釣りで使用する錘(おもり)の種類を知ろう。錘の役割や板錘の使い方など

2019.08.03

釣りで使う錘にはたくさんの種類があり、狙う魚の種類や場所によって変えることで、釣果アップに繋がります。知っておくと得をする、それぞれの錘の役割から板錘の使い方など『錘(おもり)』について徹底解説するので、選ぶときの参考にしてみてください。

釣りで使う錘は何のためか

錘(おもり)は、ウキ釣りや投げ釣に必須の道具ですが、どのような役割を持っているのでしょうか。仕掛けにも大きく影響する、錘の役割をチェックしてみましょう。

錘の用途はさまざま

例えば、錘は重さがあるため遠投性を高めて、餌やルアーを的確に狙ったポイントに沈めやすくします。重さがあるものほど飛距離を伸ばせるので、遠くに飛ばして獲物を釣りたい時に便利です。

また、重さがあるとラインテンション(糸にかかる張力、張り具合のこと)が強くなるので、アタリ(魚が餌に食いついたときの感覚)がわかりやすくなります。

他にも、餌の付いた針が流されないようにする、錘が根がかりすることで仕掛けや魚をしっかり回収できるという役割も持っています。鉛にはさまざまな役割があり、用途によって種類も使い分ける必要があるのです。

ガン玉や割ビシの特徴と役割

錘の種類によっても役割が違います。球形の『ガン玉』や楕円形の『割ビシ』は、割れ目に釣り糸を通して押し潰して固定して使うものです。

錘の負荷を微調整するために仕掛けの上部に使う方法や、潮の動きに合わせた餌の浮き上がり防止としてハリス(道糸と針の間の糸・ショックリーダー)部分に使う方法があります。

万能な錘の種類

錘は用途が豊富なので、多種多様な形が用意されています。個々の特徴を知って使い分けられるようになれば『釣りにも幅が出る』のです。

それぞれの錘の特徴を紹介するのでセッティングの参考にしてみてください。

ナス型は、サビキ釣りやちょい投げなどに

ナス型の中でも小型のものは、サビキ仕掛けやちょい投げにピッタリの錘です。大型は投げ釣りや船釣りの胴付き仕掛けに使えます。野菜のナスの形に似ていることからナス型と呼ばれ、根がかりが少なく使い勝手が良いのが特徴です。

安定感のある、小田原型

角が6つある潮に流されにくい錘が小田原型です。船・ボート釣りのサビキ仕掛けや胴付き仕掛けに疲れることが多い錘で、小さいものはちょい投げにも活用できます。

一部の釣り人の中には、小田原型をベースにハンマーで叩いて形を変えて使う人や、蛍光塗料でペイントするなどの工夫を凝らしている人もいます。アレンジができるという点でも優秀な錘です。

こんな錘はぶっこみ釣りに使える

ぶっこみ釣りとは、ウキなどを使わず針と錘だけの仕掛けで釣りのポイントに投げておき、魚がかかるまで待つ釣りのことです。投げて待っている動作を『ぶっこむ』と表すことからこの名前が付けられました。

そんなぶっこみ釣りに使える、便利な錘を紹介します。

根魚を狙える中通し錘

中通し錘は、中心にある穴に釣り糸を通して使う錘です。根がかりの多い釣りポイントで使われ、根魚(海底の岩礁や海藻の間などに潜み、遠くへ移動しない生息範囲が狭い魚のこと)を狙うぶっこみ釣りや、穴釣り仕掛け(堤防のテトラの隙間などに仕掛けを落として釣る方法)で役立ちます。

また、強い引きに対する緩衝効果を得られるものや、大物を狙う仕掛け、魚の警戒心を弱めるために細いハリスを使うときにも使われます。

中通し錘にはナツメ型、カメ型、お多福型などの種類があり、用途によって形がさまざまなのも特徴です。

ゴム管入りのぶっこみ用錘

ゴム管入りのぶっこみ用錘は、コイ釣りや潮の流れの速い場所でのぶっこみ釣りで『流されにくい』ように偏平型で作られた錘です。

釣れるまで待っている間にも流されにくく、安定した釣果が得られます。中通し錘の中でも人気の形です。

  • 商品名:第一精工 ゴム管入リブッコミオモリ
  • 価格:285円(税込)
  • Amazon:商品ページ

板錘とは

板錘とは、鉛などの金属素材を薄板状にしたもので、必要な分だけ切って糸に巻きつけて使う錘です。カラーバリエーションも豊富で、タナ(魚のいる層・回遊層のこと)に仕掛けを調節するときに重宝します。

タナの調整などに使用

ターゲットの魚がいるタナに水深を調整することを『タナを合わせる・タナ取り』と言います。魚が近くにいても、魚の回遊層に餌を入れなければなかなか釣れません。そこで、タナを見つけて、合わせるために板錘が使われます。

板錘にもさまざまなカラーが用意されているので、狙う魚によって色を変える工夫ができる点も優秀です。

板錘の使い方

板錘の使うときには、餌落ちを決めていきます。ヘラウキのトップの1/4くらい沈んだ見やすい位置になるように板錘で調節しましょう。次に、上の針にタナ取りゴムを付けて、投入します。

大抵の場合、ウキが沈んでしまうので『ウキを少しずつ上げながら』最初に決めた餌落ちの目盛りが水面に出るまで調節していきましょう。調節ができれば、タナ取りゴムを外してそのまま釣りができます。

調節のために板錘を使うときは、いきなりたくさん巻くのではなく『徐々に増やして』いくのがおすすめです。

巻き方は、板錘の端で道糸を挟み『折返しの幅』を整えながら丸くなるように巻きます。このとき、道糸を挟む部分に両面テープを1.5mm程度貼っておくと、ズレや道糸の傷防止にピッタリです。

また、巻き込みは均等に丸め込むのが丁寧な調節のコツです。

錘を使いこなして釣果アップ

錘の形状や種類を工夫すれば、今まで以上に釣りの幅が広がる錘は、釣果にも大きく影響します。今まで試したことがない人は、釣り糸や仕掛けと一緒に錘にもこだわりを持ってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME