挟んで引き出せば『糸癖がまっすぐになる』ストレーナーまで付いています。

収納した仕掛けも絡みにくく、中身が見える透明フタなのでひと目でほしい仕掛けがわかるのもポイントです。

  • 商品名:ダイワ 仕掛巻 TS-80 422260
  • 価格:2184円(税込)
  • Amazon:商品ページ

直径約14から18cmの大型仕掛け巻き

『EVAソフティー仕掛け巻き』は、直径約14〜18cmの大型の仕掛け巻きなので、長い仕掛けを巻いて収納するときに重宝します。柔らかい素材でも、水ぬれや汚れに強いので耐久性もバッチリです。

  • 商品名:EVAソフティー仕掛け巻き LLサイズ(18cm)
  • 価格:580円(税込)
  • サンゴ堂:商品ページ

仕掛け巻きの自作アイデア

いくつかアイデアを紹介するので、自分が納得のいく仕掛け巻きを作る参考にしてみてください。

ダイソーなど100均商品で自作

市販されている仕掛け巻きを参考に、ダイソーなどの100均商品で似たものを作って使う人もいます。自作で自分の仕掛けの数に合わせて自作したり、アレンジして荷物の収納に使ったりと様々なアレンジが可能です。

例えば、100均に売られているカラーボードを使って作る方法があります。

  1. コップの縁などを活用し、円形を大2枚(外側)・中1枚(内側)の計3枚、カッターナイフなどで切り出す
  2. 中は、大よりも5mmほど小さく作り、大2枚で中を挟むようにして両面テープで貼り付ける
  3. ラインを止める部分にカッターで切り込みを入れて完成

仕掛けを巻いた順番や仕掛けの仕様を書いておくと、より便利に使えるでしょう。

不要な厚紙を使って自作

次に、不要な厚紙を使って、簡単な仕掛け巻きをいくつか用意する方法もあります。厚紙であれば、柔軟性があるので収納した仕掛けをスピーディに取り出せる点も優秀です。

  1. 厚紙を丸く切り取る
  2. 歯車のようにギザギザの形状にカットする
  3. ギザギザよりも1周り小さく、梱包用の発泡シートを丸くカットする
  4. 先程用意した厚紙に発泡シートを貼り付けて完成

ギザギザ部分に糸を巻き付け、針先を発砲シートにくっつけることでうまく収納できます。糸を引っ張れば発泡シートから針が簡単に外れるので、急いで交換したいときにも便利な仕掛け巻きです。

長めのボール紙でほとんど巻かずに保管

巻き癖を嫌がる人の多くが使っているのが、できるだけ直線的に仕掛けを巻いておける仕掛け巻きです。ダンボールや発泡スチロールを長めにカットし、巻き付けておくだけなので簡単に作れます。

竿を買ったときのケースがある人は、十分な長さでケースが作られているため『仕掛けを巻いた仕掛け巻き』を入れて保護して持ちあるく人もいます。

円形か直線の仕掛け巻きで巻き癖を防止

糸に巻き癖がついてしまうと、釣りをするうえで大きなストレスとなってしまいます。ですが、仕掛け巻きを使えばそうした問題は解決できるでしょう。

自作する手もありますが、市販のものでもさまざまな種類が販売されています。好みに合わせて、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME