世界中で愛される紅茶「アッサム」の美味しい入れ方とは?

2019.08.10

世界中で愛されている紅茶の種類の一つアッサム。紅茶を普段から飲まない方にとっては聞いたことはあっても、産地や味の特徴までは知らないという方も多いかもしれません。この記事ではそんなアッサムの特徴や、美味しく飲むためのコツをご紹介します。

アッサムは世界でも愛される紅茶

アッサムはどのような地域で栽培されている茶葉なのでしょうか。

インドではダージリンと並んで有名なアッサム

世界で特に有名な紅茶の産地はインド・スリランカ・中国ですが、この中でもインドの紅茶生産量は世界最大です。有名なダージリンもインドで作られる紅茶で、ダージリンは世界三大紅茶の一つにも数えられています。

アッサムは世界最大の生産地で採られる茶葉

北東インド地方に広がるアッサム州の平原で作られるアッサム紅茶。日照時間と雨量に恵まれた土地で、世界最大の茶葉の生産地です。生産量の多いインドの50%以上の茶葉はこのアッサムから採取されています。

6~7月に採取される茶葉の「セカンドフラッシュ」と呼ばれる時期が、アッサムの一番のおいしい茶葉だと言われています。味わいの濃さが引き立ち、コクが抜群によく出るこの時期の茶葉は、特にミルクティーに合う紅茶です。

アッサムの特徴

インドの有名な茶葉の一つであるアッサム。生産量も消費量も多く、世界中で愛されているアッサムにはこの茶葉にしかない特徴があるのです。

アッサムにある特徴

アッサムの茶葉は濃厚なコクと香りがあるのが特徴です。甘みも際立つことでストレートにぴったりな紅茶ですが、この特徴を生かしてミルクティーで飲まれることが多い茶葉です。インドでよく飲まれるチャイにもこのアッサムが利用されます。ミルクで割っても、しっかりと紅茶の味わいや深みが楽しめることが理由でもあり、ミルクティーが好きな人には是非おすすめしたい茶葉です。

また、アッサム紅茶は色が濃く褐色なのも特徴です。高級なものになると濃厚な花やチョコの香りがすると言われ芳醇な紅茶になります。深いコクが特徴ですが、色の割に渋みは少なく口当たりもマイルドで、どんな飲み方をしてもクセのない人気の品種です。

アッサムは市販でも買いやすい

アッサムをしっかり味わいたい場合には、ブレンドされたものでなく純粋なアッサムだけを使用した茶葉を探してみてください。茶葉で量り売りしている場合は、ブレンドではないアッサムが好きな量だけ買えますし、時期によって香りやお値段も変わるので飲み比べるのも楽しいでしょう。手軽に紅茶を楽しむなら便利なティーバッグもおすすめです。

アッサムの美味しい入れ方

ここからは、深いコクと香りが楽しめるアッサム紅茶のストレートティーの美味しい入れ方をご紹介します。

おすすめのアッサム(ストレート)の入れ方

  1. 汲みたての水を沸かします
  2. ティーポットやティーカップも温めておく
  3. しっかり沸騰したら、一気に必要な分量を注ぎます
  4. 蓋をして、茶葉に合った時間しっかり蒸らします(種類によります)
  5. 温めたティーカップに茶こしでこしながら均一になるよう注ぎます

少しミルクを足す場合には、ミルクは暖めなくてもかまいません。コーヒーフレッシュはミルクの風味と異なりますが、好みによって利用してください。ロイヤルミルクティーは入れ方も違ってくるので、アッサムのミルクティーの入れ方の下記の記事をご覧ください。

  • 紅茶の定番『アッサム』の特徴は?美味しいミルクティーの淹れ方も紹介:こちら

アッサムで手軽に優雅なティータイムを

世界には様々な紅茶がありますが、オールマイティーに使いやすいアッサムはとても優秀な茶葉です。しっかりとした色味がでますが、渋みは少なくマイルドで香りも芳醇。午後のティータイムを香り豊かなアッサムティーで優雅に過ごしてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME