余ったクリームチーズは冷凍保存しよう!保存期間や正しい解凍方法とは

2019.08.10

購入したクリームチーズを賞味期限以内に使い切れない…そんな時には冷凍保存をしましょう。クリームチーズも野菜や肉と同様に正しい方法で冷凍すれば、長期間保存することができます。この記事では、クリームチーズの冷凍保存の方法、解凍方法についてご紹介します。クリームチーズが余った時にはぜひ実践してみてください。

クリームチーズの冷凍保存と保存期間

余ったクリームチーズを容器のまま冷凍庫に入れると、解凍後にボロボロになったり風味が落ちてしまいます。冷凍保存する時は、解凍後も美味しく食べられるように保存方法に気をつけましょう。

クリームチーズの冷凍保存方法

クリームチーズを冷凍保存する手順はこちら。

  1. まず1回に使う分量に切り分けてしてください。
  2. その後、一つずつラップで空気が入らないようにぴったりと包んでください。
  3. それをフリーザーバッグに入れ、冷凍庫に保存してください。

1回分の分量に切り分ける際は、なるべく薄く切るのがおすすめです。中心部まで早く冷凍することができ、使用する際も早く解凍することができます。

また、フリーザーバッグに入れて冷凍庫に保存する際、アルミのトレイの上に乗せて冷凍すると冷凍スピードを早めることができ、チーズの鮮度をより保つことに繋がります。

冷凍クリームチーズの保存期間

冷凍保存するといっても、半年のような長期間の保存はおすすめできません。保存期間が長くなればなるほど、どうしても解凍後の味・食感が劣化してしまうためです。冷凍後は1ヶ月以内を目安に食べきることをおすすめします。

冷凍クリームチーズの解凍方法

冷凍したクリームチーズを美味しく食べるためには、解凍方法にも留意する必要があります。誤った解凍の仕方をすると、クリームチーズがボロボロになり風味が劣化することもありますので、美味しく食べるための解凍法をご紹介します。

おすすめのクリームチーズの解凍方法

冷凍したクリームチーズは、まず冷蔵庫に移動させて冷蔵庫内でゆっくり解凍させましょう。解凍したクリームチーズは、どれだけゆっくり解凍しても、多少は水分とチーズの油分が分離してしまいます。そのため、室内の常温や電子レンジは使用せず、冷蔵庫でゆっくりと解凍させましょう。

解凍後は分離した水分とクリームをよく混ぜ合わせると、水分とクリームが再び混ざり冷凍前のクリームチーズに戻ります。

解凍したクリームチーズの注意点

購入したてのクリームチーズは、レアチーズケーキやクラッカーにのせたりと、生のまま使用することが多いですが、解凍したクリームチーズはなるべく加熱調理用に使うようにしましょう。

一度分離したクリームチーズは、冷凍前のクリームチーズより風味は少なからず劣化していますので、生で食べるとその変化が顕著にわかります。加熱調理用であれば、クリームチーズの濃厚さやコクをそのまま味わえるので、パスタやベイクドチーズケーキなどの加熱調理に使うのがおすすめです。

冷凍クリームチーズの活用レシピ

ここからは、冷凍したクリームチーズの活用レシピを紹介します。

そのまま食べる冷凍クリームチーズアイス

冷凍したクリームチーズを解凍せずにそのまま食べる方法です。厚みがあると硬くて噛み切れないこともあるので、5mm程度に薄くスライスして食べてみてください。クリームチーズのコクが濃縮されて生のクリームチーズとは違った味わいが楽しめます。トッピングとしてはちみつやジャムをかけるとさらにデザート感が増します。

ボロボロでも大丈夫。クリームチーズパスタ

もし解凍に失敗しても、加熱調理することで美味しく食べられます。クリームチーズを使ったクリームパスタの作り方を紹介します。解凍したクリームチーズがボロボロになってしまったら試してみてください。

材料(2人前)

  • スパゲティ:200g
  • 塩:小さじ4
  • 生クリーム:200ml
  • 冷凍クリームチーズ:40g
  • コンソメ:小さじ2
  • 粉チーズ:大さじ2
  • ブラックペッパー:適量

作り方

  1. 塩を入れ沸騰したお湯でスパゲッティを表記時間通り茹でます。
  2. フライパンに冷凍クリームチーズと生クリームを入れて火にかけながら混ぜ合わせます。
  3. 煮立ってきたら茹で上がったスパゲッティとコンソメを入れて混ぜます。
  4. スパゲッテイとソースが馴染んだら、皿に盛り付けて粉チーズとブラックペッパーをかけて完成です。

クリームチーズは冷凍して無駄なく活用しよう

余ったクリームチーズは冷凍保存することで賞味期限を過ぎても美味しく食べることができます。購入したクリームチーズが余った時にも、捨てずに冷凍して色々な料理にアレンジしてみましょう。解凍の際には、レンジは使用せず、冷蔵庫でゆっくり解凍してフレッシュさを損なわないようにしましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME