夏本番!大人も楽しめる関東のおすすめプール9選

2019.08.07

レジャープールは親しい人たちと思いっきり夏を楽しめる施設です。ウォータースライダーなどを備える大型プールや、非日常的な空間を楽しめるナイトプールなど、多彩なプールがあります。関東でも特に人気の9施設を紹介していきましょう。

レジャープールの選び方

関東にはいくつものレジャープールがあります。家族や友人と施設を訪れる際に、どのように施設を選べばよいか、ポイントを見ていきましょう。

スライダーや遊園地併設などの設備

まずは、プールの設備から選びましょう。お目当ての施設があるかどうかがポイントです。

レジャープールの目玉であるウォータースライダーにも、さまざまな種類があります。なお、小さな子どもがいる家族がウォータースライダーを基準にプールを選ぶ場合は、身長制限についてあらかじめ確認しておきましょう。

また、水着のまま遊べる遊園地もあります。遊園地併設型のレジャープールなら、施設の混雑具合や体調に合わせて、臨機応変に遊ぶことが可能です。

行きたい時間帯から選ぶ

時間帯から選ぶのもポイントの一つです。日中の混雑や日差しを避けたい人は、夕方からの半日チケットを使って利用するという方法もあります。その場合は時間制限はありますが、安く施設を利用可能です。

また、日中は別の場所で過ごして、夜はホテルのプールを利用するという方法もあります。ナイトプールは非日常的なロマンチックな空間で、デートにもぴったりでしょう。

ただし、あくまでホテルのプールなので、一般のレジャー施設ほど人数を受け入れることはできません。休日前や夏季は混雑することが多く、入場制限がかかることもあるので注意が必要です。

食事も楽しめるスポット

プールで1日を過ごしたいなら食事はとても重要です。プールサイドにおしゃれなカフェや軽食を楽しめる施設があるかどうかもチェックしておきたいところです。中には、人気メニューを出しているレジャープールもあります。

ホテルの利用を考えるなら、プールとディナーがお得なセットプランになっているところもあります。泳いだ後にホテルの夜景を楽しみながら親しい人と食事をするなど、デートプランとしても最適です。

飲食物の持ち込み制限のかかる施設もあるので、食事やドリンクを持ち込みたい場合は、持ち込み制限がないか調べておきましょう。

関東でおすすめのレジャープール

ここからは関東で人気のレジャープールを紹介していきます。関東にはバラエティ豊かなレジャープールがたくさんあるのです。まずは、関東を代表する人気のレジャープールを3施設を紹介します。

東京 定番の東京サマーランド

東京都八王子市にある日本最大級の流れるプールが名物の『東京サマーランド』は、10種類のプールを満喫できる人気レジャーランドです。

浮島がゆれる『スーパーモンキーフロート』やちびっこに人気の『アドベンチャーフォール』など、アスレチック要素のあるスポットもあり、多彩な楽しみ方ができます。

都心からも比較的近く、首都圏在住者にとっては定番のプールとして認知度が高い施設です。

  • 施設名:東京サマーランド
  • 住所:東京都あきる野市上代継600
  • TEL: 042-558-6511
  • 公式HP

東京 遊園地併設で一日遊べるとしまえん

東京豊島区の遊園地併設『としまえん』は親子連れが楽しめるところが魅力の施設です。

一番人気の絶叫スライダー『ハイドロポリス』や、親子向け水遊びエリアの『ふわふわウォーターランド』など親子連れも楽しみ尽くせるレジャープールです。

『夏の1日券』を購入すると、遊園地エリアを水着のまま往来自由で遊べます。他にも『ふれあいペットガーデン』や『宝石探し体験』など、家族で楽しめるイベントが充実しているおすすめの施設です。

  • 施設名:水と緑の遊園地 としまえん
  • 住所:東京都練馬区向山3丁目25-1
  • TEL:03-3990-8800
  • アクセス:西武池袋線「池袋駅」から直通14分「豊島園」駅下車 徒歩1分
  • 公式HP

埼玉 リーズナブルに遊べる川越水上公園プール

埼玉県川越市で注目のプールは『川越水上公園プール』です。

本格的に泳ぎたい人向けの多目的プール・飛び込み専用プール・幼児用プールなど目的別にたくさんのプールがあり、大人も子どもも安心して遊べます。

シュノーケリング教室やスクーバダイビング教室などイベントも盛りだくさんです。イベントは不定期なので、お目当てのイベント開催日をチェックしてから訪れてみてください。

  • 施設名:川越水上公園
  • 住所:埼玉県川越市大字池辺880
  • TEL:049-241-2241
  • アクセス:JR川越線西川越駅から徒歩15分
  • 公式HP

関東でおすすめの屋内プール

日焼けをしたくない人や紫外線が気になる人におすすめなのは、屋内プールです。屋内プールは天気に左右されないという長所があるほか、屋内ならではのさまざまな種類のプールが用意されています。

関東で人気のある屋内プールを3施設を紹介します。

埼玉 アクアパラダイス パティオ

埼玉県深谷市で人気の大型公園『深谷グリーンパーク』内には、北関東最大規模を誇るプール施設『パティオ』があります。地中海沿岸のリゾート地をイメージしたレジャープールで、1年中楽しめるでしょう。

2本のウォータースライダーはスリル満点です。また、流れるプールや波の出るプールなど、種類豊富なプールで遊べる点が魅力です。キッズプールも備えているほか、施設内にはウェット&ドライサウナやジャグジーもあります。

  • 施設名:アクアパラダイス パティオ
  • 住所:埼玉県深谷市樫合 樫合763
  • TEL:048-574-5000
  • アクセス:深谷駅南口より「無料シャトルバス」が運行
  • 公式HP

東京 多摩市立温水プールアクアブルー多摩

市立プールとは思えないほどの充実した設備が人気の『アクアブルー多摩』は、東京都多摩市にあります。

ここには、深さを調節できる可動床の50mコースをはじめ、流れるプールや未就学児対象のキッズプール、スリル満点のウォータースライダーなど、さまざまな種類のプールがある施設です。

スライダーはボートに乗って滑る『アイランドスライダー』と激しいカーブを滑り下りる『ボディースライダー』の2種類があります。身長120cm以上の小学生からが対象なので注意しましょう。

  • 施設名:アクアブルー多摩
  • 住所:東京都多摩市南野3-15-2
  • TEL:042-338-7667
  • アクセス:小田急多摩線唐木田駅から徒歩8分
  • 公式HP

群馬 桐生市新里温水プール カリビアンビーチ

群馬県桐生市にある『カリビアンビーチ』は、関東でも最大級の全天候型室内温水プールです。その名の通り施設全体がカリブ海をイメージしています。非日常感・リゾート感を楽しめます。

何通りにも変化する波が出る『波のプール』は、施設の目玉です。また、全3コースあるウォータースライダーや、豪快な滑りを楽しめる『ロデオマウンテン』など、多彩なプールで1日中飽きることなく楽しめます。

  • 施設名:桐生市新里温水プール カリビアンビーチ
  • 住所:群馬県桐生市新里町野461番地
  • TEL:0277-70-2121
  • アクセス:上毛電鉄「新里駅」よりデマンドタクシーで5分
  • 公式HP

関東でおすすめのプール併設型のホテル

関東にはプール併設型の魅力的なホテルがいくつもあります。豪華で非日常的なプール併設型のホテルは憧れのスポットといってもよいでしょう。ここではその中でも個性豊かな三つのホテルを取り上げていきます。

神奈川 大磯プリンスホテル

神奈川県中郡大磯町にある『大磯プリンスホテル』には2017年に開業したスパ・プール施設『THERMAL SPA S.WAVE』があります。

4Fのスパエリアには水平線に溶け込むようにデザインされた『インフィニティプール』があります。まるで海を泳いでいるかのように圧倒的な浮遊感を感じることができると評判のプールです。

水温は30-38℃の温水プールで、季節関係なく楽しめるプールです。ホテルの目の前には、全長約1kmの『大磯ロングビーチ』が併設しています。

波のプールや噴水子どもプール・ダイビングプール・ウォータースライダーなど個性豊かなプールが満載です。

  • 施設名:大磯プリンスホテル
  • 住所:神奈川県中郡大磯町国府本郷546
  • TEL:0463-61-1111
  • アクセス:東海道本線大磯駅から路線バスで約13分
  • 公式HP

木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭

『木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭』は、流れるプールや約70mのウォータースライダーがある屋内プール『アクアパーク』があります。

晴れた日には富士山を一望できるのが魅力の屋外プール『オーシャンスパ』はどちらも温水プールなので、1年中泳ぐことが可能です。

さらに噴水ショーやレーザーショーが開催されます。夜にはプールサイドがイルミネーションで彩られるのも見どころの一つです。6月中旬からは、夏季限定の『ガーデンプール』が楽しめます。

  • 施設名:木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月
  • 住所:千葉県木更津市北浜1
  • TEL:0438-41-8111
  • アクセス:木更津駅から無料送迎バスあり(15分)
  • 公式HP

東京 ホテルニューオータニプール

プールで非日常的で、贅沢な時間を過ごしたいという方におすすめなのが『ホテルニューオータニ』のナイトプールです。毎週末の金・土曜日はプールサイドに人気DJが登場して、雰囲気を盛り上げてくれます。

ビジターの利用料金は日中は2万円~、夜は1万円~となっています。記念日や特別な日にはこんな素敵なプールで過ごす一夜もよいのではないでしょうか?

宿泊者は2000円で利用できるため、お泊りデートを楽しむのもおすすめです。

  • 施設名:ホテルニューオータニプール
  • 住所:東京都千代田区紀尾井町4-1
  • TEL:03-3265-1111
  • アクセス:東京駅・丸の内中央口からタクシーで15分
  • 公式HP

プールに行く前に確認するポイント

レジャープールは利用条件や年齢制限、身長制限などがある場合があります。楽しみにしていたプールで遊べなかったらがっかりするでしょう。しっかりとチェックしておく必要があります。

年齢や身長の制限をチェック

家族連れなど小さいお子さんを連れて行く場合は、子どもの年齢や身長で利用できるプールを選びましょう。人気のウォータースライダーは、身長制限を設けていることがほとんどです。

家族で遊びに行ったのに下の子だけ身長制限に引っかかってしまうと、せっかくのレジャープールが楽しくない思い出になってしまうかもしれません。身長制限が気になるようでしたら、制限のないプールを選びましょう。

レンタルアイテムの有無

車での移動であれば別ですが、小さいお子さんを連れてプールに行く際は、荷物をなるべく少なくしたいところです。その場合は浮き輪・ボート・パラソルなどのアイテムをレンタル可能な施設を選ぶとよいでしょう。

一日中遊んでへとへとになっても、荷物が少ないと比較的楽に帰れます。加えてプライベートシートなどのレンタルスペースがあれば、混雑を避けることもできるので快適に過ごせるでしょう。

夏は関東のレジャープールを楽しもう

関東には大人から子どもまで楽しめるプールや、雰囲気のよいナイトプールなど、個性的なプールが揃っています。親しい人や家族を誘ってプールで楽しい時間を過ごしましょう。

その際には、小さな子どもがいる場合は特に身長や年齢制限がないかどうか、またアイテムのレンタルサービスがあるかどうかは、プールを選ぶ際のポイントです。よい思い出をつくるために事前にチェックしておきましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME