飲みやすさは天下一品!日本酒『くどき上手』の魅力と代表銘柄を紹介

2019.08.20

亀の井酒造の看板商品である「くどき上手」。全国的に有名な銘柄ではありますが、そのラインナップの幅広さは思わず驚いてしまうほどです。この記事では、くどき上手の特徴・蔵元・おすすめ銘柄などを紹介していきます。日本酒ビギナーの方は参考にしてみてくださいね。

くどき上手の蔵元について

(画像はイメージ)

まずは「くどき上手」の蔵元である亀の井酒造について紹介していきます。

亀の井酒造

「亀の井酒造」は明治8年に創業され、米どころ山形県で代々日本酒を作り続けてきた歴史ある酒造です。

その酒造が送り出す銘柄のうち看板商品でもある「くどき上手」は、昨今の日本酒ブームもあって全国的に有名な銘柄となりました。

また貯酒・貯蔵用に200坪を超える冷蔵設備を整えており、鮮度管理にも絶対的な自信を持って、プロフェッショナル精神にあふれた酒造です。

くどき上手はどんなお酒?種類は?

ここでは、亀の井酒造のメイン商品である「くどき上手」の特徴について調べてみました。

くどき上手シリーズ・特徴

「くどき上手」は、亀の井酒造が出荷する全商品のうち7割を占める人気銘柄です。その季節に最適な酒造用のお米を厳選し、酒造りを行っています。

「くどき上手」の特徴は、なんといってもその華やかで香り高い「吟醸香」。すべての酒を「吟醸酒・大吟醸酒のみ」で作るという、吟醸への徹底したこだわりが、「くどき上手」を唯一無二の存在へと押し上げました。

初心者でも飲みやすいまろやかな飲み口のリーズナブルな一本や、日本酒マニアも唸るほどに磨き上げられた高級品など、幅広いラインナップを揃えているのも特徴です。

中でも「純米吟醸」「純米大吟醸」は特に人気が高く、万人受けするフルーティかつまろやかな味わいは、プレゼントにもピッタリです。

「くどき上手」という名称の由来

名前がなかなかのインパクトをもつことでも知られる「くどき上手」。その名の由来は、戦国時代に大きな活躍と功績を残した武将が関係しているとの事です。

その武将は敵の武将を武力ではなく、誠心誠意をかけ説得する、つまり口説くことが得意でした。また、手の届きそうも無い位の高い人物をも魅了する人柄であったことも含め、日本酒「くどき上手」の名前の由来となったようです。

おすすめ「くどき上手」シリーズ

種類も豊富な「くどき上手」シリーズ。その中でも、以下の銘柄はぜひ飲んでみて頂きたい逸品です。

純米吟醸・酒未来

くどき上手の春の限定酒で、華やかな香りと軽くてフルーティな甘みが特徴です。こだわりの原料米である「酒未来」を50%まで磨き上げ、さらにこだわりの酵母「小川・M310」で仕込み作り上げた純米吟醸になります。

ちなみにお米の「酒未来」は、山形県の人気銘柄「十四代」を開発した高木酒造の高木社長が、18年の歳月をかけ開発した酒造好適米です。いわばコラボレーション商品とも言えるでしょう。

  • 商品名:くどき上手 純米吟醸・酒未来
  • 容量:1800ml
  • 参考価格:4,235円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ばくれん

「くどき上手」の中でもマニア向けな、辛口の吟醸酒です。全国の特約店の中でも約10店舗のみしか取り扱いができないお酒です。もし飲める機会があればぜひ堪能してほしいところ。

かすかにフルーティーさを感じる吟醸香に、軽くてキレの良い味わい。「超辛口」と銘打たれてるだけあってキレの強調された仕上がりですが、その中にもくどき上手らしいまろやかさも感じられ、ついついもう一杯飲んでしまいたくなる心地よいお酒です。

  • 商品名:くどき上手 超辛口 ばくれん
  • 容量:1800ml
  • 参考価格:4,600円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

純米大吟醸・穀潰し

人気の酒米・出羽燦々を、「22%」という型破りな精米歩合まで磨いて造られた、ハイクオリティな純米大吟醸です。米を贅沢に使用しているという意味では、まさに「穀潰し」というユーモラスな名前がぴったりですね。

こちらも全国特約店の中の数店舗しか取り扱うことのできない激レア商品で、その生産本数はわずかであると言われています。

くどき上手ならではのエレガントな香りに柔らかいコク、爽やかな飲み口が特徴。高精米歩合の酒ながら、米の旨みと香りを芯まで堪能できる逸品です。

  • 商品名:くどき上手 純米大吟醸 穀潰し
  • 容量:1800ml
  • 参考価格:6,525円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

純米大吟醸・亀仙人

山形の酒造好適米「亀の尾」を42%まで磨いて造られたお酒で、酒米シリーズの中でも圧倒的人気を誇ります。通常の仕込みとは異なる「変則2段仕込み」という手法で造られており、これが独特の深い味わいと軽い甘みを醸し出しています。

メロンの様な甘く優しい香りで、フルーティーで軽やかなうまみが特徴的。後味もスッキリしていて飲み飽きません。ほどよい酸味が味そのものを引き締めていて、どのような料理にも合わせやすいです。

  • 商品名:くどき上手 亀仙人 純米大吟醸
  • 容量:1800ml
  • 参考価格:6,000円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

スッキリした飲みやすさが魅力の日本酒

「くどき上手」はクセの少ない味わいと華やかな吟醸香が特徴の、初心者からベテラン日本酒マニアまで様々な人に合った種類を取り揃えている日本酒です。その飲みやすさはまさに天下一品。生産数が少ない限定銘柄もいくつかあり、どれもマニア垂涎の仕上がりとなっています。

ぜひお近くの酒屋さんで「くどき上手」を見かけたら、手に取ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME