キリマンジャロコーヒーは酸味が強い?特徴とおすすめの飲み方を紹介

2019.08.08

キリマンジャロコーヒーはブルーマウンテンやコナコーヒーと並び、世界3大コーヒーと言われるコーヒー豆です。この記事ではキリマンジャロコーヒーの味と香りの特徴の他、より美味しさを堪能できるおすすめの飲み方も紹介していきます。

キリマンジャロコーヒーの特徴は?香りや味

世界3大コーヒーの一つであるキリマンジャロコーヒーは、スーパーやカフェでもよく見かけることのある馴染み深いコーヒーです。

産地はタンザニア

キリマンジャロコーヒーは、タンザニアにあるキリマンジャロ山で採れるコーヒー豆からできています。標高が1,500m以上と高い位置で採れるので、寒暖差によって高品質なコーヒー豆になると言われています。

タンザニアのキリマンジャロコーヒーは有名ですが、世界的にみるとその収穫量はとても少なく、全体の1%程度にしか満たないとされています。

酸味の強い味わいが特徴的

キリマンジャロコーヒーの一番の特徴は、何といってもその強い酸味です。口に含んだ瞬間から鼻から抜けていく酸味は、まさに大人のコーヒーの香りです。

その酸味ゆえにキリマンジャロコーヒーを苦手とする方も少なからずいますが、煎り具合によって香りも変化します。きっとお気に入りのキリマンジャロコーヒーを見つけることができるはずです。

柑橘系の甘めの香りがする

キリマンジャロコーヒーは、強い酸味を持つ一方で柑橘系のようなフルーティーで甘めの香りも持ち合わせています。

その酸味と甘みのバランスの良さも、キリマンジャロコーヒーが世界3大コーヒーとして人気を博す理由の一つになっているでしょう。

キリマンジャロコーヒーの値段は?

収穫量が少なく希少とも言えるキリマンジャロコーヒーですが、日本でも簡単に手に入れることができます。

価格はリーズナブル

キリマンジャロコーヒーの価格は何千円もするわけではありません。試しにキリマンジャロコーヒーを飲んでみたいと考えている方でも手が届きやすい価格なので、より魅力的に感じることでしょう。

豆タイプ

キリマンジャロコーヒーの香りと味わいを堪能したいのであれば、やはり豆の状態のものを挽いて淹れるのがおすすめです。

自宅にコーヒーミルやドリップフィルターなどのアイテムがあるのであれば、ぜひ豆の状態のキリマンジャロコーヒーを買ってコーヒーを淹れてみてください。

  • 商品名:カルディ 焙煎珈琲 キリマンジャロ 中煎り
  • 容量:200g
  • 参考価格:1,298円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

インスタントタイプ

もっと手軽にキリマンジャロコーヒーを楽しみたいという方におすすめなのは、インスタントタイプのコーヒーです。

コーヒーミルを始めとするアイテムがなくても作れますので、飲みたいときにさっと作ってコーヒータイムでくつろぐことができます。

  • 商品名:キャピタル シングルオリジン キリマンジャロ
  • 容量:60g
  • 参考価格:1,080円
  • Amazon商品ページはこちら

キリマンジャロコーヒーのおすすめの飲み方

キリマンジャロコーヒーの香りや味わいは一つだけではありません。焙煎度合いは淹れ方によって、その美味しさは変化します。おすすめはミルクなどをいれずにそのままストレートで飲むことです。その方が香りをより楽しめます。

焙煎度合いで味わいが変わる

キリマンジャロコーヒーは焙煎すればするほど味わいが濃くなります。どのコーヒーにも言えることですが、焙煎が浅いとコーヒー豆の焦げ感が少なくなるので、あっさりした味わいになる傾向があるのです。

さっぱり派はミディアムロースト

すっきりとした飲み心地が好みだという方は、ミディアムローストやハイローストといった浅煎り~中煎りくらいの焙煎度合いのものがおすすめです。

焙煎度合いが浅いと、酸味が引き立ちます。さっぱりとリフレッシュしたいときに飲むのにはぴったりのキリマンジャロコーヒーとなるでしょう。

濃厚派はシティローストで

ずっしりとした味わいが好みの方であれば、シティローストやフレンチローストと呼ばれる深煎りのタイプがおすすめです。

焙煎度合いが深くなると、焦げ感が増しキャラメルに近い風味をかもし出すようになります。コクも増すので、より濃厚で深みのある味わいのキリマンジャロコーヒーになります。

美味しく淹れるコツ

キリマンジャロコーヒーの香りを引き立たせるコツは、お湯の温度を上げすぎないことです。ポットのお湯をそのまま入れると熱すぎることがあります。

大体80度くらいの温度がちょうどいいとされていますので、ポットのお湯を別容器に入れて少し冷ましてから淹れることをおすすめします。

キリマンジャロコーヒーのゼリーが人気

キリマンジャロコーヒーはただ飲むだけではなく、コーヒーゼリーとしても使われることがあります。今話題のコーヒーゼリーについて紹介します。

カルディオリジナルのゼリーが話題に

コーヒーショップのカルディでは、夏季限定でコーヒーゼリーを販売しています。濃厚なキリマンジャロコーヒーの味わいとクリーム・シュガーが相まって、絶妙な美味しさを生み出すと話題になっています。

  • 商品名:マサマキリマンジャロ コーヒーゼリー
  • 容量:210g
  • 参考価格:297円(税込)
  • カルディ公式オンラインショップはこちら(現在は品切れ中)

売り切れ必至でなかなか手に入らない

このマサマキリマンジャロコーヒーゼリーは、カルディ公式オンラインショップで売り切れになっているように、他の通販サイトでも売り切れ続出です。

なかなか手に入らないことでも有名なので、店舗で見かけた場合やオンラインショップで再入荷した場合は購入してみるといいかもしれません。

キリマンジャロコーヒーは深い味わいの逸品

キリマンジャロコーヒーは強い酸味とほのかな甘みが特徴的な高品質のコーヒーです。

焙煎度合いによって好みの味わいのものを堪能することができるので、キリマンジャロコーヒーを飲んだことがないという方にこそ飲んでみて欲しい逸品です。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME