ほうじ茶チョコレートは絶品。自分でも作ることはできる?

2019.08.04

ほうじ茶スイーツは最近注目を集めているスイーツの一つです。実はチョコレートもほうじ茶味があるのをご存知ですか?この記事では、ほうじ茶好きにぜひ食べてほしいほうじ茶チョコレートや、家でも作れるほうじ茶チョコレートレシピをご紹介します。

ほうじ茶チョコレートってどんな味?

ほうじ茶チョコレートは、チョコレートなのでもちろん甘いですが、甘さの中にほうじ茶の香ばしさが感じられるチョコレートが多いのが特徴です。苦味や渋味は抑えた商品が多く、子どもでも食べやすいチョコレートになっています。

2018年には冬季限定でブルボンからほうじ茶味のトリュフが発売され大人気商品となりました。チョコレートは、夏は溶けやすいため、冬季限定の商品も多いので、今年の冬もほうじ茶味が増えるかもしれないと期待してしまいますね。

ほうじ茶チョコレートはお茶屋さんで

本格的なほうじ茶チョコレートを味わうなら、やはりお茶屋さんのほうじ茶チョコレートは欠かせません。おすすめの商品をご紹介します。

宇治園のほうじ茶チョコひょっとこ

明治2年創業の宇治園は大阪に本店のあるお茶屋さんです。ほうじ茶生ショコラ火男(ひょっとこ)は一度食べると止まらない、ほうじ茶の香り豊かな贅沢な大人のチョコレートです。もっと買えばよかった、抹茶味のチョコレートも買えばよかったと大人気のチョコレートです。

中村藤吉のほうじ茶チョコは濃いめ

宇治抹茶を使ったスイーツやカフェも人気の中村藤吉でもほうじ茶チョコレートが販売されています。中村藤吉の濃いめのほうじ茶チョコレートはその名のとおり、香りも味も濃いめなので、しっかりとほうじ茶の味を感じることができます。見た目はシンプルですが、芳醇なほうじ茶の味が楽しめる絶品チョコレートです。

伊藤久右衛門にはほうじ茶スイーツが豊富

伊藤久右衛門にはほうじ茶を使ったスイーツが豊富です。宇治ほうじ茶生チョコレートは、高温で焙煎したので香ばしく苦味や渋味が少ない、くちどけのよいチョコレートです。一つ一つ和紙で手包みしたり、パッケージも和風だったりと、こだわりがあるチョコレートなのでプレゼントにもおすすめです。

簡単に作れるほうじ茶チョコレシピ

家でもほうじ茶チョコは作れます。ほうじ茶パウダーがあれば意外と簡単にできてしまうのでおすすめです。

生チョコは仕上げを変えるだけ?

生チョコレートは、最後の仕上げにほうじ茶パウダーを使うだけでほうじ茶味の生チョコレートができちゃいます。

生チョコレートは仕上げにココアパウダーをふりかけますが、そのココアパウダーの半分をほうじ茶パウダーに変えれば、あっというまにほうじ茶味の生チョコレートが完成です。

本当にチョコレートとほうじ茶は合うの?と疑っている人も、少しだけほうじ茶パウダーをまぶして食べてみてはいかがでしょうか?

ホワイトチョコとも相性抜群

ほうじ茶チョコレートは、ビターなチョコレートと合わせている商品が多いですが、実はホワイトチョコレートとも相性がいいんです。

ホワイトチョコレートにほうじ茶パウダーを混ぜるだけで簡単にできます。濃厚な味にしたいときは、煎ったほうじ茶を上に散らしてから冷やし固めるのもおすすめです。香りと香ばしい味わいもアップします。

先ほどご紹介の生チョコレートをホワイトチョコレートで作り、仕上げにほうじ茶パウダーをまぶすのもおすすめです。

ほうじ茶チョコレートは魅力的

食べたことがない人はほうじ茶とチョコレート?とちょっぴり不思議に感じるかもしれませんが、一口食べればはまること間違いなしです。最近はお茶屋さんでもたくさんほうじ茶スイーツが発売されているので、近くに行ったときには立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME