歴史漫画の人気ランキング常連作を紹介。日本史・世界史別のおすすめ

2019.08.15

歴史の教科書では覚えられないことも、歴史漫画を読むうちにいつの間にか歴史に詳しくなって、夢中になって読んでしまった人は多いのではないでしょうか。歴史漫画の魅力をひもときながら、おすすめの人気漫画をランキング形式で6作品紹介します。

歴史漫画を読もう

歴史漫画には人を引き付けて離さない魅力があふれています。歴史漫画を読むのは楽しく、同時に勉強にもなるというメリットがあります。作品を紹介する前に、歴史漫画の魅力について紹介していきます。

今まで一度も歴史漫画を読んだことがない人も、ぜひこれをきっかけに読んでみてはいかがでしょうか。

歴史漫画の魅力とは

歴史漫画には、人生のヒントが詰まっています。教科書では年表と一行の解説で終わってしまうことでも、歴史漫画はストーリーやロマンがふんだんに盛り込まれたドラマとして教科書にはない魅力が満載です。

歴史漫画には、たくさんの人の人生そのものが描かれています。どれほどの偉業をなした偉人でも、一人の人間であることが、歴史漫画から読み解けることも少なくありません。

歴史漫画から得たドラマチックな感動は、これからの人生の支えになり、つらいときの糧にもなることでしょう。

日本史でおすすめの人気ランキング常連作品

ここからは、日本史ジャンルでおすすめの歴史漫画を紹介します。今回、紹介する3作品は、ランキング上位の常連から集めてた傑作ばかりです。どれも読みごたえのある作品なので、気になるものがあったらぜひ手に取ってみてください。

古代史が学べる「天智と天武」

大化の改新を起こした中大兄皇子と、その弟である大海人皇子の生涯を描いた『天智と天武 ―新説・日本書紀―』は、新鮮な歴史観や人物像でロマンを感じられる名作です。見どころはいずれ天皇の座を巡って熾烈な争いを繰り返すこととなる、中大兄と大海人の愛憎劇にも似た凄絶な兄弟喧嘩です。

さらに、複雑に入り組んだ平安時代を学ぶことができるのもおすすめしたいポイントのひとつです。平安時代は、人間関係の構成が難しい時代でもあるので、漫画を通じて学ぶことは多いはずです。

  • 商品名:天智と天武 ―新説・日本書紀―
  • 価格:596円(税込)
  • Amazon:商品ページ

違う視点がみられる「へうげもの」

おどける・ふざけるという意味の『へうげもの』がタイトルの由来になっているとおり、数寄者でもあった古田織部の生きざまが描かれています。千利休の直弟子であり、著名な茶人として知られる古田が、3人もの天下人の傍らで生き抜いた人生を表現しています。

戦国時代は武将の観点から描かれることが多いですが、こちらの作品はより文化的な側面から時代の流れを読み解くことができますよ。

  • 商品名:へうげもの(1)
  • 価格:566円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ファンが多く好評の「バカボンド」

吉川栄治の小説「宮本武蔵」を井上雄彦が独自の解釈を加えながら漫画化した『バカボンド』は、人の闇を色濃く描いた名作です。

剣の時代が終わりつつある時代に生きた宮本武蔵の生涯を圧倒的な画力で仕上げた本作は、まるでひとつの芸術作品のような印象さえ受けます。

  • 商品名:バガボンド(1)
  • 価格:616円
  • Amazon:商品ページ

世界史でおすすめの人気ランキング常連作品

次に紹介するのは、世界史ジャンルのオススメ作品です。どれも壮大で非常に面白くエンターテインメント性も高いだけではなく、世界の歴史の勉強にもなります。

映像化されているものもあるので、漫画を読む時間がとりにくい人は、そちらから入るのもおすすめです。

熱狂的ファンも多い「キングダム」

中国・春秋戦国時代を描いた『キングダム』は、歴史の勉強になりつ、壮絶な戦乱の世を描きながら、人間がどう生きるべきかを示してくれる大作です。

後の始皇帝となる政が戦乱の世を終わらせるための仕上がっていく一方、身分の低さをばねにして野望を胸に邁進する信の成長ドラマ的な面白さもあります。

人物も多く理解しにくいこの時代の勉強になるだけではなく、読み物としても続きが気になる、まさに一石二鳥の作品といえるでしょう。

  • 商品名:キングダム 1
  • 価格:545円(税込)
  • Amazon:商品ページ

定番と言える大作「ヒストリエ」

『ヒストリエ』は、古代オリエントを描く歴史漫画です。アレクサンドロス大王の生きた激動の紀元前4世紀を、波瀾万丈な人生を送った書記官であるエウメネスを主役に据えて描きあげています。

エウメネスは生まれ持った知識を駆使して乱世を生き抜きます。そのストーリーの面白さや凄みのある描写はもちろんのこと、繊細に作られた伏線の回収の妙や、知的興奮を掻き立てられる史実に即した面も、十分におすすめできるポイントです。

今なお人気が続く「ベルサイユのばら」

言わずと知れた歴史超大作と言えば、やはり『ベルサイユのばら』でしょう。18世紀フランスを舞台としており、王妃マリー・アントワネットと近衛連隊長である男装の麗人・オスカルが歴史の波に翻弄されていく様子を描いています。

フランス革命を描いた少女漫画ながら、辛い一面や苦しい一面、愛に生きる女性や生と死など、とにかく多くの人生を見ることができます。

史実に忠実に描いていつつも、オスカルとアンドレという架空の人物が繰り広げる恋愛模様は涙にたえないシーンも多く、いまだにファンが多い名作です。

  • 商品名:ベルサイユのばら
  • 価格:669円(税込)
  • Amazon:商品ページ

歴史漫画の常連作で歴史の面白さ再発見

歴史漫画はただ面白いだけではなく、同時に世界の歴史や日本の成り立ちを学ぶこともできます。感動したり、笑ったり、泣いたりしながら歴史の勉強をして、今まで知らなかった面白さを再発見してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME