アロマストーンの使い方は?使いこなすための基礎マニュアル

2019.08.04

石にアロマオイルを垂らすアロマストーンは、香りを手軽に楽しみたい時に便利です。正しい使い方をマスターすれば幅広く活用できます。香りを最大限に楽しむための、手入れ方法や置き場所を紹介。おすすめのアイテムもピックアップしました。

正しく使う2つのポイント

アロマストーン初心者のために正しい使い方を説明します。基礎をしっかり覚えて、使いこなしましょう。

使う前の準備

アロマストーンにアロマオイルを垂らすだけで使えます。サイズやアロマオイルの種類によって少し異なりますが、だいたい2~5滴くらいが目安です。

香りが強いアロマオイルは、少量から試して調節してください。別々のアロマオイルを組み合わて、ブレンドするのもおすすめです。垂れることがあるので、容器に入っていないアイテムは小皿に置きましょう。

置く場所

火や電気が不要で使えるアロマストーンは、置く場所を選びません。リビングや寝室はもちろん、トイレや玄関で香りを楽しめます。クローゼットや車の中なら吊るすタイプが便利です。

ディヒューザーと違って香りが広がりにくいため、狭い空間のほうが香りを強く感じます。割れたり壊れたりすることもあるので、直射日光が当たらない安定した場所を選んでください。

アロマストーンの手入れと注意点

アロマストーンを長く使い続けるならお手入れが重要です。使う前に知っておきたい2つの注意点について、詳しく解説していきます。

基本的に水洗いはできない

ほとんどのアロマストーンは水洗いができません。汚れた時は布巾やティッシュを使って、やさしく拭きましょう。使っている小皿や缶は、定期的に洗って干しておくと清潔です。

また、使うアロマオイルの種類によっては、色が染み付くので注意してください。オレンジ・スィートやパチュリーなど、色があるアロマオイルは使わないほうが良いでしょう。

香りをリセットする方法

1度つけたアロマオイルの香りは2~3日ほどで消えます。新しいアロマオイルをつぎたせば、何度でも繰り返して使えるのです。違う香りを試したいなら、香りをリセットしてからにしましょう。

ただし、ケースに入っているタイプだとなかなか香りが消えません。新しい香りをつける前に、フタを開けて風通しの良い場所で置いてください。イランイランなど特に香りが強いタイプのアロマオイルは、なかなか匂いが消えないので注意が必要です。

タイプ別おすすめアロマストーン

形状や大きさが違うおすすめのアロマストーンを、タイプ別に3つ紹介します。アロマオイルとセットのアイテムもあるので、初心者にもおすすめです。

SEABLUEアロマセット

ヒトデや貝殻の形がユニークなアロマストーンは、3つのデザインがあります。どれも可愛らしい形なので、部屋にそのまま置いてもオシャレです。

アロマオイルとセットになっているため、初心者が最初が最初に使うアロマストーンにピッタリです。海をイメージした5種類のブレンドアロマから、好きなものを選べます。

  • 商品名:SEABLUEアロマセット
  • 参考価格:1,188円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

幸せアロマストーン缶入り

缶に入っているタイプなので持ち運びにとても便利です。シンプルでコンパクトな缶は、ポーチやカバンに入れても邪魔になりません。

ラベンダーやバラなど、アロマストーンに入っている柄は自由に選べます。リーズナブルなお値段なので、プチギフトとして渡すのもおすすめです。

  • 商品名:幸せアロマストーン缶入り
  • 参考価格:650円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

ホワイトコインオイルセット

コインタイプのアロマストーンとアロマオイルのセットです。とても薄く軽いので、吊り下げるといった使い方もできます。

3種類から選べる柄はシックで、インテリア性も高いのが特徴です。100%の植物で出来たエッセンシャルオイルは、40種類からセレクトできます。

  • 商品名:ホワイトコインオイルセット
  • 参考価格: 1,000円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

アロマストーンで香りを持ち運ぼう

手軽にアロマをスタートできるアロマストーンは、香りのマストアイテムです。正しい使い方を覚えることで、好きな香りを場所を選ばずに楽しめます。

好みのアロマオイルを垂らして携帯してみましょう。スッキリしたい時や、疲れた時に吸い込めば、良い気分転換になります。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME