バーボンが苦手な人はカクテルがおすすめ!一押しカクテルはコレ

2019.08.05

バーボンと言えば、大人の男性が飲んでいるイメージがありますが、実は今、女性にも大人気のお酒になっています。一方で、アルコール度数が高く少しクセのある味わいなので苦手な人も多いことでしょう。そこでこの記事では、バーボンが苦手な方でも美味しく飲める「バーボンカクテル」をご紹介します。

バーボンとは

バーボンとは、アメリカ合衆国ケンタッキー州を中心に生産されているウイスキーの一種です。原料はトウモロコシ。醸造と蒸留を経て、内側を焦がしたホワイトオークの新樽で2年以上熟成させて作られます。

バーボンの基本の飲み方

バーボンは実に色々な飲み方が楽しめるウイスキーです。基本的な飲み方は、バーボンそのままの味わいを楽しむストレート、氷を入れたロック、水を加えた水割り、ソーダを入れたハイボールなどが一般的。一年を通して味わうことができます。

バーボンカクテルとは

バーボンカクテルとは、バーボンとジュースなどの素材を加えて作るお酒のこと。組み合わせる素材によって色合いが変わったり、味わいも異なり、新たなバーボンを堪能できます。また、カクテルにすることでアルコール度数を下げることもできます。

おすすめのバーボンカクテルレシピ

ではここで、バーボンを使ったカクテルレシピを少し紹介します。

ミルク×バーボン

最初に紹介するのは「ミルク×バーボン」の組み合わせです。材料は、バーボン30ml、ホットミルク100ml、砂糖適量。

手順

  1. まずは、グラスに氷を入れてウイスキーを注ぎます。
  2. ①にホットミルクを入れて軽く混ぜ合わせます。
  3. お好みで砂糖を加えたら、完成です。

レモンジュース×バーボン

続いて紹介するのは「レモンジュース×バーボン」です。材料は、バーボン45cc、レモンジュース15cc、ガムシロップ15cc、ソーダ適量。

手順

  1. グラスに氷を入れて、バーボン、レモンジュース、ガムシロップを入れます。
  2. ①にソーダを注いで軽く混ぜたら完成です。

アンゴスチュラビターズ×バーボン

続いて紹介するのは「アンゴスチュラビターズ×バーボン」です。材料は、バーボン45ml、アンゴスチュラビターズ2~3ml、角砂糖一個。

手順

  1. グラスに砂糖を入れ、アンゴスチュラビターズをふりかけます。
  2. ①に氷を入れてバーボンを注ぎ、軽く混ぜて完成です。

スライスしたレモンやオレンジを飾ると華やかでおしゃれなカクテルとなります。

ライムジュース×レモンジュース×バーボン

続いて紹介するのは「ライムジュース×レモンジュース×バーボン」です。材料は、バーボン45ml、ライムジュース10ml、レモンジュース20ml、シュガーシロップ10ml、ソーダ適量、レモンスライス。

手順

  1. バーボンとライムジュース、レモンジュース、シュガーシロップを入れて混ぜ、シェイクします。
  2. グラスに①を入れ、ソーダとレモンスライスを加えたら完成です。

カクテルにおすすめのバーボン

では最後に、カクテル作りにおすすめのバーボンを紹介します。

アーリータイムズ イエローラベル

アーリータイムズ イエローラベルは、甘い香りとキレのある後味が特徴のロングセラー商品。ミントと組み合わせると、爽やかでよりスッキリ味わうことができます。

  • 商品名:アーリータイムズ イエローラベル
  • 内容量:700ml
  • 参考価格:1,254円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

オールドグランダッド 114

オールドグランダッド 114は、滑らかで重厚な味わいが特徴。香りはパイナップルのようなフルーティーな香りです。

  • 商品名:オールドグランダッド 114
  • 内容量:750ml
  • 参考価格:2,940円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

カクテルでバーボンの世界を堪能しよう

バーボンカクテルについて紹介しました。バーボンをカクテルにすることで、初心者でも、バーボンが苦手な方でも飲みやすくなること間違いなしです。今回紹介したレシピを参考に、ぜひ、バーボンの世界を堪能してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME