大人の男性に似合う革財布とは?選び方のポイントとおすすめ商品を紹介

2019.08.19

財布は、お金を入れる機能的な側面だけでなく、服装と同じく自分の印象を演出するファッションアイテムの一つです。中でも大人の落ち着いた印象を演出するなら革財布がおすすめです。この記事では革財布の特徴から、主な種類、選び方のポイント、お手入れ方法、おすすめの革財布までたっぷりご紹介します。毎日欠かさず持ち歩く財布だからこそ、大人の男性にふさわしい物を選びましょう。

革財布の特徴

「どんな革財布を選べばよいのか迷う」という人は、まず、主な財布のデザインや、本革と合皮の違いを理解しましょう。

革財布には二つ折りと長財布がある

革財布に限らず、財布には主に『二つ折り財布』と『長財布』があり、それぞれ異なる特徴があります。

二つ折り財布は、ズボンのヒップポケットにすっぽり収まる『コンパクトサイズ』なので、持ち歩くのに便利な点が魅力です。

ただし、収納できるスペースがかなり限られているため、現金やカードをたくさん入れられない点がデメリットでしょう。

長財布は、『高い収納力』が大きなメリットです。紙幣、硬貨、カード類などそれぞれの収納スペースにゆとりがあるため、きちんと収めることができます。

また、出し入れに困るようなこともないでしょう。しかし、二つ折り財布と比べると携帯性に劣るというデメリットもあります。

本革と合皮の違いは?

革財布には本革の物と合皮の物がありますが、「違いがよく分からない」という人も多いのではないでしょうか。

大きな違いは、『天然皮革』か『合成皮革』かです。天然皮革である本革は、牛や羊などの革を使った物で、合成皮革は、天然の布地にポリ塩化ビニールやポリウレタン樹脂などの合成樹脂を塗り、本革の風合いに似せて作られたものになります。

時間の経過とともに色合いが変化し、傷やシワなどにより『味わい深さが増していく』本革に対し、合皮の寿命は3年程度です。使い続けるうちに劣化し、表面がひび割れてボロボロになっていきます。

革財布の主な種類

革財布の素材には、さまざまなものが使われています。主な素材の種類について知り、実際に購入する際の参考にしましょう。

革素材の代表格 牛革

革素材の中で最も流通量が多いのが牛革です。牛革は、牛の年齢や性別により『カーフ』『キップ』『ステアハイド』『カウハイド』に分かれ、それぞれ特徴が異なります。

その中で最も一般的なのが、丈夫で傷が付きにくく、キメの細かいステアハイドです。時間の経過とともに味わい深さが増す『エイジング』が他の革素材よりも強いものの、クセがないため、飽きにくく長く使えるという特徴があります。

また、他の革素材と比べて手入れが簡単なことや、加工によりスエードやヌバックのように、さまざまな質感の革財布があることも人気の理由でしょう。

希少価値が高い 馬革

数ある革素材の中で希少価値が高い高級品なのが、馬革の中でも『コードバン』と呼ばれるものです。

コードバンは、馬の臀部(でんぶ)の中に存在する、採取量の少ない繊細な層のみを使用しています。水や空気を通さないほど繊細な表面は、独特で美しい光沢を放ち、磨けば磨くほど輝きが増していくのが特徴です。

馬革は傷や型が付きやすく、水にも弱いですが、『牛革の3倍の耐久性』があるとされます。このため使用頻度の高い革財布にぴったりで、一生ものの高級革財布がほしい、といったこだわりがある人にもおすすめです。

豚や山羊、エキゾチックレザーなども

革素材のほとんどは海外製ですが、日本国内で唯一、飼育から一貫して生産されているのが、『豚革』です。

豚革は摩擦に強く、耐久性や万能性にも優れているのが特徴で、革財布以外にも多くの製品に使われています。純国産の革財布が欲しい人にもおすすめです。

その他にも、肌触りがよい鹿革、軽量でしなやかな山羊革、エキゾチックで華やかなワニ革、ワイルドでインパクトの強い蛇革などもあります。

オリジナリティーを求めるなら、独特の輝きを放つエイ革、希少価値の高い象革、使うほどツヤ感が増す鮫革、エレガンスなダチョウ革などもよいでしょう。

メンズの革財布選びのポイント

「革財布の種類が豊富すぎて、どれを選べばよいのか分からない」と迷ってしまう人は少なくないでしょう。自分好みの革財布を見つけるために、どんな点に着目すればよいのか、選び方のポイントをまとめました。

まずは利用シーンを考える

革財布を選ぶときは、『使うシチュエーション』を意識することで選びやすくなります。

まずは、一番分かりやすい服装を思い浮かべてみましょう。スーツなのか、ビジネスカジュアルなのか、カジュアルなのかなど、ファッションスタイルによって、『しっくりくる革財布』は異なります。

次に、ファッションスタイルを考慮した上で、『財布を持ち歩く際の収納場所』を考えてみましょう。スーツの内ポケットなのか、ズボンのポケットの中か、鞄の中なのかを決めると、自然に財布の形や容量が決まってきます。

見た目や好きなブランドから選ぶ

ビジネスシーンに合うか、大人の男性にふさわしいかなど、『見た目のイメージ』も革財布選びの大切なポイントです。

特にビジネスシーンでは、上司やクライアントに財布を見られることもあります。TPOをわきまえた革財布は、好印象を与え信頼に繋がることもあるでしょう。

また、『好きなブランド』から革財布を選ぶのも一つの方法です。好きな洋服や鞄、靴、時計などのブランドの革財布は、普段のファッションスタイルやライフスタイルにぴったり合う可能性も高いでしょう。

さらに、同ブランドの洋服などとも相性もよいので、全体のバランスも整い、スタイリッシュで洗練された印象になります。

素材や機能性から選ぶ

革財布の素材は多種多様なので、それぞれの特徴を踏まえた上で素材から選ぶのもよいでしょう。

使えば使うほど味が出てくる『エイジングを楽しめる』のが革財布の魅力の一つなので、『どのように変化するか』に着目するのもおすすめです。

牛革は一般的に色の渋みが増し、くったりと馴染んでいきます。一方、馬革のコードバンは、比較的しっかりとした状態をキープしたまま、より重厚感のある光沢に変化していくといった違いがあります。

また、小銭入れやマチの有無、ポケットの数など、『財布に求める機能』は人により異なるものです。自分が使いやすいと思う機能がしっかり備わっている革財布を選ぶと失敗が少ないでしょう。

革財布の手入れ方法

エイジングが革財布の魅力ですが、ただ使い続けていればよいというわけではありません。

革財布を良い状態にキープしつつ、変わりゆく風合いを楽しむためには、きちんと手入れすることが大切です。革財布の基本的な手入れ方法を紹介します。

基本はブラッシングで汚れを除去

革財布の普段の手入れの中でも基本なのが、『ブラッシング』です。ブラシで革財布を優しく丁寧にブラッシングし、汚れやほこりを落としましょう。ブラッシングに使用するブラシは、馬毛などの柔らかい素材のものが適しています。

なお、ブラシが見つからない場合は、天然素材の柔らかい布や眼鏡拭き用の布、不要になった綿100%の肌着などでも代用可能です。

革用クリームで定期的なケア

ブラッシングと同様に、革財布の手入れに欠かせないのが、革に必要な油分と水分を補給し、ほどよいツヤを与えてくれる『保革クリーム』です。

保革クリームは種類豊富ですが、『デリケートクリーム』と呼ばれている乳化性のクリームがよいでしょう。ジェル状のデリケートクリームには、ほとんどロウ成分が含まれていないため、さまざまな革素材に使用できます。

保革クリームの使用は、月に1回程度が理想です。状態によっては、2週間に1回程度も可能ですが、それ以上の使用は逆に革を傷めてしまう原因になるので控えましょう。

修理やクリーニングはお店に依頼

革財布は耐久性に優れていますが、留め具が外れたり、縫い目がほどけたりすることもあります。また、月日の経過とともに縁が剥がれてしまうことや、汚れによって色あせてしまうことも珍しくありません。

もう寿命かもしれない、と諦める前に、『革製品の修理専門店』に相談してみましょう。鞄などと同様にさまざまな修理に対応しており、しっかりとクリーニングした後に補色することで、再び美しさを取り戻せることもあります。

おすすめの革財布

ここまでの情報を踏まえて、ここからは大人の男性に似合う、おすすめの革財布を紹介します。

ホワイトハウスコックス 長財布

19世紀後半に英国で創業した『ホワイトハウスコックス』は、品質、デザイン性、使用感などあらゆる面で優れており、世界各国で圧倒的な支持を得ています。

人気の長財布は、最高グレードのカウハイドを使用しており、丈夫で耐久性に優れているのが特徴です。

また、8枚ものカードを収納可能なカード入れ、日本紙幣もしっかり収まる札入れ、ジッパーとマチの付いたコインケースなど、スリムでスタイリッシュなデザインながら、収納力に優れた使い勝手の良さにも定評があります。

  • 商品名:ホワイトハウスコックス 長財布
  • 価格:4万5360円(税込)
  • Amazon:商品ページ

土屋鞄製造所 アルマス フレームスタンダードパース

1965年に小さなランドセル工場から始まった『土屋鞄製造所』は、商品企画から販売まで手掛けており、その徹底したものづくりの姿勢には、世代を超えて定評があります。

中でも、野性味と洗練さを併せ持つインド産水牛革と丈夫で滑らかなフランス産の牛革を使用した味わい深さが特徴である『アルマスシリーズ』の二つ折り革財布が人気です。

コンパクトで携帯性に優れているだけでなく、紙幣・硬貨・カードが効率良く入る優れた収納力を持つ、バランスのとれた革財布といえるでしょう。

  • 商品名:土屋鞄製造所 アルマス フレームスタンダードパース
  • 価格:2万5000円(税込)
  • 楽天:商品ページ

エッティンガー BRIDLE HIDE COLLECTION COAT WALLET

1934年創業の英国の老舗ブランドで、『英国王室御用達』としても広く知られているのが『エッティンガー』です。

厳選した最高品質の革だけを使用し、『熟練した職人の手作業』で作り上げられる革財布は、本物志向の人からも絶大な支持を得ています。

スーツの胸ポケットにもすっぽり収まるスリムなデザインながら、2つの札入れと8つのカードケースを搭載し、収納力も問題ありません。

また、ツヤ感のあるスマートな外観と内側の鮮やかなイエローのコントラストが、おしゃれでスタイリッシュな印象を与えてくれるのも魅力でしょう。

  • 商品名:エッティンガー BRIDLE HIDE COLLECTION COAT WALLET
  • 価格:2万8200円(税込)
  • Amazon:商品ページ

特徴を押さえて好みの革財布を手に入れよう

革財布を選ぶ時は、ライフスタイルやファッションスタイル、素材、機能、サイズ、見た目など、さまざまな特徴を考慮して選ぶことが大切です。

エイジングが革財布の魅力の一つなので、長く持つことを想定して、自分の好みにぴったりの物を見つけましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME