日本茶にはどんなものが含まれる?四季折々で味わえる日本茶の魅力

2019.08.03

日本茶は古くから日本人に親しまれてきたお茶で、古い歴史があります。日本人にとって日本茶は身近で普段から飲み慣れている飲み物ですが、日本茶を深く知っていくことで日本茶の味や入れ方など、より一層日本茶を美味しく楽しめます。

日本茶の種類や四季折々の飲み方

日本茶はその名の通り古くから日本人に親しまれてきた飲み物。日本人なら一度は口にしたことがある日本茶ですが、日本茶にも様々な種類があります。

日本茶の種類はどれくらいあるのか

代表的な日本茶の種類として「煎茶」「抹茶」「ほうじ茶」「川柳」「番茶」「玄米茶」「玉露」「かぶせ茶」「豆茶」「芽茶」「茎茶」「粉茶」などが挙げられます。

その他にも日本茶と言われる種類のお茶はありますが、代表的な日本茶は

四季折々で楽しむ日本茶

日本では古くから四季折々で日本茶を楽しむという伝統があります。

春には爽やかな甘みのある新茶を楽しみ、初夏には水出しの緑茶で喉越し良く飲み、秋には秋摘み茶でまろやかな味わいを楽しみ、冬にはほうじ茶で冷えた体を温めるといった楽しみ方ができるのは、四季が明確に存在する日本ならではの文化といえるかもしれません。

日本茶の美味しい入れ方とは

日本茶は、入れ方によって味や香りが全く違ってきます。日本茶を美味しく味わうために、日本茶を入れるための入れ方を知っておくことで、日本茶をより一層美味しく味わえます。

日本茶の美味しい入れ方

基本的な日本茶の入れ方としては3人分の分量で、70度ほどのお湯を1人あたり60ccほど湯飲みに人数分入れていきます。その時、急須にも大さじ2杯ほどの茶葉を入れます。

茶葉は1人あたり約20gほどです。最初についでおいた湯飲みのお湯を急須にゆっくりつぎ、お茶の葉が開くまで約1分程度待ちます。その後、急須を2〜3回まわし湯飲みに少量ずつ均等に注ぎ回すと日本茶が美味しくいただけます。

日本茶好きにはたまらない講座

日本茶好きにはたまらない講座や資格があります。日本茶の知識や魅力など日本茶を深く学べるので、日本茶に関わるような仕事がしたい人や日本茶が好きな人にはおすすめの講座や資格です。

日本茶の資格の種類とは

日本茶の資格には、日本茶検定があります。日本茶をより深く知りたい方だけでなく、日本茶にかかわる仕事をしたいと思っている本格派にもおすすめです。

日本茶アドバイザーは日本茶販売店や日本茶カフェなどでアドバイザーとして役立つ資格です。その他にも日本茶インストラクターや日本茶スペシャリストなど、日本茶に関わる資格があります。

日本茶アドバイザー|日本茶インストラクター協会

どうすれば資格が取れるのか

日本茶に関わる資格は、主に通信講座で学習し、試験に合格することで取得できます。通信講座がメインなので、社会人から主婦まで忙しい方でも学習でき資格取得が目指せます。

どんな場面で資格を活かしたいかで講座が変わってきますので、自分にあった講座をじっくり検討してみてください。

日本茶を深く知ることで魅力にハマる

日本茶のあれこれについてご紹介してきました。古くから続く日本の文化である日本茶は、四季折々で楽しめるのが魅力です。日本茶が好きな方は、ぜひ日本茶アドバイザーなどの資格にもチャレンジしてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME