ドラマの恋愛系作品12選。笑って泣けるおすすめのラブストーリー

2018.10.06

胸がドキドキするような恋愛ドラマは、大人の男性にも人気があります。昔観ていた人気ドラマをもう1度観直してみると、大人になったからこそ感じるものがあることでしょう。また見逃してしまっている面白い恋愛系ドラマもあるかもしれません。

最近日本では恋愛ドラマが減っている?

20年前は、トレンディドラマの代名詞と言えば恋愛系ドラマでした。しかし、最近の日本では、一部を除いてほとんどのものが恋愛系ドラマではなくなっています。

なぜなら、現実味の無い恋愛ドラマに対する視聴者の関心が薄くなり、視聴率が取れないからです。

恋愛系ドラマでは視聴率が取れないとわかっているテレビ局側は、真面目に頑張っている人・言いたいことをはっきりと言える正義感にあふれる人を主人公とした、現実味のある企業系・医療系ドラマなどの制作が主流となっています。

そんな今こそ観たくなる名ドラマを紹介

厳しい現実を生きる時代だからこそ、観たくなるような昔の名ドラマがいくつもあります。特に恋愛ドラマは、その時代ごとの特徴があり、青春時代や昔なつかしい気持ちを思い出させてくれるでしょう。

笑いと感動がミックスされた恋愛ドラマは、時代が変わっても観る人を楽しませてくれます。名ドラマと呼ばれる恋愛ドラマを一挙に紹介しますので、初めて観る作品はもちろん、すでに観たことのある作品も、改めてご覧になってみてはいかがでしょうか。

もう1度観たいあの頃の恋愛ドラマ

名作と言われるドラマは、今観ても色あせることのない魅力があります。ここでは、昔観たけれど、もう1度観たいと思える恋愛ドラマを3作品紹介します。

不朽の名作『やまとなでしこ』

お金にしか興味がない客室乗務員の神野桜子と、魚屋を営む中原欧介の恋愛模様を描いたドラマです。

桜子は、幼いころから貧しい家庭で育ってきたため、お金が最も大切というポリシーを持っています。外見も美しく、仕事もてきぱきとこなす非の打ちどころのない女性です。

一方で欧介は、数学を研究していましたが、父親が亡くなり、母と一緒に家業の魚屋を継ぐことになります。

幸せになるためにはお金が大切と考える桜子が、お金のない優柔不断な欧介に、次第に惹かれていくストーリー展開です。愛に必要なものは本当にお金なのか、揺れ動く桜子の心情に目が離せません。

数々の名言が誕生『ラブジェネレーション』

広告代理で働く片桐哲平と、上杉理子の衝撃的な出会いから、2人が恋人になるまでを描いたドラマです。

広告代理店のクリエイティブ部門で働く片桐哲平は、ある日偶然出会った女性と一夜を共にします。何も無かった上に、朝起きると女性はいなくなっていました。翌日哲平が出社すると、営業部門への移動が命じられ、そこで世話役として現れたのが、昨日一夜を共にした女性・理子でした。

理子と、理子に助けられながら仕事を覚えていく哲平は、次第に恋人関係に発展しますが、哲平の元彼女がそこに加わり、ぶつかり合いながらも愛を育んでいきます。

ドラマでは、哲平の不器用ながらも男らしさを感じる『ちょ、待てよ』や『俺たちのキスする時間』など数々の名言が生まれました。

ヒロインを応援したくなる『おいしい関係』

お嬢様育ちで食べることの天才・藤原百恵と、フランス料理店の天才シェフ・織田圭二の恋模様を描いたドラマです。

百恵は、20歳の誕生日に父親とフランス料理店を訪れ、食事を楽しんでいました。父親からのプレゼントはMOMOEと刻まれた銀製のナプキンリングです。

フランス料理店で食べたコンソメスープの味に百恵は感動しますが、次の瞬間目の前で父親が突然倒れ、救急車で搬送されてしまいます。百恵は、父親が搬送される際にプレゼントのナプキンリングを落としてしまいますが、それを拾って百恵に渡してくれたのが、織田でした。

2人の出会いから5年後、百恵の父親は亡くなり、百恵は一転して生活が貧しくなってしまいます。父親の葬儀の帰りに、ふと立ち寄ったフランス料理店で食べたコンソメスープの味が、20歳の誕生日に食べたものと同じだと気付いた百恵は、店のシェフである織田にお願いをしてレストランで料理の修行を始めます。

百恵の織田に対する尊敬や憧れの気持ちが、次第に恋心に変わり、また、ひたむきな百恵の姿に織田も惹かれていきます。

一生懸命に頑張る百恵を、つい応援したくなるドラマです。

女性の気持ちが読めるかも?な恋愛ドラマ

いくつになっても、女性の気持ちがよくわからないと感じることはありませんか?

ドラマを通して、女性の気持ちが読めるかもしれません。ここでは、女性の気持ちを理解できそうな恋愛ドラマ4作品を紹介します。

3章にわたり飽きのこない『恋愛偏差値』

通常ドラマは、1クール11話前後で構成されていますが、『恋愛偏差値』は、1クール4話完結で、3クールで構成されているのが特徴です。それぞれのクールでは、キャスト・ストーリーを変え、主人公となる女性のタイプも異なります。女性の嫉妬・友情・恋心・仕事への情熱などが上手く描かれているドラマです。

第1章では、恋も仕事も充実した日々を送っている28歳のOL山村怜子が、恋人・沢田耕一郎に振られたことから、恋も仕事もうまく歯車が回らなくなります。しかし、怜子は、行きつけのバーの店員・リュージと出会って変化します。彼の優しさによって、自分の愚かさに気付き、前向きに頑張ることを決心します。

第2章では、外資系商社でアシスタントとして働く高宮琴子と、大企業の跡継ぎである夏目勇作の恋模様を描いたストーリーです。勤めていた会社が倒産して、知り合いが経営する小さなガラス工場でバイトを始める琴子が、恋愛と仕事をしながら成長していく姿が描かれています。

第3章では、社内で最強お局と言われている川原瑞子と、33歳OLの吉沢千絵がW主人公となり、瑞子の不倫・千絵の元カレなど2人それぞれの恋模様と仕事を描いたドラマです。瑞子のマンションの隣に、犬猿の仲の千絵が偶然引っ越してくるところからストーリーは始まります。最初はぶつかり合っていた2人ですが、お互いの秘密を知り次第に打ち解けて女の友情が芽生えます。2人の仕事と恋に奮闘する姿は、共感できるはずです。

キスシーンが話題『私が恋愛できない理由』

実際のエピソードも盛り込んで作られた、女性の本音がわかりやすいドラマです。このドラマには、恋愛運がない・恋愛に興味がない・過去の恋愛を忘れられないなど、色々なタイプの女性が登場します。

恋人がいない主人公の藤井恵美と恵美の高校の同級生・小倉咲、そして彼女たちの高校の後輩・半沢真子、3人の女性たちの恋愛模様と、それぞれの人生観を描いた作品です。

本音をぶつけ合いながら、それぞれ幸せになる為の道を歩んでいきます。女性たちが繰り広げる本音トークはリアリティがあり、多くの女性視聴者から共感を得たドラマです。

元AKB48の大島優子さんが演じる、半沢真子のキスシーンでも話題となりました。

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』

主人公の橘みやびは、美しく仕事のキャリアも着実に積んできた39歳の女性で、充実したシングルライフを送っていました。

みやびはある日、女友達と訪れた割烹料理店で、超毒舌な店主・十倉誠司に出会います。十倉はみやびに、美人・キャリア・アラフォーという3重苦を背負った恋愛弱者だと言い放ちました。はじめは受け流していたみやびですが、ある出来事を機に、十倉の言葉を受け入れることとなります。

かつての片思いの相手・桜井洋介に再会したみやびは、十倉のスパルタ式恋愛アドバイスを受けながら、桜井との恋愛を成就させていきます。

十倉の恋愛格言は、とてもためになるので、ぜひ参考にしてみましょう。

意外とハマる大人の恋愛ドラマ

大人の恋愛ドラマと言えば、ちょっとドロドロとした重たい雰囲気のものが多いですが、観ていくうちに意外とハマってしまった経験はないでしょうか。

ここでは、おすすめの大人の恋愛ドラマ3作品を紹介します。

ドロドロ恋愛で1話目から衝撃『黒い十人の女』

ドラマプロデューサー・風松吉は、一見さえない中年男性ですが、9人もの愛人と妻がいます。風の愛人たちは、年齢も職業もさまざまで、個性豊かな女性ばかりです。

第1話では、風の愛人になってまだ半年ほどのテレビ局受付嬢・神田久未が、ある1本の電話で呼び出されます。久未は、電話の相手を風の妻と勘違いして、怯えながら会いに行きますが、そこに現れたのは女優の如月佳代でした。久未は、佳代が風の愛人と知ると言い争いが始まり、佳代にカフェラテを浴びせてしまいます。

その後も、風の愛人たちが次々と明るみになっていき、風を奪い合うドロドロの不倫ドラマです。しかし、あることをきっかけに、愛人たちは妻とともに風の殺害計画を企てます。

ドロドロとしていながらも、バカリズムさんが脚本を担当しているため、重たくなりすぎないところも魅力です。

流行語にノミネート『昼顔』

平凡な主婦・笹本紗和と高校教師の北野裕一郎の、不倫でありながらも純粋な愛を描いたドラマです。

紗和は、パートで働いているスーパーの駐車場で起きた、車上荒らしの事件をきっかけに、セレブ妻・滝川利佳子と北野に出会います。利佳子が、遊び程度に不倫を楽しんでいることを知り紗和は困惑しますが、自分自身も北野に惹かれ始め、北野と紗和はお互い純粋に愛し合い、不倫がスタートします。

しかし、北野の妻に不倫がばれてしまい、紗和と北野の家庭は崩壊し始めますが、お互い離れることができません。

また、利佳子も不倫を遊びと割り切っていたのにもかかわらず、画家の加藤修を本気で愛するようになります。

夫婦とは何か?本当の愛とは何かを深く考えさせられる大人の恋愛ドラマです。

『ギルティ 悪魔と契約した女』

冤罪により15年もの間服役していた女性・野上芽衣子が、復讐を決意しながらも警視庁捜査一課の刑事・真島拓朗に惹かれていく姿を描いたドラマです。

芽衣子は19歳の時に、義兄(姉の夫)とその息子を殺害したという無実の罪に問われ、その後15年間服役しました。出所後、事件の真相を追い、犯行にかかわったすべての人に復讐をすると決意します。

偶然知り合った、真島とお互い惹かれあいながらも、芽衣子は自分の復習に真島を巻き込みたくない一心から、真島に守られることを拒否し続けます。

復讐というドロドロとした中にも、芽衣子と真島のお互いを思いあう切ない恋模様も必見です。

泣ける恋愛ドラマ

人目を気にせずに、思いっきり泣きたい時は、思わず泣けてしまう恋愛ドラマを観ましょう。

ここでは、感動して泣けてくる恋愛ドラマ3作品を紹介します。

ドラマ版『世界の中心で、愛をさけぶ』

片山恭一の大ベストセラー小説を原作とし、オリジナル化した純愛ドラマです。

主人公である松本朔太郎は、高校時代に亡くした最愛の恋人・廣瀬亜紀を忘れられず、17年もの間、心を閉ざして生きています。ドラマ版では、朔太郎が亜紀との大切な思い出と向き合って、前向きに生きていく様子を描いています。

朔太郎と亜紀は、誰もが知る仲の良い普通の高校生カップルでした。ある日、2人は無人島でのキャンプを楽しんでいましたが、亜紀が突然倒れてしまいます。亜紀は病院へ運ばれ、そこで朔太郎は亜紀が白血病にかかっていることを知らされます。

美しいオーストラリア・ウルルの青い空を、亜紀にも見せると決心した朔太郎は、病院を抜け出してオーストラリアへ向かいますが、空港で亜紀は倒れてしまい、亡くなります。

遺骨をウルルにまいて欲しいという亜紀の遺言通り、亜紀の両親と朔太郎はウルルを訪れます。それから17年、朔太郎は亜紀との思い出を胸に、未来に向かって歩いていくストーリーです。

美しい2人の純愛が、あまりにも切なくて、涙があふれてくるでしょう。

人気作家が描いた歪んだ愛『白夜行』

人気作家・東野圭吾が描いた『百夜行』は、幼い2人の少年少女が残酷な運命を背負って生きていくストーリーです。

桐原亮司は、幼いころ自分の父親から初恋の少女・西本雪穂を守るために、父親を殺害してしまいます。そしてそのことを知った雪穂もまた、亮司を守るために自分の母親を殺害します。お互いの罪を隠すために、その後はもう会わないよう2人は離れて暮らし始めました。

高校生になり亮司と雪穂は再会を果たしますが、それから2人は純粋に愛し合い、ただ2人でまた太陽の下で手をつないで歩くために、罪を重ねていってしまいます。

まだ未熟で若い2人にとって、たくさんの試練が待ち構えており、切なさを感じてしまうドラマです。

純愛ストーリー『流れ星』

兄の借金を肩代わりして返済するために、風俗嬢として働いている槇原梨沙と、肝臓移植が必要な妹を持つ岡田健吾の2人が、本当の愛を育んでいく姿を描いた作品です。

借金を返済したい梨沙と、配偶者となって難病を患う妹のために肝臓を提供してほしいと願う健吾は、お互いの利益のためだけに契約結婚をすることから始まります。

契約結婚から始まった2人ですが、お互い惹かれ初め、次第に本当の愛が芽生えていきました。しかし、お金をもらって肝臓移植のために契約結婚したことが、世間にばれてしまい、周囲を巻き込む大騒動へ発展し、梨沙を守るため健吾は離婚を決めます。

風俗嬢・借金・難病など重たいテーマが盛り込まれていますが、その状況の中で梨沙と健吾がお互い純粋に愛し合っていく姿に、感動せずにはいられません。

恋愛ドラマを観るなら

恋愛ドラマを観るならば、動画配信サービスがおすすめです。動画配信サービスならば、スマホ・タブレット端末・PCなどがあれば、いつでもどこでも好きな時に観られます。

気軽に観れる動画配信サービス一覧

恋愛ドラマが豊富な動画配信サービス一覧は以下の通りです。

どのサービスも無料お試し期間が設けられています。名作から最新の恋愛ドラマまで取り揃えているので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょか。

名作恋愛ドラマを観て過ごす

名作と言われる恋愛ドラマは、昔の物でもDVDや動画配信サービスで観られます。

自宅でのんびりとDVDを借りて、また通勤時間などに動画配信サービスで恋愛ドラマをもう1度観て、当時の思い出や、懐かしい気持ちにひたってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME