バングルと時計のおしゃれな合わせ方は?コーディネートのポイントを解説

2019.08.18

バングルと時計のコーディネートを楽しんでいる人は増えていますが、「コーディネートが意外と難しい」と感じている人も多いのではないでしょうか。バングルと時計を組み合わせるテクニックや、気を付けるべきポイントを知り、自分好みのアレンジを楽しみましょう。

バングルと時計の重ね付け

時代の流れと共に、実用的な目的で時計を持つ人は減少しています。しかし、その一方で、ファッションとして時計を身につけている人が増え、バングルとの重ね付けがおしゃれなコーディネートとして話題になっています。

手元でさりげないおしゃれをアピール

男性の中には、ネックレスや指輪など、目立つアクセサリーをつけることに抵抗がある人もいることでしょう。

しかし、バングルは時計と重ね付けすることで自然になじみ、バングルだけが目立ってしまう心配もありません。バングルは、さりげないおしゃれを演出できる便利なアイテムなのです。

特に手首が寂しい夏シーズンに最適

もともと手首は人の視線が向きやすい部位の一つです。

特に半袖など薄着になり、腕の露出が増える夏場には、バングルと時計のコーディネートがおすすめです。ファッションのほどよいアクセントになり、ぐっとおしゃれな印象を与えることにも繋がります。

また、夏場はシンプルな服装になりがちなので、他人と被ってしまうことも珍しくありません。バングルと時計の重ね付けは、他人との差別化アイテムとしても有用です。

メンズのおしゃれな組み合わせ方

バングルの組み合わせ方はさまざまで、デザインや素材などにより印象がガラリと変わることもあります。紹介するおすすめの組み合わせの中から、好みや服装にテイストに合うアレンジを見つけましょう。

片方の腕に重ね付けする

バングルと時計のコーディネートの中で一般的なのが、時計と同じ腕にバングルを重ね付けするスタイルです。

例えば、小さい時計やシンプルな時計だけでは、物足りない印象を与えることもあります。バングルをプラスすることで、さりげなく手元が強調されるようになります。

逆に大きめでインパクトのある時計には、スリムでシンプルなバングルを合わせることで、違和感なくおしゃれ感を増すことができます。

スリムでシンプルなバングルは、比較的どんな時計とも相性が良いので、一つ持っておくとさまざまなシーンで活躍するでしょう。

バングルを複数付ける

バングルをいくつか重ね付けすることで、ほどよい存在感をアピールできます。重ね付けする際は、主張しすぎないように細めのバングルを重ねると良いでしょう。同じ素材で揃えると、スマートな大人の印象になります。

両手に時計とバングルを分ける

両手首にアクセントを置きたい場合は、それぞれの手に時計とバングルを分けるスタイルが良いでしょう。

大切なポイントは、バングルよりも目を引く時計を選び、左右のアクセントに差をつけることです。時計がより印象に残るので、バングルのさりげないおしゃれ感をうまく引き立てられ、バランスが良くなります。

組み合わせ方の注意点

バングルと時計をセンス良くコーディネートするためには、『バランス』に注意することが大切です。具体的にどのような点に気を付ければよいか、ポイントを紹介します。

全体のコーディネートを考える

バングルと時計の組み合わせだけ見ればおしゃれでも、服装と合っていなければ、全体的な服装のバランスが悪くなってしまいます。

手元だけが浮いてしまったり、逆に全く目立たずアクセントになっていなかったり、ということになりかねません。バングルと時計のコーディネートは、全体のファッションスタイルもイメージして決めることが大切です。

例えば、大人の落ち着いた雰囲気の服装には、重厚感のある時計とバングル、カジュアルな服装には、遊び心が溢れる個性的な時計とバングル、というように使い分けましょう。

組み合わせるサイズのバランスを考える

バングルと時計を組み合わせる際は、サイズやボリュームのバランスもしっかり意識して、メリハリを付けることも重要です。

例えば、ボリュームや存在感のある時計には、シンプルでスリムなバングル、小ぶりで控えめな時計には、太めの個性的なバングルを合わせると手元のバランスが良くなります。

ファッションスタイルによっては、目立たないシンプルな時計に細めのバングルという組み合わせが、スタイリッシュでスマートな印象になることもあります。

しかし、インパクトがあるもの同士の組み合わせは、避けた方が無難でしょう。手元のインパクトが強すぎて、全体のバランスが悪い印象になりがちです。

バングルの付けすぎは注意

バングルをプラスすることで、手元が明るく華やかになり、おしゃれな印象になりますが、バングルを付けすぎるのは逆効果です。

バングルを過度に付けるのは、全体のバランスを崩す原因になります。また、遠目からはそれほど違和感がなくても、近くで見ると手元がごちゃごちゃして、上品で洗練されたおしゃれ感に欠けてしまうことでしょう。

全体的なファッションスタイルにもよりますが、バランス的に二つ程度までにしておくのが基本とされています。

バングルと時計のコーデポイント

バングルと時計の組み合わせをファッションにおしゃれに取り入れるには、すぐに実践できるコーデのポイントを知ることが大切です。

色を合わせたカラーコーディネート

服装などと同様に、色の合わせ方は忘れてはいけない大切なポイントです。反対色を重ね付けしてしまうと、手元だけ浮いてしまうこともあるので、同系色のものを合わせることをおすすめします。

例えば、時計のストラップや文字盤とバングルの色をマッチさせるとバランスがよく、すっきりとスタイリッシュな印象になります。

ただし、服装のトータルバランスを考慮して、手元を強調したいという場合は、あえて反対色をアクセントとして使うことも可能です。その際は、洋服のメインカラーと時計を同系色にするなどして、全体的に色彩を調整する必要があるでしょう。

季節感を演出する

それぞれの季節に合った素材やデザインのバングルを取り入れるのもおすすめです。例えば、春夏はミサンガ風の爽やかで涼しげなバングル、秋冬はツイードやウールなど柔らかく温かみのあるバングル、という具合です。

季節に合わせたバングルを選ぶことで、自然にファッションとの相性も良くなり、全体のバランスも取りやすくなるでしょう。

ブランドを揃えて統一感アップ

時計とバングルのブランドを揃えると、デザイン性に統一感が出るため、都会的でおしゃれな印象になります。両方を販売しているブランドも少なくないので、コーディネートに自信がない人にもおすすめです。

また、無理にブランドを揃えなくても、似たようなテイストのものを選ぶだけでも、おしゃれ感のアップには有効です。コーディネートする際は意識してみましょう。

おしゃれに重ね付けしよう

バングルと時計の重ね付けは、誰でも簡単に取り入れられ、一気におしゃれ度をアップしてくれる便利なテクニックです。

サイズのバランスや季節感など、組み合わせ方や気を付けるべきポイントを意識すれば、普段のコーディネートよりおしゃれなものに変わります。

自分好みのスタイルを演出してくれる時計とバングルを使って、おしゃれを楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME