スピーカーはホームシアターの肝!スピーカーの基本の知識を紹介

2019.08.10

自宅で映画館さながらの大迫力、臨場感を楽しむことができるホームシアター。導入に必要な機材がいくつかある中で、最も重要な機材がスピーカーです。映画を楽しむために欠かせない音響効果を司るスピーカーは、ホームシアターの機材を揃える上での「肝」といえます。この記事ではそんなホームシアターの花形であるスピーカーについて解説していきます。

ホームシアタースピーカーの基本

ホームシアターを導入するに当たって、スピーカーはスクリーン、プロジェクターと並んで必須の機材です。映画を鑑賞する設備としては他2つの機材がメインとして捉えられがちですが、ホームシアターの特徴である大迫力を完成させるためには優れた音響設備が必要不可欠です。ここからはそんなホームシアタースピーカーの基本について解説していきます。

タイプは3つ

ホームシアタースピーカーは主にバー、マルチ、セパレートの3種類が存在しています。

バータイプはその名の通り棒状のスピーカーであり、サイズもコンパクトなため場所を取らないメリットがあります。

マルチスピーカーは複数台の大型スピーカーを設置して臨場感を楽しむことができ、最も映画館に近い音響効果を得ることができます。

セパレートタイプは2種類のスピーカーを重ねておくことで立体感のあるサウンドを楽しむことができ、バラしておけばより広がりのあるサウンドを楽しむことができます。

低音再生用のスピーカーが必須

ホームシアタースピーカーに必須の設備、それが低音再生用のスピーカー「ウーファー」です。通常のテレビ鑑賞ではあまり重要視されていない低音ですが、迫力あるサウンドが求められる映画もといホームシアターでは、どっしりとした低音を再生できるウーファーが重要な役割を果たします。基本的にどのタイプにも搭載されていますが、安価なモデルなどでは出力の弱いものもあるため確認するようにしましょう。

ホームシアタースピーカーの数

ホームシアタースピーカーは基本的に1つではなく、複数個配置することによって迫力ある音響効果を得ることができます。スピーカーの数によっても明確な違いがありますので、ここからはホームシアターのスピーカーの数に応じた特徴を解説していきます。

2つの場合

スピーカーが2つの場合は「2.1ch」と呼称されます。2つのスピーカーを画面の左右に配置するシンプルなものとなっており、初心者の方でもあまり手間取ることなく設置することが可能です。小さめの部屋をホームシアターにする場合にはぴったりのボリュームです。

おすすめの商品

  • 商品名:東芝 ホームシアタースピーカー REGZAサウンドシステム RSS-AZ55
  • 参考価格:26,765円(税込)
  • Amazon:こちら

5つの場合

スピーカーが5つの場合は「5.1ch」の呼称されます。この場合はスピーカーが四方に分散しており、加えてセンターにもスピーカーを配置することになるため、非常に圧力のあるサウンドを楽しむことができます。2.1chよりも臨場感を求めている方におすすめです。

おすすめ商品

  • 商品名:ヤマハ サウンドバー 4K HDR対応 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-108(B) YAS-108(B)
  • 参考価格:26,444円(税込)
  • Amazon:こちら

7つの場合

スピーカーが7つの場合は「7.1ch」と呼称します。部屋全体にスピーカーを配置することで、前述した2種類の規模とは比べ物にならない大迫力のサウンドを楽しむことができ、本物の映画館同様の空気を味わうことができます。より本格的なホームシアターを目指している方におすすめのシステムです。

おすすめ商品

  • 商品名:ソニー SONY サウンドバー 7.1.2ch Dolby Atmos NFC Bluetooth ハイレゾ対応 ホームシアターシステム HT-ST5000 (2017年モデル)
  • 参考価格:137,135円(税込)
  • Amazon:こちら

ワイヤレス接続の場合

イヤホンやヘッドホンに限らず、近年はホームシアターのスピーカーにもワイヤレス接続機能が搭載され始めています。面倒な配線をいじらなくて済むので初心者にも優しい機能で、配線が無いインテリアとしてはすっきり見せることができるのがメリットです。

一方で、便利なワイヤレス接続には「不意に音が途切れる」や「他機材との互換性がない」など、ワイヤレス機器特有のデメリットも少なからず存在しています。あまり動かすことのない機材なので音が途切れるなどのアクシデントはあまり起こりませんが、互換性については機材を購入する際にしっかり確認することをおすすめします。

スピーカーにこだわって迫力の音響を楽しもう

ホームシアターは大きなスクリーンを購入するだけでは完成しません。映画館さながらの迫力を楽しむためには、映像機器に加えて、音響機器を整える必要があります。ホームシアターの購入を検討している方は、ぜひ音響にも注目して理想のホームシアターをつくりあげてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME