ジャスミン茶は水出しもおすすめ!美味しい入れ方を紹介

2019.07.30

ジャスミン茶は、冷やしても美味しく飲むことができるお茶です。市販されているペットボトル飲料も人気ですが、実は自宅でも簡単に作って冷蔵保存することができるのをご存知でしょうか?今回は、そんなジャスミン茶の水出し方法を紹介します。

ジャスミン茶の成分

ジャスミン茶はただ美味しいだけでなく、カラダにとっても嬉しい成分がたくさん含まれています。美容や健康を大切にする方には特におすすめのお茶です。

ジャスミン茶の成分

ジャスミン茶は、烏龍茶や緑茶などの茶葉がベースになっています。そのため、含有成分も烏龍茶や緑茶と同じような内容になります。

「ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB2、カフェイン、カテキン、タンニン、ミネラル」といった成分がジャスミン茶の主成分になります。

また、ジャスミン茶の特徴でもある香り成分の「ベンデルアセテート」が含まれており、この成分にはリラックス作用があるとされています。

水出しジャスミン茶のメリットと入れ方

水出しジャスミン茶は、家庭でも簡単に作ることができるため、日常的に飲むお茶としてもおすすめです。

水出しジャスミン茶のメリット

ジャスミン茶をお湯で入れる場合は、短時間で入れることができますが、水出しで入れる場合は、ある程度時間をかけてジャスミン茶の旨みや香りを引き出します。

そのため、出来上がるまでに時間はかかりますが、熱を使わずにジャスミン茶を入れるため、ジャスミン茶の成分が劣化するという心配がありません。また、お茶に渋みがでることもなく、冷蔵庫で冷蔵保存しておくことができるというメリットがあります。

水出しジャスミン茶の入れ方

1リットルの水出しジャスミン茶を入れる場合、ボトルに入れるジャスミン茶葉の量は3グラム~5グラムがおすすめです。

  1. 水を沸騰させてから冷ます。
  2. 茶葉3グラム~5グラムを、水出しするボトルに入れる。
  3. ボトルに、沸騰させて冷ました1リットルの水を注ぐ。
  4. ボトルを冷蔵庫に入れ、6時間程寝かせる。
  5. 好みでグラスに氷を入れ、ジャスミン茶を注ぐ。

おすすめは伊藤園のジャスミン茶

ジャスミン茶は緑茶や烏龍茶と同じく、非常に人気のお茶です。様々な飲料メーカーから販売されているジャスミン茶ですが、この記事ではその中から「伊藤園」のジャスミン茶を紹介します。

今回紹介する商品は、伊藤園独自で茶葉をブレンドしたジャスミン茶です。この商品はティーバック式になっており、1箱で50リットル分のジャスミン茶を入れることができます。

  • 商品名:Relaxジャスミン茶 ティーバッグ お徳用
  • 容量:100袋(500mlにつき1袋)
  • 参考価格:1200円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

ティーバッグであれば、茶葉を直接ボトルに入れるよりも簡単に、水出しジャスミン茶を入れることができます。伊藤園のティーバックは1袋が500ml用になっているため、お茶を入れる都度、茶葉の分量を計る必要がありません。

また、ティーバックであれば、水出ししたボトルの中で茶葉が暴れることがないためグラスに注ぎやすく、出し終わった茶葉の処理も簡単なため、とてもおすすめです。

水出しジャスミン茶は家庭にもおすすめ

ジャスミン茶はお湯だけでなく、水出しでも楽しむことができるお茶です。美味しいだけでなく、美容や健康にも嬉しい成分が含まれているジャスミン茶の水出し。水出しジャスミン茶は、コストパフォーマンスにも優れ、家庭でも簡単に作り置きしておくことができるため、暑い時期には特におすすめです。

家庭でも冷えた美味しいジャスミン茶を飲みたいという方は、ぜひ水出しジャスミン茶を作ってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME