コーヒーは挽きたてが一番。コーヒーミルの定番「カリタ」の魅力を紹介

2019.08.15

コーヒーは挽きたての豆を使うのが一番です。もしもお店の味を家で再現したいのなら、コーヒーミルは必須のアイテムと言えるでしょう。この記事では数あるコーヒーミルのブランドの中でも、定番として名高いカリタの魅力を紹介してきます。

カリタとは

(※画像はイメージ)

万国共通のドリンクであるコーヒー。そのコーヒーを作るのに必要不可欠なコーヒーミルは、様々な国のメーカーから販売されています。欧州の有名ブランドなども魅力的ですが、初めてコーヒーミルを購入する方からすれば、なるべく品質の安定した日本のメーカーを選びたいはずです。

そんな時におすすめなのが日本の老舗コーヒーグッズメーカー「カリタ」です。ここからはまずカリタというブランドについて紹介していきます。

国産コーヒーミルの定番

カリタは1959年に創業した国産コーヒーグッズメーカーです。中でもカリタのコーヒーミルは業務用から家庭用まで様々な方面から支持を受けています。初めてコーヒーミルを購入する方でも、シンプルなカリタの商品を選ぶ人が多いようです。まさに国産コーヒーミルの定番ブランドとなっています。

その他コーヒーグッズの充実

前述にもある通りカリタはコーヒーミル以外にも、様々なコーヒーグッズを製造販売しています。

基本的にクラシック、アンティーク調を取り入れたデザインの商品をリーズナブルな価格で販売しており、コーヒーセットを購入する際にも非常に重宝します。初めてコーヒーグッズを揃える方にもおすすめできる品揃えです。

カリタの魅力

(※画像はイメージ)

国産コーヒーミルの定番であるカリタ。その人気の秘密は古くからあるという点だけではありません。商品1つ1つに定番となる魅力が詰め込まれています。それらを事前に把握しておけば、カリタでグッズを購入する際にも大いに役立つはずです。そこでここからはカリタブランドの魅力を紹介していきます。

クラシックな手挽きミル

(Amazon.co.jp)

カリタのコーヒーミルは、一般の方が想像するコーヒーミルそのままのデザインを落とし込んだクラシックデザインが魅力となっています。コーヒー好きな方も、電動より手間がかかるクラシックな手挽きミルをチョイスする方が増えています。

またクラシックでありながらも、細かい設定などができる器用な面も持ち合わせており、最初のコーヒーミルとして申し分ない性能を持っています。

  • 商品名:カリタ 手挽き クラシックコーヒーミル
  • 価格:2,498円
  • Amazon:商品ページ

豊富なラインナップ

カリタは様々なタイプの手挽きミルを販売しています。そのライナップはクラシック、アンティークなものだけには止まらず、スタイリッシュな円筒形型、アウトドアに便利な折りたたみ型、使い勝手の良いミニタイプなど非常に豊富となっています。手間暇をかけたこだわりの一杯を求める方とっては夢のような品揃えです。

カリタ|公式サイト

カリタの電動ミル

(※画像はイメージ)

カリタは手挽きコーヒーミルの他にも、現代的な電動ミルを多く取り扱っています。歴史も長く、業務用メーカーとしての実績ももつカリタの電動ミルは、コーヒー界隈のでも評価が高く本格的な電動ミルを探している方にもおすすめです。

そこでここからはカリタの電動コーヒーミルのうちで、最も人気の高い商品をピックアップして紹介していきます。

ナイスカットミル

(Amazon.co.jp)

ナイスカットミルはカリタの電動ミル中で屈指の人気を誇る商品です。商品名のとおり、豆挽きにはカット方式を採用しているため、挽きムラなどが出にくくなっています。

挽きムラのないコーヒー豆は雑味が出にくく、自宅でも高いクオリティのコーヒーを入れることができます。長年手挽きにこだわっていた方でも、このナイスカットミルに乗り換えたという声も多いようです。

  • 商品名:ナイスカットミル
  • 参考価格:39,800円(税込)
  • Amazon:商品ページ

自分のスタイルに合ったミルを

カリタは国内でも屈指のコーヒーグッズメーカーです。品質も安定しており、初めてコーヒーミルを選ぶ方でも安心して購入することができます。またデザインなども豊富なため、この記事の内容を参考にしながら自分のスタイルにあったミルを探してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME