外国人旅行客にも人気!抹茶リキュールのおすすめ銘柄とは?

2019.08.17

日本では古くから親しまれたきた抹茶。最近は抹茶を使用したスイーツも増え活躍の幅が広がっています。そんな抹茶をお酒として飲める、抹茶リキュールがあることを知っていますか?この記事では外国人にも人気を博している、抹茶リキュールについて、その魅力、自宅で簡単に作れるカクテルのバリエーションやおすすめ銘柄をご紹介します。

抹茶リキュールってどんなリキュール?

抹茶リキュールはグリーンティーリキュールとも呼ばれています。その名のとおり抹茶や緑茶が使われている日本生まれのリキュールです。香りも豊かで、甘味の中に渋味も存在する独特のリキュールですが、日本人にはなじみの深い味わいといえるでしょう。

1950年頃サントリーが発売したヘルメスグリーンティという商品が抹茶リキュールの先駆けといわれています。最近では抹茶が好きな外国人観光客にも人気のお酒になっており、注目されているリキュールの一つなのです。

おいしい抹茶カクテルの作り方

抹茶リキュールはロックで味わうのも、もちろんおすすめ。ここでは身近な飲み物と掛け合わせて簡単に作れる、美味しい抹茶リキュールのカクテルレシピをご紹介します。ちなみに抹茶リキュールの分量は基本的に、抹茶1に対し他の飲料は5~6にするのが適量です。

ミルク好きなら抹茶ミルク

抹茶リキュールにミルクを組み合わせた抹茶ミルクは、甘いカクテルが好きな方には特におすすめです。アルコール感が少ないので、アルコールの味が苦手な方にも飲みやすいカクテルです。

甘いのは好きだけど、お酒として楽しみたいという方は、抹茶リキュールを3分の2に減らし、3分の1をウォッカに変えてみてください。グリーン・フィールズというカクテルになり、強めのお酒が好きな人におすすめです。

暑い季節にぴったり。抹茶ビア

抹茶リキュールにビールを組み合わせると、コクのある和風ビールが作れます。作り方はとても簡単で、抹茶リキュールにお好みのビールを注ぎ、軽く混ぜれば完成。黒ビールで割るとよりコクが強くなります。

さっぱり飲める、ウーロン茶割り

抹茶リキュールをウーロン茶で割ったカクテルは「照葉樹林」と名付けられています。こちらもビール同様に、抹茶リキュールにウーロン茶を注ぐだけで完成。クセが無くどんな食事とも相性が良いさっぱりした味わいを楽しむことができます。

すっきり感がたまらない、ソーダ割り

すっきり飲みたい方には、抹茶リキュールのソーダ割りがおすすめ。レモンを絞ったり、レモンジュースを入れると更に爽やかな喉ごしになります。

おすすめの抹茶リキュールを買ってみよう

自宅で簡単に美味しい抹茶カクテルが作れる抹茶リキュールの中から、厳選しておすすめ商品をご紹介します。気になる方はチェックしてみてください。

リキュールといえばカルーア

カルーアミルクでお馴染みのカルーアが販売している抹茶リキュールです。抹茶リキュールを初めて購入する方は、価格も量もお手頃なので、ここから試してみてはいかがでしょうか。もっと飲みたいという人は700 mlの大きいサイズもあります。

  •  商品名:カルーア抹茶
  •  容量:200ml
  •  参考価格:740円(税込)
  •  Amazon 商品ページ:こちら

ちょっとリッチなMARU MATCHA

ちょっと高級な抹茶リキュールが欲しい、おもてなし用に抹茶リキュールを探している人にはMARU MATCHAがおすすめです。MARU MATCHAは、鹿児島の老舗茶舗である下堂園の有機農園ビオ・ファームで栽培された特別な知覧抹茶を使用しています。香りも豊かで上品な味わいです。ギフトボックスタイプもあるので贈答用にもおすすめです。

  •  商品名:MARU MATCHA20度
  •  容量:750ml
  •  参考価格:2,160円(税込)
  • Amazon 商品ページ:こちら

抹茶リキュールは抹茶好きや甘いカクテル好きにおすすめ

抹茶は日本人が慣れ親しんだ味わい。その抹茶の味をお酒として堪能できるのが抹茶リキュールです。カクテルを作る際も、ミルクやソーダ、ビールなどと割れば良いだけなので、簡単に美味しいカクテルを堪能することができます。抹茶好き、甘いカクテル好きの方には、ぜひお試し頂きたいリキュールです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME