白ワインのリキュール『ベルモット』で作るカクテルレシピ4選。

2020.05.08

「ベルモット」というリキュールをご存知でしょうか?カクテル通には定番のお酒ですが、あまりカクテルを飲まないという人は知らない人も多いはず。そこで、この記事では美味しいカクテル作りにピッタリな「ベルモット」を使ったカクテルについて紹介します。

ベルモットとは

ベルモットとは、白ワインをベースに、ニガヨモギなどの香草やスパイスを配合して作られるフレーバードワインのことを言います。簡単に言うと「味付き白ワイン」のようなもの。香草だけでなく、シナモンや柑橘系の皮などもよく使われています。

ベルモットの発祥は2つ

ベルモットのタイプには2種類あり、その発祥はそれぞれイタリアとフランスと言われています。

イタリア発祥のベルモットは「スイート・ベルモット」と呼ばれ、その名の通り甘口のリキュール。一方フランスのベルモットは「ドライ・ベルモット」と呼ばれ、辛口なタイプです。特にドライ・ベルモットは、香草の香りと苦みがあるため、好き嫌いが分かるお酒といえるでしょう。

ちなみにベルモットは日本ではカクテルの材料としての用途が多いですが、欧米では食前酒としてそのまま楽しむこともあります。

ベルモットを使ったカクテル

ベルモットを知らなくても、ベルモットを使ったカクテルの方は知っているという人もいるのではないでしょうか?ベルモットを使ったおすすめの定番カクテルレシピを紹介します。

マティーニ

ベルモットと聞いてこちらのカクテルを連想した人も多いのではないでしょうか?『マティーニ』は少しカクテルを嗜む人なら知らない人はいないカクテルです。別名「カクテルの王様」とも言われ、特に通に好まれる上級者向けカクテルといえるでしょう。

マティーニの味わいは極めてドライな辛口で、ジンとベルモットしか使用しないためアルコール度数も非常に高くなりますので、お酒に弱い方はご注意を。用意するものは、ドライ・ジン45ml、ドライ・ベルモット15ml、オリーブ1個です。

手順

  1. まずは、ミキシンググラスにドライ・ジンとドライ・ベルモットを入れて混ぜ合わせます。
  2. グラスに氷を入れて①を注ぎます。
  3. ②の中にオリーブを入れて完成となります。

マティーニの作り方については、こちらの記事でアレンジレシピなども合わせてより詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

[参考記事]カクテルの王様『マティーニ』とは?飲みこなせたらカクテル上級者

カシス・カクテル

続いては『カシス・カクテル』です。ウイスキーとドライベルモットをメインにした刺激的な味わいながら、甘いクレーム・ド・カシスがアクセントになっています。

ただしこちらもアルコール度数は20%以上と高いのでご注意ください。用意するものは、ウイスキー40ml、ドライ・ベルモット20ml、クレーム・ド・カシス5mlです。

手順

  1. 材料全てをシェーカーに入れてシェイクします。
  2. グラスに氷を入れて、①を注いで完成となります。

アメリカーノ

続いては『アメリカーノ』です。このカクテルはスイートベルモットをベースとしているため甘く、それでいてカンパリの苦味とベルモットの独特の香りがソーダで中和され、飲みやすい味わいに仕上がっています。

ちなみに名前とは裏腹に、誕生したのはイタリア。イタリアでは食前酒として飲まれることの多い定番カクテルです。用意するものは、スイート・ベルモット30ml、カンパリ(またはドライ・ベルモット)30ml、ソーダ適量、レモン・ピールです。

手順

  1. グラスに氷を2~3個入れて、スイート・ベルモットとカンパリ(またはドライ・ベルモット)を注ぎます。
  2. ①にソーダ水を満たすほど入れたら、レモン・ピールを絞って完成となります。

キャロル

続いては『キャロル』です。このカクテルは、ブランデーベースにスイートベルモットを合わせており、芳醇な香りとやや甘めの味わいが特徴。用意するものは、ブランデー45ml、スイート・ベルモット15ml、パール・オニオンです。

手順

  1. ミキシング・グラスにブランデーとスイート・ベルモットを入れて、氷を加えます。
  2. 軽く混ぜたらグラスに注ぎ入れます。
  3. 最後にカクテル・ピックに、パール・オニオンを刺して沈め完成となります。

おすすめのベルモット

ここでおすすめのベルモットを紹介します。

マルティーニ ヴェルモット エキストラ・ドライ

最初に紹介するのは『マルティーニ ヴェルモット エキストラ・ドライ』です。この商品は、「エキストラ・ドライ」の名の通り、刺激的で辛口な味わいが特徴のドライベルモット。コクのある白ワインと柑橘類の香りが調和し、ブドウの旨みもしっかりと感じることができます。

  • 商品名:マルティーニ ヴェルモット エキストラ・ドライ
  • 内容量:750ml
  • 参考価格:996円(税込)
  • Amazon:商品ページ

チンザノ ベルモット ロッソ

続いて紹介するのは『チンザノ ベルモット ロッソ』です。この商品は、ハーブやスパイスをふんだんにブレンドしたスイート・ベルモット。ほろ苦さの中にくどくない自然の甘さが堪能できる一本で、カクテルベースにはぴったりの商品です。

  • 商品名:チンザノ ベルモット ロッソ
  • 内容量:1000ml
  • 参考価格:1,473円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ベルモットを使ったオリジナルのカクテルを作ってみよう

ベルモットについて紹介しました。ベルモットはカクテル作りにピッタリなワインベースのリキュールです。ぜひ、好みの素材やリキュールなどと合わせて、この記事で紹介したカクテルを作ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME