煎茶の美味しい入れ方。初心者でもすぐできるコツと来客用の作法まとめ

2019.08.09

さわやかな香り・適度な苦み・うま味のバランスが魅力の煎茶。正しい入れ方を知っておくと、来客時や自分でお茶を楽しみたい時に便利です。この記事では煎茶の特徴や、おいしい入れ方、来客用の簡単な作法などをまとめてご紹介します。

煎茶とは?味や香りの特徴

煎茶は緑茶の一種で、日光を遮らずに栽培したお茶の葉を、蒸しながら揉んで加工したお茶のことを指します。緑茶にはほかにも玉露やかぶせ茶がありますが、その中でも煎茶は最もよく飲まれている定番のお茶です。

煎茶と深蒸し煎茶の違い

一般的な煎茶よりも長い時間(2~3倍)蒸したお茶は、深蒸し緑茶と呼ばれます。深蒸しすることによって、香りは弱まりますが、甘味が増し渋みが減ると言われています。

煎茶と玉露の違い

高級茶である玉露と、煎茶の違いは、お茶の葉の栽培方法にあります。煎茶は日光に当たったまま栽培されますが、玉露はお茶の葉に覆いをかぶせて日光を遮ります。

こうすることで、うま味成分であるテアニンが増加し、渋みの原因であるタンニンが減少します。煎茶と比べると、玉露の方が甘くて渋みが少ないお茶に仕上がり、手間がかかっている分高級品となります。

煎茶の美味しい入れ方

煎茶は、うま味や渋み、香りをバランスよく味わえる点が魅力です。お茶の味や香りを引き立てるための、正しい入れ方をして美味しくいただきましょう。

用意する道具

  • やかん(ポット)
  • 茶こし
  • 急須
  • 湯呑

道具は特にどんなものでも問題ありませんが、急須は人数分に適した大きさのものを用意しておくと便利です。デザインも大切ですが、持ちやすさなど機能面にこだわって選ぶと長く使えます。

茶こしは、目が細かいものを持っておくと、深蒸し茶などの茶葉が細かいお茶も入れられます。

美味しい入れ方

  1. 急須に茶葉を入れる。(1人前2g程度)
  2. お湯を湯呑に入れ湯冷ましする(80°前後)
  3. 湯冷ましした湯を急須に注ぎ入れる
  4. 30秒程度浸出する
  5. 廻し注ぎをする

煎茶は、ランクや銘柄によって適切なお湯の温度があります。上級煎茶と呼ばれる高級品は、うま味を引き出し、渋みを抑えるため低温で入れるのが正解です。普通煎茶は渋みが魅力でもあるため、高温のまま入れると香りと適度な苦みを楽しめます。

ティーバックタイプの入れ方

ティーバックの煎茶であっても、お湯の温度や蒸らし時間は茶葉の時と同じです。湯呑またはカップ1杯につきティーバックを一個入れ、80°のお湯を注ぎ蒸らします。最後に、3~4回振ってから出すと十分に味が出ます。

無理に絞ったりすると渋みが増してしまうので、そのままそっと取り出しましょう。ティーバックなら一人分でも手軽に入れやすく、後片付けも手間がかからず便利です。

煎茶を出す時の作法(マナー)

煎茶に限らずお茶には、お客さんに出すための作法(マナー)があります。自宅で来客に出す際、基本的なことを守るだけでもだいぶ印象は変わります。この記事では友人や知り合いをおもてなしする際、すぐにできる簡単な作法をご紹介します。

お盆に乗せて運ぶ

お盆は来客分の湯飲みを乗せても少し余裕がある大きさのものを用意しましょう。来客用には丸型のものが好ましいと言われています。

台所と来客室を何度も往復するのはあまり好ましくないため、必要なものはすべてお盆に乗せて運んでおくと良いでしょう。

道具を一式そろえる

湯呑は大きすぎない150ml以下のものが適しています。茶托は湯呑に合ったデザイン・サイズのものを用意しましょう。人数分同じものを用意しておくのが基本です。

茶こしは目が粗すぎると、茶葉がお茶の中に入ってしまいます。入れるお茶によって最適なものを用意しましょう。

お菓子と一緒に出す

お茶と一緒に出すお菓子は、和菓子や焼き菓子など甘みがあるものがベストです。洋菓子ならフォーク、和菓子なら黒文字など、お菓子に合わせて食べる道具も変えましょう。手が汚れたとき用のおしぼりも出すとより丁寧です。

正しい入れ方で煎茶を美味しくいただこう

煎茶は緑茶の中で最も多く飲まれており、香り・苦み・うま味のバランスが魅力のお茶です。嗜好品としてはもちろん、お客様へのおもてなしにも喜ばれます。入れ方を工夫するだけでお茶の良さが引き立つので、ぜひ実践してみてくださいね

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME