メンズにはグッチの財布がおすすめ!人気商品の特徴を知ろう

2019.08.18

財布を新調するなら世界中から親しまれている『グッチ』を選んでみませんか?革製品の工房からスタートしたグッチはレザーアイテムの品質とデザインに優れ、一度手にしたら一生の相棒になるでしょう。グッチのおすすめメンズ用財布を形別に紹介します。

人気ブランドグッチの基本を見てみよう

日本人にも馴染みの深いブランド『グッチ』ですが、海外の有名なハリウッドセレブにも愛されてきたブランドでもあります。『グッチ』は、どんなブランドなのでしょうか?まずは、グッチの基本情報を確認しましょう。

イタリアでも人気のブランド

全世界で多くのファンを獲得する『グッチ』は、イタリアのフィレンツェで1921年に創業したブランドで、元々は職人手作りの革製品を扱う工房でした。

第二次世界大戦が始まり革の使用が規制されると、グッチではコーティングをしたキャンパス地を採用します。これが人気を博し、続く47年には竹をハンドルにしたハンドバックが大ヒットします。

グッチはブランドの発祥地であるイタリアから、ロンドン・パリ・ニューヨーク・ロサンゼルスなど、世界中に広がっていったのです。

グッチは、日本でも人気があり、20~30代を中心に幅広い年齢層に親しまれています。特にデザインが豊富で、カバンよりも価格帯が手頃で購入しやすい『グッチの財布』はブランド財布の定番とも言えるでしょう。

グッチの歴代デザイナーとは

グッチは、多くのデザイナーに支えられて発展してきたブランドと言えます。創業当初のグッチのデザインと言えば、乗馬からインスパイアされたパーツやキャンパス地、鞍の腹帯をモチーフにしたイタリアンカラーのウェブストライプが代表的でした。

その後は、歴代のデザイナーによって時代にフィットするデザインが次々と生み出されていきます。以下はグッチの歴代デザイナーとクリエイティブディレクターです。

  • 1990年~:ドーン・メロー(社長兼クリエイティブ・ディレクター)
  • 1990年~:トムフォード(レディースウェア)
  • 2004年~:アレッサンドラ・ファキネッティ(レディース)/ジョン・レイ(メンズ)/フリーダ・ジャンニーニ(アクセサリー)
  • 2015年~:アレッサンドロ・ミケーレ(クリエイティブディレクター)

日本にも直営店がいくつかある

日本全国にはグッチの直営店があります。特に多いのが東京の16店舗で、続いて関西・近畿の12店舗です。

東北や四国、中国地方は、各エリアに2~3店舗と数は少ないですが、わざわざ海外に行かなくても実物がチェックできるのは便利でしょう。

実物を確認した後に、グッチの公式HPや通販サイトで購入する方法もあります。

【グッチ公式オンラインショップ】 メイド・イン・イタリー。ファッション・バッグ

グッチの財布の特徴をチェック

 

グッチの財布が世代を超えて老若男女に親しまれている理由は、GG柄のおしゃれさとデザインの豊富さにあります。どのようなものなのか具体的に見ていきましょう。

有名なGG柄がおしゃれ

一目でグッチと分かるデザインと言えば、頭文字をかたどった『GG柄』でしょう。GG柄は、創業者のグッチオ・グッチが、クオリティを保証するために、GGのモノグラムを商品に刻印したことが始まりです。

ダイヤモンドパターンと呼ばれる独特のモノグラムとベーシックな、色使いが気品となっており落ち着きに溢れ、幅広い年齢層に人気なのも頷けるでしょう。

レザーにGG柄を型押ししたデザインは、さりげないおしゃれを楽しみたい人におすすめです。

デザインが豊富で選びやすい

代表的なラインは、キャンバス地にGG柄を施した『GGキャンバス』が人気となっています。その他にも、GGパターンとウェブストライプを組み合わせた『オフィディア』やメタルのバックルがクールな『シルヴィ』など、多くのデザインがあります。

デザインの選択肢が広いと、ビジネスシーンやプライベートなど、シチュエーションに合ったアイテム選びができるでしょう。

グッチのメンズ用長財布を紹介

最近では、カードやスマホでの決済が増えて、コンパクトな財布を持ち歩く人も多くなっています。会計時にスマートにお金を取り出せる財布と言えば、やはり『長財布』ではないでしょうか。

持つ人をセンスアップさせてくれるグッチのメンズ用長財布を紹介します。

GGマーモント レザー ジップアラウンドウォレット

柔らかくしなやかな『カーフスキンレザー』にホットスタンプを施した長財布で、ほど良いツヤとザラッとした手触りが特徴的です。

財布のコーナー部分には、ゴールドメタルのロゴがきらりと輝きます。派手すぎず地味すぎない程良いバランスからはセンスの良さが感じられるでしょう。

口が大きく開くラウンドファスナーの長財布は、収納力に優れているのがメリットです。マチ部分もたっぷりで、お札入れは三つの部分に分かれています。カードや現金をいつも多めに持ち歩く人におすすめでしょう。

  • 商品名:GGマーモント レザー ジップアラウンドウォレット
  • 価格:8万3800円(税込)
  • 楽天:商品ページ

グッチ シグネチャーレザージップアラウンド

オンライン限定デザインのラウンドファスナータイプで、張りのある質感のレザーにグッチのGGパターンがエンボス加工されています。

オールブラックながら華やかさがあり、シンプルなファッションの主役にもなりそうです。ピカピカしすぎないメタルロゴや、大きくて開けやすい引き手金具など、細部にもグッチのこだわりが感じられます。

  • 商品名:グッチ シグネチャーレザージップアラウンド
  • 価格:7万4800円(税込)
  • 楽天:商品ページ

ウェブ GGスプリーム キャンバス ジップアラウンドウォレット

オリジナルのGGキャンバスをポリウレタン加工した『GGスプリーム』の長財布です。革のような経年変化は味わえませんが、美しい色合いや状態が長くキープできるのが魅力でしょう。

グリーンとレッドのイタリアンカラーのウェブリボンの上には、ハチの刺繍が施されています。一目でグッチと分かるような個性的なデザインは、大人の男性にもぴったりでしょう。

  • 商品名:ウェブ GGスプリーム キャンバス ジップアラウンドウォレット
  • 価格:7万5900円(税込)
  • 楽天:商品ページ

グッチのコンパクトサイズの財布を紹介

 

『スーツやズボンのポケットにも入るサイズ』は、男性が財布に求める条件の一つでもあります。コンパクトで機能的ながらも、ブランドの堂々とした風格が感じられるおすすめの二つ折り財布を紹介します。

レザー コインウォレット

若いカーフのソフトレザーを使ったソフトな二つ折り財布です。控えめに輝くGGメタルピースをアクセントにしたシンプルなデザインは、年齢・流行を問わずに使えます。

薄くてコンパクトながら、コインポケットと4枚のカードポケットが付いているので、現金派にもカード派にもおすすめです。

  • 商品名:レザー コインウォレット
  • 価格:5万9800円(税込)
  • 楽天:商品ページ

GGマーモント レザー コインウォレット

『GGマーモント レザー コインウォレット』は、上記で紹介した『グッチ コインウォレット』と形状は同じですが、革の素材とロゴの形状が異なります。

カーフスキンレザーにホットスタンプを施したツヤとハリのあるきめ細やかな質感は『エレガント』という言葉がぴったりです。高級なジュエリーのように輝くゴールドのメタルパーツにも注目しましょう。

  • 商品名: GGマーモント レザー コインウォレット
  • 価格:8万6184円(税込)
  • 楽天:商品ページ

グッチ ストライプ レザー コインウォレット

シンプルなブラックレザーに、大きなテープロゴを入れたスポーティー&カジュアルな二つ折り財布です。

デザインは、1980年代のスポーツウェアのテープロゴにインスパイアされたそうで、80年代っぽさが漂う色使いや温かみのあるデザインが魅力でしょう。

ただの黒の財布では物足りない、他人と同じものは避けたいという個性派におすすめではないでしょうか。

  • 商品名:グッチ ストライプ レザー コインウォレット
  • 価格:5万1800円(税込)
  • 楽天:商品ページ

グッチの財布でおしゃれを演出しよう

 

グッチの財布は、ブランドものとは分からない控えめなものから、グッチならではの大胆な色使いのものまで、さまざまなデザインがあります。使いやすさや機能性も考慮して、長く使えるものを選んでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME