トリュフオイルでパスタを作ろう!オイルパスタのおすすめレシピを紹介

2019.08.11

トリュフといえば三大珍味の一つ。高級食材なのでなかなか手が出ないですが、どんな味がするのが一度は食べてみたいと考えている方もきっと多いことでしょう。そんな方にはトリュフオイルがおすすめです。トリュフオイルを使えば手軽にトリュフの風味を楽しめるのです。この記事では、トリュフオイルの特徴やおすすめのレシピをご紹介します。

トリュフオイルの特徴

ではトリュフオイルとは、一体どのようなオイルなのでしょうか?

トリュフ風味のオリーブオイル

トリュフオイルとは、その名の通りトリュフ風味のオイルのことです。オリーブオイルのように使用することで、料理にトリュフの芳醇な香りが広がります。基本的に加熱するとこの香りが薄れてしまいますので、料理完成後の香り付けに使用するのがおすすめです。

ちなみに、トリュフオイルは、「トリュフをオイルに漬けこんだもの」のと「オイルにトリュフの香料を加えたもの」の2種類の製法があります。日本では主に香料を加えたほうが多いですので、製法を確認してから購入するようにしましょう。

黒と白のトリュフオイル

黒トリュフと白トリュフがあるように、トリュフオイルにも黒と白があります。どちらもトリュフオイルではありますが、香りに少し違いがあります

黒トリュフは主に加熱した食材用。白トリュフは主に生食用で使われることが多いので、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

業務用 黒トリュフオイル 凝縮タイプ

  • 商品名:業務用 黒トリュフオイル 凝縮タイプ 250ml
  • 参考価格:4,590円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

ヨーロッパトリュフ専門店の 白トリュフオイル

  • 商品名:ヨーロッパトリュフ専門店の 白トリュフオイル(本当のトリュフ入り) 100ml
  • 参考価格:2,900円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

トリュフオイルのパスタレシピ

トリュフオイルを使うならパスタ料理がおすすめです。トリュフの香りが食欲をそそります。簡単なレシピですので、ぜひ試してみてください。

ニンニクとチーズの効いたトリュフパスタ

黒トリュフをふんだんに使用したパスタです。ニンニクの香ばしさが食欲をそそります。

材料(2人分)

  • 黒トリュフ:30g
  • バター:30g
  • オリーブオイル:40g
  • ニンニク:1片
  • パルミジャーノチーズ(すりおろし):15g
  • 白トリュフオリーブ(あれば):少々
  • パスタ:300gくらい

引用:Cookpad「イタリア人の黒トリュフのパスタ」

作り方

  1. トリュフを軽く水洗いし、水分を切ってから薄切りと粗みじん切りに分ける
  2. フライパンでバターを溶かし、オリーブオイル、半分に切ったニンニクを加える
  3. ニンニクが香ばしくなったらみじん切りのトリュフを加え炒める
  4. パスタを茹でる
  5. ③にパスタのゆで汁、パルミジャーノチーズを加えよく混ぜる
  6. ⑤に茹でたパスタ、白トリュフオイルを加え混ぜ合わせる
  7. パスタを皿に盛り付け、薄切りトリュフとパルミジャーノチーズをまぶしたら完成

トリュフをふんだんに使用したパスタです。ニンニクとトリュフの味がしっかりしていますが、薄いようなら塩胡椒も加えましょう。

きのこを使ったクリームパスタ

トリュフもきのこの一種です。同じきのこ料理に合わないわけがありません。トリュフは入っていませんが、実際に入っているような気がしてきます。

材料(2人分)

  • パスタ(乾麺):160g
  • しめじ・しいたけ・エリンギ:適量
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 生クリーム:200cc
  • 粉チーズ:大さじ2
  • トリュフソース:大さじ2

引用:Cookpad「きのこのクリームパスタ トリュフソース」

作り方

  1. パスタをゆでる。
  2. フライパンにオリーブオイルを敷き、各種きのこ、生クリーム、粉チーズをとろみができるまで混ぜ合わせる
  3. トリュフソースを加え混ぜ合わせ、茹でたパスタを絡めたら完成

各種きのこだけではなく、実際にトリュフを入れてもいいでしょう。その場合は、香りを楽しむために後から振りかけるのをおすすめします。

トマトを使った冷製パスタ

トマトならナポリタンもいいですが、冷製パスタの方がトリュフの香りを楽しめます。サッパリ食べられますので、暑い夏におすすめです。

材料(2人分)

  • 細めのパスタ:適量
  • 瓶詰めのトマトソース:1/2瓶
  • トマト:1-2個
  • きゅうり:1本
  • バジル:適量
  • トリュフオイル適量
  • クレイジーソルト:適量

引用:Cookpad「冷たいトマトのパスタ」

作り方

  1. トマト、きゅうりを細かくきざむ
  2. トマト、きゅうり、ちぎったバジル、トリュフオイル、クレイジーソルトをトマトソースと合わせる
  3. 茹でたパスタを氷水で締める
  4. ソースとパスタをよく絡ませ完成

夏野菜としてトマトときゅうりを使用しましたが、ナスやオクラなどを加えてもいいでしょう。

また、クレイジーソルトが無ければ一般的な塩でも問題ないと思います。その場合は味の深みが出ませんので、胡椒、玉ねぎのみじん切り、ニンニクなども加えて味に深みを出しましょう。

他にも美味しいトリュフオイル料理

トリュフオイルが合うのはパスタだけではありません。他にも、トリュフオイルを使用した料理を紹介します。

塩とトリュフオイルの冷奴

冷奴を食べるならトリュフオイルをかけて見てはどうでしょうか?

オイルがかかることで、クリームのような濃厚な食感になります。豆腐は香りも少なく、トリュフの香りをそのまま感じることができるでしょう。トリュフの香りを楽しめるよう、味付けは塩でお試しください。

トリュフ風味オムレツ

トリュフ風味オムレツもおすすめです。有名レストランのようなちょっとした高級感を楽しめます。

作り方は、溶いた卵を丸めるだけです。トリュフオイルで卵を焼いて、オムレツの形に仕上げましょう。具材にきのこやグリーンピースなどを入れれば、より美味しくなります。

トリュフオイルを使ったホイル焼き

濃厚なトリュフの香りが楽しみたいなら、オイル焼きもおすすめです。肉や魚、野菜やきのこと一緒にトリュフオイルを入れて焼きましょう。

ホイルを開くと、湯気と一緒にトリュフの香りが部屋全体に充満します。

トリュフオイルで高級感を楽しもう

トリュフは、マツタケと同じく香りを楽しむ「きのこ」です。芳醇な香りはとても食欲をそそります。生のトリュフを購入するよりもリーズナブルにトリュフを楽しむならトリュフオイルがおすすめです。ぜひ、普段の食事にトリュフの香りを加えてみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME