ダレスバッグの特徴やメリットを紹介。一流の品格を手にしよう

2019.08.13

弁護士やビジネスマンが持っているような、高級感があるバッグを探しているという方におすすめなのがダレスバッグです。ワンランク上の雰囲気を漂わせており、知的な印象を相手に与えることが可能です。この記事では、ダレスバッグの特徴やメリット、おすすめのブランドを紹介します。

ダレスバッグの特徴

まずはダレスバッグがどういったバッグなのか、概要や名前の由来などを解説します。

ダレスバッグとは

ダレスバッグはビジネスマンや、弁護士の方に人気があるバッグです。バッグの口が大きく開くため、A4書類の束やノートパソコンをを詰め込むのに最適です。

名前の由来は、アメリカの「ダレス特使」が使っていたからです。ただダレスバッグという名称は日本独自のものです。欧米では医師がよく持ち歩いていることから、「ドクターバッグ」と呼ばれています。

ダレスバッグは人を選ぶバッグ

ダレスバッグは高級感と知的さを感じさせる見た目のため、20代の若い方が持つと違和感が出てしまう恐れがあります。30代以降の方になじむでしょう。

またバッグは良いものを使っていても、スーツや靴など他の装いが安っぽければ、バッグが浮いてしまう可能性もあります。

ダレスバッグを持つなら、コーディネイトにも気を配った方が良い雰囲気をかもし出せます。

ダレスバッグのメリット

ダレスバッグは持っているだけでかっこいいですが、見た目以外にも多数のメリットが存在します。

社外に出向く際のメリットが多い

まず第一に、ダレスバッグは書類の出し入れを行いやすいです。バッグの中は布で仕切られているため、書類整理がしやすい構造となっています。取引先との会議で、書類が必要になったらすぐに取り出せます。

また安定した作りになっているため、なかなか倒れません。例えば電車内で座れない時、バッグが重ければ床に置けるのは大きなメリットです。

他にもショルダーベルトや鍵がついているものもあるため、長期間の移動やバッグから目を離す際に助かります。

このようにダレスバッグのメリットは、営業などで社外に出る機会が多い方向けです。逆にいうと事務員やプログラマーなど、基本的に社内で仕事をする人には向いていないでしょう。

ダレスバッグのおすすめブランド

ダレスバッグを購入しようか悩んでいる方向けに、ダレスバッグの伝統あるブランドを2種類紹介します。

ポーター(PORTER)

日本でも非常に有名なバッグメーカー、「吉田カバン」が生み出したバッグブランドがポーターです。シンプルながらもリッチで落ち着いた外観。牛ステアの持ち手。

そして長く使うことを設計して作られた丈夫で傷に強い形状と、使う人のことをしっかりと考えられているダレスバッグです。

  • 商品名:PORTER FLUX フラックス ダレスバッグ 197-01500
  • 参考価格:77,760円(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

銀座タニザワ

銀座タニザワの創業は明治7年と、非常に歴史あるバッグ専門店です。一番人気のブル ダレスバッグは、厚手の白革を用いており、職人の手で丁寧に縫い上げ荒れてた最高級のバッグです。

鍵穴など細かな部分も精巧に作られているため、デザイン面も非常に優れています。

  • 商品名:ブル ダレスバッグ
  • 参考価格:114,480円(税込)
  • 商品ページはこちら

ワンランク上の品格に繋がるダレスバッグ

非常にリッチで知的な印象を受けるダレスバッグ。名前を聞いたことはなくても、一度は目にしたことがあるかと思います。

ビジネスマンとしては憧れのバッグでもあり、このバッグを持ち歩きたい方も多いことでしょう。

人を選ぶバッグですので、自分がダレスバッグを持つにふさわしいと感じたら、ぜひ手に取って見てください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME