インスタグラムのストーリーに音楽を流すには?おすすめの方法を紹介

2018.10.10

ついつい見てしまうインスタグラムのストーリーですが、中でも音楽がついた投稿は人気です。そんな影響もあってか、MUSICという新機能が最近インスタグラムに登場しました。そこで、MUSICで何ができるのか、音楽つきストーリーの投稿方法と併せて紹介します。

インスタグラムのストーリーとは?

10代を中心に人気を集めるインスタグラムのストーリーですが、そもそもどんな機能なのでしょうか?

※インスタグラムのストーリー:正式名称は「ストーリーズ(Stories)」ですが、よく「ストーリー」と呼ばれるので記事内でも「ストーリー」と記載します。

ストーリーの機能

ストーリーは、フォローワーの投稿が流れるフィードとは別に、気軽に写真や動画を投稿ができる機能です。写真や動画を編集できるフィルターやスタンプが充実しており、通常24時間で投稿は削除されます。

フィードに投稿するまでもないような、日々の何気ない瞬間や日常の風景を投稿する方が多いのがストーリーです。ライブ配信も可能です。

ストーリーは13歳〜19歳のいわゆるティーンと呼ばれる年代に人気があります。ティーン以外の年代と比べ、ティーンは4倍も投稿を閲覧し、6倍もシェアを行なっているというデータがあります。

スマホとPC、それぞれの見方

ストーリーを見る方法は簡単です。スマホの場合、アプリの画面上部にあるストーリーバーに表示されるアイコンをタップすれば、そのアカウントのストーリーを見ることができます。「すべて見る」をタップすれば、その時点で投稿されているフォローしているアカウントのストーリーをすべて見ることができます。

PCの場合は、通常そもそもページにストーリーが表示されません。PCでストーリーを見るには、Google Chromeの拡張機能を利用する必要があります。ブラウザでGoogle Chromeを使用し「chrome ig story」をダウンロードして有効化しましょう。その後インスタグラムにログインすれば、ストーリーが表示されるようになっているはずです。

  • 商品名:chrome ig story
  • 価格:無料
  • Chromeウェブストア:商品ページ

投稿の仕方

ストーリーを投稿するのはとても簡単です。アプリ画面左上のカメラマークもしくはストーリーバーにある自分のアイコンをタップするか、画面左端から右にスワイプすることで撮影画面が表示されます。

撮影画面のシャッターボタン(白い丸ボタン)をタップすれば写真撮影、長押しすればその間動画撮影を行うことができます。撮影が終わると編集画面に移行するので、位置情報やメンション、ハッシュタグをつけたり、投票機能や質問機能を利用して編集しましょう。投稿は以上で完了です。

音楽をつけられる新機能MUSICとは?

インスタグラムのストーリーの見方や投稿方法を理解したところで、最近登場した新機能MUSICについて見ていきましょう。

MUSICについて

インスタグラムの新機能MUSICは、ストーリーに音楽をつけることができる機能です。アプリのバージョン51以降で使える機能で、Bruno Mars、Guns N’ Rosesなどを含む人気アーティストの数千曲から好きな音楽を選ぶことができます。

アメリカ、フランス、ドイツなどの国で今年から追加された機能で、iOSユーザーの場合には上記の音楽にあわせて動画を撮影できる「Musicシャッター」というモードも使えます。Musicシャッターは今後、Androidでも使えるようになります。

MUSICで音楽をストーリーにつける手順

MUSICで音楽にストーリーをつけるのはとても簡単です。通常通りストーリーを撮影したら、編集画面でお好みの曲のスタンプを貼り付けるだけです。

iOSであれば、撮影時に撮影画面の下に表示されるオプションの「MUSIC」を選択すれば、Musicシャッターモードで音楽にあわせて撮影することができます。

スタンプが表示されない時の対処法

スタンプが表示されないときには、まずMUSIC機能を利用できる地域かどうかを確認しましょう。実は、日本ではまだMUSICを使うことができません。MUSIC機能を使える地域は拡大していく予定なので、日本で使いたい方はもう少し待ちましょう。

MUSIC機能が使える地域でスタンプが表示されない時には、アプリのバージョンを確認しましょう。古いバージョンを使用している場合には、MUSIC機能を使うためにアップデートが必要になります。

地域もバージョンも問題ないのにスタンプが表示されない時には、一度スマホを再起動してみましょう。

MUSIC以外で音楽をつける方法

上記のように、日本ではまだMUSIC機能を使うことができません。それでも音楽付きのストーリーを投稿する方法はあります。以下で見ていきましょう。

MixChannelなどのアプリを使う

VideoShowやMixChannelなどのアプリを使えば、簡単に音楽付きの動画を作成することができます。これらのアプリでは作成した音楽付きの動画をカメラロールに保存できるので、その動画をストーリーに投稿すれば音楽付きのストーリーを作成できます。

iPhoneの動画キャプチャを利用する

もしくはiPhoneの動画キャプチャを利用する方法もあるでしょう。iOS11以降では、新しく動画キャプチャ機能が追加されました。

動画キャプチャ機能を使うには、以下の方法で設定を行います。その後、コントロール センターから動画キャプチャを行い、カメラロールに保存された動画をストーリーに投稿すれば音楽付きストーリーを作成することができます。

  1. 「設定」を開く。
  2. 「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」をタップ。
  3. 「画面収録」をタップ。
  4. 「含める」の一覧の中に「画面収録」が確認できれば設定完了。

音楽を流しながら撮影する

バックグラウンドで「ミュージック」アプリなどを利用して音楽を流しながら動画を撮影することで音楽付き動画を作成する方法もあります。バックグラウンドで流された音楽をスマホのアプリが拾うことで、自然と音楽付きの動画を作成できます。

その後、保存された動画をストーリーに投稿すれば音楽付きストーリーを作成することができます。

インスタを楽しむために気をつけたい著作権

音楽付きストーリーの作成の際に気をつけたいのが、著作権です。違法な投稿を行わないためにも、著作権について確認しておきましょう。

インスタにおける著作権の対象

インスタグラムでは、投稿された写真や動画、文章や音楽全てが著作権の対象となります。もし許諾なしに著作権のある音楽などを投稿したら、最悪の場合には著作権法違反で罰金などが課せられることもあるので注意が必要です。

有名な曲を使いたいからといって、著作権法を無視した投稿は違法になるので、使う音楽の著作権については必ず確認が必要です。

著作権フリーの音楽を使う

音楽付きの動画を作成する時には、著作権フリーのものを使いましょう。「著作権フリー 音楽 素材」などのキーワードで検索すれば、さまざまなサイトでフリー素材を見つけることができるできます。

音楽をつけるとストーリーは劇的に変わる

日常の何気ない場面が投稿されることの多いストーリーは、音楽がつくと印象が変わってきます。MUSIC機能が日本で使えるようになる日を待ちながら、紹介したアプリやその他の方法を使って音楽付きストーリー投稿を楽しみましょう。

 

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME