卓球の上達にはソックスも大切?ブランド別おすすめ7品を紹介

2019.08.04

卓球をプレーするにあたって、フットワークは重要な鍵になります。そのため、選手はシューズに高い性能を求めます。しかし、ソックスにまで意識を向ける人は意外に少ないようです。プレイヤーの動きを支えるソックスについて解説しましょう。

卓球ソックスと普通の靴下との違いは?

スポーツには、それぞれに適したトップスやボトムス、シューズがあります。そして、脇役のようなソックスにも各スポーツ専用のものがあるのです。

野球やサッカー向けに専用のソックスがあることは、よく知られています。同じように、卓球用のソックスも選手の動きをサポートする機能が盛り込まれ、専用だからこそ利点が多いのです。

普通のソックスと卓球用のソックスでは、なにが異なるのでしょうか。それぞれの違いについて説明します。

生地が分厚くクッション性に優れている

卓球は、足元に大きな負荷と衝撃がかかるスポーツです。スピーディーでクイックネスな動きが求められるため、足首や膝にかかる負担は小さくありません。

そのような動きを支えるために、卓球用のソックスは、普通のソックスと比べてとても分厚い生地を使っています。履いた印象を例えるなら、冬用の防寒ソックスのような履き心地です。

分厚い生地でクッション性が高まることで、足首や膝が衝撃から守られ、負担を軽減します。プレイヤーの身体保護はとても重要なポイントです。

普通のソックスで卓球をしていると、すぐに穴が空いてしまうという経験をした人も多いでしょう。生地が分厚くなるぶん、消耗をおさえ耐久性を高めることができます。

靴の中で滑りにくい

卓球用のソックスには、滑りにくい素材が使用されています。その理由は、シューズの中で滑って足がズレないようにするためです。

卓球は、素早い動作を繰り返し行うスポーツです。ですので、シューズの内側でソックスが滑ると、その分フットワークに悪影響を及ぼし、よいプレーができません。

ソックスに滑りにくい素材を使用することで、シューズと足がしっかり密着するため、激しい動きにもロスなく対応できるのです。

乾きやすく臭いが発生しにくい

卓球のみならず、スポーツ用のソックスには『吸水速乾』と『抗菌防臭』の働きが備わっています。

激しい運動は大量の汗をもたらし、足からも想像以上の汗が出ているのです。運動中または後に、足が熱くなっていたり、しっとりとしていたりした経験もあるでしょう。

運動に適したソックスは汗を吸収することで、動きの効率が悪くなることを防いだり、不快感を除いたりします。

汗の成分の9割以上は、単なる水分です。水分そのものに臭いはありません。残る1割に体内から排出される雑菌が混ざっていて、これが臭いの原因になります。

運動専用のソックスは、雑菌の増殖をおさえ、不快な臭いが強くならないように抗菌対策を施し、防臭効果を生んでいるのです。

全体的に値段は高め

卓球ソックスを買ったことがある人はおわかりのとおり、その値段は比較的に高めです。各ブランドから出ている卓球ソックスを見ても、定価では1000円を下回るものはほとんどありません。

ファストファッションで購入する普通の靴下であれば、何足も買える価格ですから、購入を躊躇してしまう人もいるでしょう。

しかし、その機能を考えると、決して損ではないといえます。耐久性が高く長持ちする上、卓球に適した素材でプレーにも好影響があるので、卓球ソックスを履く利点は大きいでしょう。

本格仕様の卓球専門ブランド発ソックス

フットワークに大きな影響を与えるソックスに関して、卓球用品メーカーは商品開発を重ね、機能性は日々向上しているのです。

卓球を知り尽くした専門ブランドゆえに、プレイヤーの高い要求に応えるための技術革新に余念がありません。専門ブランドの本格仕様のソックスを厳選して紹介します。

ニッタク アスリティソックス

『ニッタク』は、国内最大手の卓球用品メーカーの一つです。ボールについては、過去のオリンピック大会で何度も公式球に採用され、世界的に高い評価を得ています。

ソックスにおいても、多様なニーズに合わせて数多くのラインアップをそろえています。なかでも『アスリティソックス』は幅広い層からの人気を獲得するソックスです。

テーピング処理が施されており、足全体を優しく締め付けてくれます。また、足の負担を軽減するため左右対称構造で、さらに直角ヒールでアキレス腱を保護するつくりになっています。

  • 商品名:ニッタク アスリティソックス
  • 価格:1080円(税込)
  • Amazon:商品ページ

バタフライ ウィンロゴ・ソックス

卓球アイテムのブランド『バタフライ』は、選手を花に例え、その花に仕える蝶でありたいとの思いで名づけられました。

卓球用ソックスは吸汗速乾性に優れ、不快な汗から守ってくれます。『サピウム』という素材を使用しており、これが高い抗菌防臭機能を備え、気になる臭いを防止する役割を果たします。

デザインは蝶をあしらった同社のロゴマーク入りで、とてもスマートで、女性からも高い人気があります。

  • 商品名:バタフライ ウィンロゴ・ソックス
  • 価格:864円(税込)
  • Amazon:商品ページ

VICTAS V-SX046

1931年に創業した当初は卓球ボールの製造を手掛けていた『VICTAS(ヴィクタス)』は、長い歴史を持つ卓球用品メーカーです。

日本の企業で初めて、国際卓球連盟の公式ボールに採用されました。

そのVICTASの『V-SX046』は、素材に吸汗性の高い『ドラロン綿』を使用し、クッション性とフィット感に優れています。

カラーリングは、左右異なる配色で独特なデザインが特徴です。ブラックとブルーを大胆に配した色合いで、注目度の高いソックスといえます。

  • 商品名:VICTAS V-SX046
  • 価格:913円(税込)
  • Amazon:商品ページ

おしゃれで機能的なおすすめ卓球ソックス

海外ブランドには、日本製にはない独特のデザインや雰囲気があります。おしゃれで機能性も備えた海外ブランドのソックスを紹介しましょう。

andro ターナカラーソックス

ドイツ発祥の卓球ブランド『andro(アンドロ)』は、その品質の高さが国際的に評価されています。また、クールなデザインで、若者を中心に人気を博すブランドです。

同社の『ターナカラーソックス』の魅力は、なんといっても豊富なカラーバリエーションです。デザインを重視する同社ならではの展開で、10色ものラインナップから選べます。

もちろん、クッション性や安定感も兼ね備えており、機能面・ビジュアル面の両方を求める人におすすめです。

  • 商品名:andro ターナカラーソックス
  • 価格:1080円(税込)
  • Amazon:商品ページ

STIGA プライムソックス

『STIGA(スティガ)』はスウェーデンで生まれた卓球ブランドです。60年超の歴史を持つ老舗ながら、日本での知名度は高いとはいえませんでした。

しかし、2017年にSTIGAジャパンを設立し、日本での販売がスタートしました。そのことで一気に注目を集めたブランドです。

足首や土踏まずのホールド、そしてクッション性などの機能が十分にそなわっています。シンプルなデザインで、年齢問わず幅広いプレイヤーに向いているソックスです。

  • 商品名:STIGA プライムソックス
  • 価格:750円(税込)
  • Amazon:商品ページ

卓球向きの有名スポーツブランドソックス

スポーツ用品の総合メーカーからも、数多くの卓球ソックスが販売されています。国内の有名スポーツブランドのソックスを見てみましょう。

ミズノ ソックスショート丈

『ソックスショート丈』の開発にあたっては、数多くの選手の意見を集められました。ミズノのソックスには、世界のトップ選手の声が集約されているのです。

卓球に不可欠な急なストップ&ゴーといった動きや、左右の踏み込みを想定して設計されています。

また、足の形状にマッチする立体設計で、ズレを防止し、素早い動きにもしっかり対応してくれます。

  • 商品名:ミズノ ソックスショート丈
  • 価格:972円(税込)
  • Amazon:商品ページ

アシックス 5本指パイルソックス

アシックスの『5本指パイルソックス』は、その名の通り、足の指がセパレートになったソックスです。

5本指ソックスの利点として、踏ん張りが効きやすいことがあります。卓球特有のスピーディーな動きには最適な効果です。

また、アキレス腱・土踏まず・足首の3点にフィットする構造で、シューズ内でのズレも防ぎます。さらには吸汗性にも優れ、足のムレや臭い対策も万全です。

  • 商品名:アシックス 5本指パイルソックス
  • 価格:738円(税込)
  • Amazon:商品ページ

きちんとしたソックス選びが卓球上達の要

卓球のプレーにソックス選びが大切だということを、見逃している人は意外に多いものです。しかし、素早いフットワークをするためには、ソックスの持つ機能を見逃すわけにはいきません。

さらに上達を目指すなら、きちんとしたソックス選び、よりハイレベルなプレーを目指しましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME