釣り道具の天秤はなぜ必要?天秤の役割や使い方などを解説

2019.08.08

釣り道具の1つに天秤があります。初心者には、まだ天秤を使ったことが無い人も多いのではないでしょうか?天秤には、さまざまな種類があり、狙いたい魚や釣りの種類によっては、重要な道具です。初心者にもわかりやすく天秤の役割と使い方を解説します。

釣りで使う天秤の役割とは?

釣りで使われる天秤は、主に砂浜・磯・堤防などの釣り場から仕掛けを遠投する釣り方である『投げ釣り』で活躍します。

天秤は、錘と金具のアームで作られており、仕掛けを遠くに投げるのに最適なのです。

ここでは、釣りで使う天秤の役割について解説します。

天秤は何のために使用するのか

天秤を付けることで、エサを装着した仕掛けを遠くに飛ばすことが可能です。そのため、遠沖や深場に生息する魚を狙うのに適しています。また、10~60mの比較的近い場所に投げるちょい投げ釣りにも、もちろん使えます。

天秤を使用する目的は、単に仕掛けを遠くに飛ばすだけではありません。投げ釣りを始めとする釣りでは、仕掛けが長ければ長いほど絡まりやすくなります。

しかし、天秤を使うことで『仕掛けを絡まらせることなく魚付近まで投げる』ことが可能になります。では次の項では天秤の種類や選び方などを解説しましょう。

選び方が重要。効果や欠点を知ろう

天秤には、大きく分けると弓型とストレート型の2つの形状があります。

弓型天秤は、古くから船釣りで使われてきたタイプです。弓型のアームが、魚が掛かってからの衝撃を吸収するため、ハリス切れ防止効果が高く、ロングハリスを使った置き竿釣りでは、船の揺れによる仕掛けの動きを抑えてくれる効果もあります。

しかし、その反面、魚がエサに食いついたときには、錘が跳ね上がってしまうので、道糸を引く力は小さくなる傾向があります。

ストレート型の天秤は動かしたい分だけ、任意の幅で動かせるのが特徴です。そのため、横にスムーズに動かせます。

魚が掛かったときには、弓形に比べるとハリスが切れやすい点がデメリットですが、最近のハリスは強くなってきたのでストレート型の天秤を使う人も増えています。

天秤の種類はさまざま

天秤には、弓形・ストレート型といった形状の種類のほかにも、遊動式・固定式・半遊動式など動きによっても、いくつかの種類に分けられます。

それぞれの種類によって特徴が異なるため、釣りスタイルに応じて、適した種類を選ぶことが大切です。

天秤の主な種類は下記のとおりです。

  • ジェット天秤
  • スパイク天秤
  • L型・逆L型天秤
  • クッション付き天秤
  • 船テンビンK型
  • 片天秤

ここでは、主な天秤の種類3つを紹介します。

L型、逆L型

アームがL字の形状のL型・逆L型天秤は、投げ釣りで使用される天秤の種類のなかでも、1番仕掛けが絡みづらいのが特徴です。

また、L型天秤は、糸の結び方によって、仕掛けを固定したり、遊動式にしたりと、状況によって使い分けることができます。

スパイク天秤

『スパイク天秤』は、錘部分のスパイクがしっかりと海底に止まります。また、水の抵抗を受けにくいデザインなので、水に流されることが少ない点が特徴です。

しかし、空気抵抗を受けやすいため、ジェット天秤などの距離を飛ばせる天秤に比べると飛距離が伸びません。また、根がかりしやすいのもデメリットと言えるでしょう。

クッション付き

『クッション付き天秤』は、思いがけずに大型魚が掛かったとき、クッションゴムが力を和らげるため、ハリス切れにも対応できます。また、短い竿で足元の魚を釣るときにも有効です。

ジェット天秤を知ろう

たくさんある天秤の種類の1種である『ジェット天秤』は、錘とアームが一体になっています。そのため、天秤機能だけでなく錘機能を兼ね備えた投げ釣り用の天秤として人気があります。

ここでは、投げ釣りでよく使われるジェット天秤について解説します。

投げ釣りに使用する理由とは

ジェット天秤はなぜ投げ釣りに使用されるのでしょうか?ジェット天秤には、独特の形状の錘が付いており、その形状が仕掛けの根掛かりを防止するからです。

ジェット天秤の錘の上部分には、プラスチックで作られたウィングが3枚セットされています。このウィングは、巻き上げて仕掛けを回収するときに水の抵抗によって浮き上がるため、より早く仕掛けを海底から回収できます。

竿のオモリ負荷に注意

ジェット天秤を使った投げ釣りには、ジェット天秤・仕掛け・エサが必要です。ジェット天秤には、錘が付いているため、竿の指定する錘負荷数を事前に確認してから購入しましょう。

万が一、竿の錘負荷数以上のジェット天秤を付けて投げてしまった場合、竿が破損する可能性もあるので注意していください。

狙う魚ごとの使い方

天秤には種類がたくさんあり、釣り場所だけでなく、自分が釣りたい魚の種類に合わせたものを選ばなくてはなりません。なぜならば、天秤の長さによって、その天秤で狙える魚はある程度決められてしまうからです。

天秤の種類によって適したターゲットがある程度は決まってくるので、天秤選びは慎重に行いましょう。

ここでは、狙う魚ごとの使い方について紹介します。

片天秤を使ってハゼ釣り

ちょい投げでハゼ釣りを楽しみたい人は、『片天秤』がおすすめです。片天秤は『固定式天秤』とも呼ばれ、道糸と仕掛けを直接天秤に結び付けるのが特徴です。

ジェット天秤よりも道糸と仕掛けの間の距離が広いため、より仕掛けの絡み防止ができます。また、片天秤は置き竿よりも、持ち竿での釣りに向いているため、スタイルに合わせて選択しましょう。

キス釣りのポイント

キス釣りには、『固定式L型天秤』または、『半遊動式天秤』の2種類を使い分けましょう。

釣り場とキスの居場所の状況を把握するためには、しっかりとアタリを感じられる半遊動式天秤をメインに使用します。

また、アタリがあるのになかなかキスが掛からない時には、固定式L型の方がよく釣れることがあります。

取り出しやすいよう綺麗に収納しよう

天秤は、他の釣り道具と一緒に収納してしまうと、絡まりやすくなります。そのため、「いざ使おう!」としたときに、絡まりをほどく作業から始めなくてはならなくなり、準備に手間取ってしまう可能性があります。

絡まることなく、取り出しやすくするためには、天秤のサイズに合った収納ケースを活用しましょう。収納ケースを使えば、釣り場での仕掛けの準備がより早く終わります。

また、大事な釣り道具である天秤の破損や変形から守ることも同時にできます。ここでは、天秤の上手な収納方法2つを紹介します。

ソフトタイプの錘ケースが便利

ソフトタイプの錘ケースは、立体的に成形されたケースに比べて、かさばることなく天秤を収納できます。天秤には錘が付いているため、ケース自体に重さがあるとさらに持ち運びに不便さを感じてしまうでしょう。

ソフトケースは、ケース自体も軽めに作られたものが多く、また、ケース内は小分けの収納ポケットが設けられているため、絡まりやすい天秤も1つずつ綺麗に収納可能です。

ただし、手持ちの天秤のサイズに合わせたサイズのケースを購入しないと、天秤が折れて破損や変形してしまうことも考えられます。

しっかりと天秤のサイズと錘ケースのサイズを照らし合わせてから購入しましょう。

無印良品の小物入れに立てて収納

手軽に天秤収納ケースを購入したい人は、『無印良品』の小物入れを活用して収納しましょう。

無印良品の小物入れは、手頃な値段でありながらシンプルなデザインに優れ、使い勝手が抜群です。いろいろなサイズが展開されているので、天秤の大きさに合ったものを探しやすいという点もおすすめの理由として挙げられます。

小物入れの開口部が広いため、大きめのサイズの天秤の出し入れもしやすく、また、ケースに立てて収納することで場所を取りません。

天秤の形状を変形させる心配もなく、1つずつケースに収納することで絡まりを防ぐこともできます。

  • 商品名:ポリプロピレンコットン・綿棒ケース 約107×72×77mm
  • 価格:150円(税込み)
  • 無印良品公式HP:商品ページ

天秤は自作もできる?

天秤を自分でも作れるのでしょうか?天秤は、あらかじめ作られている完成品だけではありません。完成品は、手軽に天秤を購入できるというメリットがありますが、自分で天秤を作ることで、より魚が掛かりやすくなることもあります。

特に経験者・上級者は、釣り場・対象魚に合わせてオリジナル天秤を制作している人も多く見られます。

とは言え、初心者にとっては、天秤を自分で作ることに抵抗がある人もいるでしょう。しかし、誰でも天秤を手軽に作る方法があります。ここでは、初心者でも手軽に取り組める自作天秤を作るために役立つ情報を2つ紹介します。

手作り天秤の作り方を動画でチェック

手作り天秤の作り方を紹介した動画がYouTubeなどでもたくさんUPされています。紹介する動画は、キス・ハゼ釣りでのちょい投げ釣りに最適な天秤の作り方を詳しく紹介しています。

アングラーのブログも参考に

アングラー(釣り人)のブログでも、自作天秤の作り方を紹介しています。アングラーたちは、日々どのようにすればより釣果を上げられるかということを考えチャレンジしています。

ここで紹介するアングラーのブログでは、ステンレス線0.8mmとラジオペンチ・普通のペンチ、そしてスナップサルカンさえ準備すれば、誰でも手軽に手作り天秤が作れる方法が紹介されています。

また、必要な道具とともに、自作天秤の作り方の手順に沿ってわかりやすく写真がUPされているので、難易度もあまり高くないのが特徴です。

手作りのオリジナル天秤を持って、釣りへ出かけてみましょう。

妄想自作系釣りバカ日誌: 自作天秤バージョンアップ

天秤を使いこなして、ターゲットを逃さない

ちょい投げ釣りをはじめとする投げ釣りは、仕掛けが長いため、天秤は必要不可欠です。また、天秤には錘が付いているため、仕掛けを遠くまで投げられます。

天秤にはいろいろな種類があり、それぞれの特徴をよく知って使いこなせば、ターゲットを逃しにくくなるので、釣果UPのためにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME