香りと甘みハーモニーがたまらない。人気銘柄「楽器政宗」の魅力とは

2019.08.18

米から生まれる神秘の雫。日本酒は日本が世界に誇る至高のお酒です。近年ではその魅力が再注目され、若い層からも高い支持を受けています。日本酒には実に多くの銘柄が存在し、それら1つ1つを味わって自分好みの銘柄を探すのは、お酒好きならでは楽しみ方です。この記事ではそんな数ある銘柄の中から福島の銘酒「楽器政宗(がっきまさむね)」をピックアップしてご紹介します。

楽器政宗とは

(画像はイメージ)

まずは楽器政宗がどのような銘柄なのか解説してきます。

福島で人気の日本酒銘柄

楽器政宗は福島県で作られている日本酒銘柄です。酒作りに適した環境をもつ福島県には、多くの蔵元が存在していますが、そのような環境下で地元の人々に長年愛され続けている銘柄の一つが「楽器政宗」です。

銘柄の由来は

ユニークなネーミングでも知られる楽器政宗。その名前の由来は大正期に、猟で近辺を訪れた当時の皇族「朝香宮」が無名だった本銘柄を褒め称えて、随伴していた雅楽師が「楽器も酒も、元は神様への供物である」と言ったことが由来とされています。

蔵元は大木代吉本店

楽器政宗の蔵元は、江戸末期の1865年(慶応元年)に福島県西白河郡に創業した大木代吉本店です。当初は醤油の蔵元から分家創業した小さなものだったようですが、「楽器政宗」の命名以来、当時の2代目当主代吉はその規模を発展させ、その後現在に至るまで伝統ある楽器政宗を進化、継承しています。

楽器政宗の種類

(画像はイメージ)

楽器政宗は1種類だけでなく、大別すると3種類に分類されます。それぞれ違った個性をもっているので、それぞれについてご紹介します。ぜひ自分好みのタイプを探してみてください。

楽器政宗 無濾過原酒

楽器政宗は基本的に本醸造酒ですが、その中でも無濾過原酒は特にクセの無い味わいが魅力の銘柄です。口当たりはすっきりとして、口の中で転がした時に初めて香りと甘みを感じることができます。ガス感のある余韻は口だけではなく鼻腔にも広がるほど芳醇であり、楽器政宗の良さがとても分かる逸品です。

  • 商品名:楽器政宗 本醸造 無濾過原酒 720ml
  • 参考価格:1080円(税込)
  • はせがわ酒店オンラインショップ:こちら

楽器政宗 中どり

中どりは最もバランスがとれた味わいが魅力の銘柄です。口当たりのすっきり感は無濾過原酒と同様ですが、甘みと酸味そしてガス感が均等に感じられるため、初めて日本酒を飲む方でもクセを感じずに楽しむことができます。また中どりはキレを増した辛口も販売されているため、よりキレの良い味を求めている方にはこちらがおすすめです。

  • 商品名:楽器政宗 本醸造 中どり(辛口)720ml
  • 参考価格:1188円(税込)
  • 楽天市場:こちら

楽器政宗 別撰

別撰は他2つの銘柄よりも掛米の歩合を10%引き下げた銘柄です。その味わいは甘みに磨きがかかり、よりフルーティ感が増した特別なものとなっています。口あたりもみずみずしくすっきりとしているため、どんなジャンルの食事にも合います。

  • 商品名:楽器政宗 本醸造 別撰 720ml
  • 参考価格:1175円(税込)
  • はせがわ酒店オンラインショップ:こちら

至高の甘みをあなたも

(画像はイメージ)

楽器政宗は福島が誇る銘酒です。蔵元は100年を超える歴史を持ち、そのユニークな名前には由緒あるエピソードが存在しています。どの銘柄もすっきりとした口当たりに甘みをともなった味わいを楽しめるので、日本酒特有のクセが苦手な方やあまり日本酒を飲まない方でも美味しくいただくことができるでしょう。ぜひ、新しい銘柄への挑戦をしてみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME