ヘッドホンのノイズキャンセリングでクリアな音を。特徴や選び方紹介

2019.08.15

雑音をキャッチし遮断してくれる、ヘッドホンのノイズキャンセリングは、人で混雑する場所など周りの音が気になる環境下で役立つ機能です。メーカーごとに異なる特徴や、おすすめのノイズキャンセリングヘッドホンを紹介します。

ノイズキャンセリング機能を知ろう

ノイズキャンセリングとは何なのか、意味と原理を理解しましょう。

ノイズキャンセリングとは

ノイズキャンセリングとは、ヘッドホンから流れてくる音質をそのまま保ちながら、外からの騒音だけをシャットアウトできる便利な機能です。

音量を上げ過ぎなくても音を聞き取りやすくなるため、音漏れにより周囲に迷惑をかけにくくなり、耳への負担を軽減する効果も期待できます。

雑音が気になる電車や飛行機の中でも、走行音やエンジンなどさまざまなノイズが軽減された、クリアな音を聴けます。

また、勉強や仕事の際にヘッドホンで音を聴く必要がある場合、気が散る原因となりやすい周囲の雑音を軽減できるため、目的に集中できることもメリットです。

ノイズキャンセリングの仕組み

ノイズキャンセリングの原理は、以下のような仕組みになっています。

  1. ヘッドホンに内蔵されたマイクで周囲からの騒音を拾い、ノイズキャンセリング回路がその音を分析します。
  2. 騒音を打ち消す効果がある逆位相の音を発生します。
  3. 元の波を反転させた逆位相の波を重ね、元の波を消去することにより、周囲の騒音を軽減します。

ノイズキャンセリング機能は、周囲からの騒音が全く聞こえなくなるわけではなく、人が耳障りに感じやすい帯域の音だけを低減します。

選び方のポイント

ノイズキャンセリングヘッドホンを選ぶ際は、メーカーによる特徴やヘッドホンの利用シーンを考慮しましょう。

メーカーによる特徴

高い技術を要するノイズキャンセリング機能は、ヘッドホンに搭載できるメーカーが限られます。中でも、『BOSE(ボーズ)』と『SONY(ソニー)』は、ノイズキャンセリング市場における2大メーカーといえるでしょう。

BOSEのノイズキャンセリング機能は、騒音を遮断するレベルを数段階の中から手動で選ぶタイプです。高音域まで遮断できるため、人の声すら聞こえなくなるほどの遮断力を発揮します。

SONYのノイズキャンセリング機能は、状況に応じ人工知能により自動で騒音が遮断される仕組みとなっています。高音域までは遮断されませんが、残すべき音以外を遮断できる独自の機能であることが特徴です。

その他、『AKG(アーカーゲー)』も、より効率的なノイズキャンセリング効果を発揮するヘッドホン製品で知られるメーカーです。

使用シーンでの調整

ノイズキャンセリングのレベルは、自分で調整できると便利です。状況に応じて使い分けることで、より快適に音楽を楽しめます。

強力なノイズキャンセリング調整が可能なタイプなら、騒音がかなり大きな場所でも静かにすることが可能です。また、気圧の変化に合わせてノイズキャンセリング効果を調整してくれるタイプは、飛行機の機内などで役立ちます。

ボタンなどでヘッドホンの音量を絞れる機能があれば、突然のアナウンスにも対応できます。身の安全を考慮し、適時調節できるモデルを選ぶとよいでしょう。

おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン

高性能なノイズキャンセリングを搭載したおすすめのヘッドホンを3点紹介します。全て高価ではありますが、確かな品質で評価の高いものばかりです。

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3』は、SONY独自の高音質ノイズキャンセリングプロセッサー『QN11』を搭載したヘッドホンです。

ヘッドホン内部に気圧センサーを搭載し、飛行機の機内における気圧変化に対しても、ノイズキャンセリング機能を自動的に調整してくれます。

ボタンを押すだけで利用者の個人特性を検出するシステムも備わり、状況に合わせたノイズキャンセリング機能が働くことも特徴です。

また、ワイヤレスでありながら、リアルな音を楽しめる『ハイレゾ音源』に対応しているため、原音に忠実で繊細なサウンド再生を楽しめます。

  • 商品名:ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3
  • 価格:3万7700円(税込)
  • Amazon:商品ページ

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II

『QuietComfort 35 wireless headphones II』は、Boseの最高峰ノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスヘッドホンです。

『Amazon Alexa』と『Googleアシスタント』に対応し、音楽の再生や調べ物、スケジュールの管理など、さまざまなことを音声で操作できます。

ノイズキャンセリングは、周囲の環境に合わせて、レベルを3段階に切り替え可能です。クリアで輪郭のはっきりした、各音域のバランスが良い音質を楽しめます。

ソフトな質感のヘッドバンドとレザー製のイヤークッションにより、快適な装着感を実現しているため、長時間の利用にも向く製品です。

  • 商品名:QuietComfort 35 wireless headphones II
  • 価格:3万5640円(税込)
  • Amazon:商品ページ

AKG ノイズキャンセリングヘッドホン N90Q

『ノイズキャンセリングヘッドホン N90Q』は、マイクロホンやヘッドホンの分野において世界有数のプロフェッショナルブランドである『AKG』が開発したヘッドホンです。

耳の形状を読み取り、より効率的なノイズキャンセリング効果を発揮します。機能の使い分けができるため、曲に合わせて調整することが可能です。

また、各音域の変換も可能なため、自分の聞きたい音域にスポットライトを当てて音楽を楽しめます。

ヘッドホン内部にはデジタル信号をアナログ信号に変換する装置を内蔵し、USB接続でハイレゾ音源を再生できるため、PCやスマホで音楽鑑賞する場合におすすめの製品です。

  • 商品名:ノイズキャンセリングヘッドホン N90Q
  • 価格:8万8414円(税込)
  • Amazon:商品ページ

コスパで選ぶなら

ノイズキャンセリングヘッドホンをできるだけ安価で購入したい場合に、おすすめできる製品を紹介します。全て1万円以下で入手できる、コスパの良いヘッドホンです。

COWIN E7 PRO

『E7 PRO』は、パワフルなサウンドが魅力的なオーディオメーカー『COWIN(カウィン)』のワイヤレスヘッドホンです。

音楽や通話がクリアに聴こえるノイズキャンセリング機能を搭載し、周囲の音に邪魔されることなく大迫力の音楽が楽しめます。

また、低音域から高音域までメリハリのあるサウンドを出力できるため、音楽だけでなく映画やゲームなどでリアルな視聴体験ができることも魅力です。

JVC ノイズキャンセリングヘッドホン HA-S88BN

『HA-S88BN』は、イヤホンやヘッドホンで不動の地位を確立している『JVC』のワイヤレスヘッドホンです。

高性能ノイズキャンセリング機能を搭載し、外部の音をしっかり遮断してくれます。ボタンを押すだけで、低音重視やボーカル重視などの切り替えかできる機能も便利です。

同じような価格帯のヘッドホンの中でもかなり高性能であるため、ノイズキャンセリングを試したい人や、より良い製品が欲しいという人におすすめです。

  • 商品名:HA-S88BN
  • 価格:8617円(税込)
  • Amazon:商品ページ

LiteXim ワイヤレスヘッドホン

『LiteXim ワイヤレスヘッドホン』は、人間工学に基づいてデザインが設計された、快適な装着感を得られるヘッドホンです。

ノイズキャンセリング機能が搭載されているうえ、低音から中高音までのバランスが良く、クリアで割れの少ないサウンドが特徴です。

ヘッドホンとして最低限の機能が備わっていながら、リーズナブルな価格が実現されているため、コスパの良さを最優先で求める場合におすすめのアイテムとなっています。

  • 商品名:LiteXim ワイヤレスヘッドホン
  • 価格:5880円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ノイズキャンセリング機能付きで快適に

外からの騒音を遮断できるノイズキャンセリング機能が付いたヘッドホンを使えば、雑音が気になる環境や集中したい状況の中で、より快適なサウンドを得られます。

メーカーの特徴や利用シーンを考慮し、さまざまな種類が販売されているヘッドホンの中から、自分に合った製品を選びましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME