日本の美しさを体現?日本酒「鳳凰美田」を徹底解説

2019.08.11

皆さんは「鳳凰美田(ほうおうびでん)」という日本酒銘柄をご存知でしょうか?

日本酒は古くから大人にとって欠かせないコミュニケーションツールです。お酒の席において多くの銘柄を知っている方は、それだけで人脈を築けることがあるはずです。そんな場面で紹介する銘柄は、なるべく「トーク映え」するもの街良いでしょう。この記事ではトーク映え間違いなしの銘柄「鳳凰美田」について解説していきます。

鳳凰美田の始まり

(画像はイメージ)

日本語特有の美しい響きが印象的な鳳凰美田。飲む前からも銘柄がもつ上品さが伝わってきます。ここからは鳳凰美田の歴史や、蔵元が行なっている独自の製法を解説していきます。

創業は明治

鳳凰美田を製造している蔵元「小林酒造」は明治5年(1872年)に美しい自然に囲まれた栃木県小山市に創業。製造規模は創業当時から変わらず、少数精鋭で1本1本丹精を込めて酒造りが行われています。

設備にもこだわりがある

小規模で手作業を必要とする工程が多い鳳凰美田。その蔵元では独自の味わいを生み出すために、他の蔵元では数本しか用意されていないサーマルタンク(麹の発酵を精密に管理する設備)を20本設置しています。日本酒造りの最重要工程とされている「麹づくり」に非常に強いこだわりをもつ蔵元です。

純米大吟醸の人気銘柄

(画像はイメージ)

鳳凰美田の純米大吟醸は、非常に安定した品質と大吟醸らしいフレッシュな味わいで人気を博しています。丹念に仕込まれた純米とこだわりを持って作られた大吟醸の織りなす味わいは、若年層の日本酒ファンからも支持される上品にも支持される上品な仕上がりです。ここからはそんな鳳凰美田の純米大吟醸の中から人気のある銘柄をピックアップしてご紹介していきます。

赤判

赤判は鳳凰美田の純米大吟醸の中でも、特にフルーティー感に秀でた銘柄です。真っ赤なラベルからは想像できないほどみずみずしい果実感たっぷりの味わいと、山田錦特有の優しい口当たりは、「上品」という言葉をそのまま体現したかのような仕上がりです。後味はすっきりとしているため食事にも合わせやすい銘柄です。

  • 商品名:鳳凰美田 純米大吟醸 赤判 720ml(2019年5月詰め)
  • 参考価格:4,885円(税抜き)
  • Amazon商品ページ:こちら

Gold Phoenix

Gold Phoenixは鳳凰美田の数ある銘柄の中でも特にレアな銘柄です。風味はすっきりとした甘みと酸味を感じさせながらも、トロッとした口当たりと辛口な味わいが尾を引きます。余韻は短めでありながらもしっかりと存在感があり、濃いめの味付けの食事とも相性の良い万能な仕上がりです。

  • 商品名:鳳凰美田 純米大吟醸 Gold Phoenix 750ml(2013年)
  • 参考価格:5,000円(税抜き)
  • Amazon商品ページ:こちら

純米吟醸の人気銘柄

(画像はイメージ)

鳳凰美田の純米吟醸は、比較的リーズナブルな価格のラインナップが多く、日本酒初心者の方でも安心して購入することができます。しかしその分人気は非常に高く、販売店に仕入れられた時点で即完売してしまうことがあるので、見つけらたら即買いがおすすめ。ここからはそんな鳳凰美田の純米吟醸の人気銘柄を紹介していきます。

芳は純米吟醸らしい味わいと、鳳凰美田らしい上品さをバランスよく含んだ銘柄です。非常に優しい口当たりのため、日本酒が苦手な方でも美味しくいただくことができます。甘みは鳳凰美田特有の上品かつフルーティな仕上がりで、少し眺めの余韻は自然と広がるほど軽やかなものとなっています。

  • 商品名:鳳凰美田 純米吟醸 芳 720ml
  • 参考価格:3,300円(税抜き)
  • Amazon商品ページ:こちら

無濾過生酒

無濾過本生は全体的に軽やかな印象を受ける銘柄です。味わいは角の取れたわかりやすい旨みを楽しむことができ、風味は鮮明さを強く感じることができるシャープな甘みを内包しています。口当たりの軽やかさと余韻の軽やかさのバランスが良いのが特徴です。

  • 商品名:鳳凰美田 無濾過生酒 720ml
  • 参考価格:1,600円(税抜き)
  • 商品ページ:こちら

その味わいはまさに

(画像はイメージ)

鳳凰美田の味わいはまさに鳳凰のごとく上品なものです。小規模生産の強みを最大限に生かしたクオリティは、まさに傑作です。ぜひ一度鳳凰美田の銘柄を嗜んでみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME