スニーカー好きなら防水スプレーは欠かせない。効果とおすすめをチェック!

2019.08.07

防水スプレーは雨を防いでくれるといっても、乾かす必要があり、面倒な印象が付きまといます。しかし、正しく使うことによって、靴を汚れからも守ってくれるものです。防水スプレーの使い方や特徴などを解説していきます。

防水スプレーについて

吹きかけるだけで雨の日の浸水を防いでくれる防水スプレーは、スニーカーにももちろん使え、専用のものもあります。

一見同じように見えても、いくつかの種類やあまり知られていない意外な効果がある防水スプレーには、どんな特徴があるのでしょうか。

フッ素系とシリコン系がある

防水スプレーは、使われている素材から『シリコン系』と『フッ素系』の2種類に分けられます。

シリコン系のスプレーは、内部ではなく表面に膜を作るようなイメージで繊維の隙間を埋め、水が入ってこないようにする仕組みのものです。

効果がそれなりに持続するため、コストパフォーマンスに優れる一方で、通気性が悪化してしまう欠点を持っています。

フッ素系の防水スプレーは、吹きかけるフッ素樹脂が非常に小さな物質なので、樹脂が繊維の隙間に入り込み、繊維をコーティングすることで防水効果を発揮する製品です。

シリコン製のスプレーに比べ乾くのに時間がかかりますが、通気性に優れ、通気性が生命線となるレザースニーカーに対しては、フッ素系の防水スプレーのほうが適していると言えます。

汚れを防止してくれる効果も

防水スプレーには、水を防ぐ以外にスニーカーが『汚れることを防止』する効果も期待できます。これは雨から足を守るのと同じように、シリコンの膜やフッ素による繊維のコーティングが、靴に汚れが付着するのを防いでくれるからです。

防水スプレーの効果には期限がありますが、汚れを防ぐ効果も同じように薄れていきますので、メンテナンスの手間を省きたいなら、定期的にかけて使うと良いでしょう。

使う頻度はどれくらい?

防水スプレーの使用頻度は、概ね『2~3日に1回』程度です。雨が降った場合には都度かけ直す必要があります。

フッ素を使用した防水スプレーを使用しているなら、乾くまで時間がかかるため、前日の夜に吹きかけておくなど、出勤に合わせて計画的に利用しましょう。

また、フッ素でもシリコンでも、防水スプレーを使用する際には、成分を吸い込んでしまわないように注意し、換気しやすい場所での使用がおすすめです。

スニーカーに合った防水スプレーの選び方

シューズの色に合わせて販売されている、用途を限定した専用のスプレーや、速乾性を謳うものなど、防水スプレーにも多様な製品が存在します。そんな中から1本を選ぶなら、どんな選び方をすれば良いのでしょうか。

専用のものだと安心

100円ショップや薬局、ホームセンターなどで防水スプレーは販売されていますが、防水スプレーの性質によってはスニーカーに合わないケースもあります。

自分の履いているスニーカーに合致する『専用のスプレー』があるなら、それを使っておけば、まず安心です。

また、汎用のものを使う際は靴との相性を考慮し、レザーにシリコン系のスプレーを使用しないようにしたり、色付きの製品ならスニーカーの色に合わせて選ぶと良いでしょう。

便利な速乾性のものも

防水スプレーは、吹きかけてから乾くまで、時間がかかります。シリコン系のスプレーは比較的早く、フッ素系の場合には丸1日かかるような製品もありますが、早いものなら『20~30分程度』で乾き、履けるものもあります。

20分で乾くのなら、雨の日の出勤前に吹きかけておき、朝食後すぐに履いて出ることも可能なので、速乾性にこだわり、製品を選ぶのも良いでしょう。

防水スプレーを使った防水のやり方

実際に防水スプレーを使って、スニーカーに防水処理を施す際の手順や、注意点を解説していきます。

事前に汚れを落とそう

防水スプレーに手を伸ばす前に、まずは汚れを落としておきましょう。汚れたままのスニーカーに防水スプレーを吹きかけてしまうと、『汚れの上からコーティング』することになってしまい、防水スプレーが上手く効果を発揮できません。

ほこりや軽い汚れ程度なら、ブラシや消しゴムなどを使って簡単に落とせます。汚れがひどい場合には、素材に合わせて手入れし、清潔にしてから防水スプレーを使いましょう。

ムラなくスプレーして乾かす

スニーカーがきれいになったら、スプレーを吹きかけていきます。防水スプレーを使う時には、スニーカーから『20cm程度』離れたところから、全体に『ムラなく』かかるようにして吹きかけていきましょう。

なお、吹きかける際には『防水スプレーによる中毒』に注意が必要です。防水スプレーに使われているフッ素やシリコンは、吸い込んでしまうと呼吸困難に陥ったり、肺炎などの症状に繋がることがあります。

締め切った屋内での使用は避け、可能な限り屋外を選び、マスクなどを着用した上で作業を行いましょう。

シミに気をつけよう

防水スプレー自体に色がついているケースや、シリコン系の防水スプレーをレザー製のスニーカーに吹きかけた場合などには、『表面が白く』なってしまったり、変色する事例が報告されています。

そのため、スプレーを使う前に、あまり影響のない箇所に少しだけ吹きかけてみて、変色したりシミになったりしてしまわないか、確かめることをおすすめします。

大事なスニーカーを台無しにしないためにも、スプレーをしっかり選び、テストを行ってから使用すると良いでしょう。

おすすめの防水スプレー

数多く販売されている防水スプレーの中から、汎用性が高く長い歴史から信頼性のある防水スプレーと、速乾性があり高い防水性能を謳うスプレーの2本を紹介します。どちらもフッ素を使用したもので、レザーのスニーカーにも安心して使えます。

コロンブス アメダス プロテクティブスプレー

コロンブスの『アメダス プロテクティブスプレー』は、キャンバスや布のスニーカーはもちろん、レザーのスニーカーにも使える製品で、フッ素による撥水性で雨や汚れからスニーカーを守ってくれます。

1987年に発売されて以来ロングセラーなこともあり、効果は折り紙付きです。スプレー缶部分にはアルミを採用し、使用頻度などにあわせて、最小の60mlから420mlまで、3種類の容量から選んで購入可能となっています。

  • 商品名:コロンブス アメダス プロテクティブスプレー オールマイティー(60mL)
  • 価格:514円(税込)
  • 楽天:商品ページ

クレップ プロテクト 防水スプレー

『クレップ プロテクト 防水スプレー』は、2013年にイギリス・ロンドンに設立された『クレップ プロテクト』による防水スプレーです。

フッ素系撥水剤を利用した透明なバリアを形成してスニーカーを保護し、雨はもちろん、シミなどほとんどの液体から靴を守ってくれます。

30分程度で乾く速乾性も製品の特徴の一つで、20cm程度離れた位置からのスプレーと30分の乾燥を2度繰り返すことが推奨されています。

なお、イギリスのブランドながら生産地は日本国内です。販売サイトで見られる商品動画では、トマトケチャップからも靴を守っている様子が映されていて、防水性に対する自信が伺えます。

  • 商品名:クレップ プロテクト 防水スプレー 200ml
  • 価格:2160円(税込)
  • 楽天:商品ページ

防水スプレーを活用しないのはもったいない

防水スプレーは、雨の日に浸水を防いでくれるだけではなく、シミや泥など汚れからも守ってくれることがわかりました。

乾くまでの時間や、使用に際しての注意点などもいくつかありますが、靴が汚れづらくなりメンテナンスの頻度も減らすことができます。ぜひ防水スプレーを活用して、汚れと雨からスニーカーを守ってください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME