クリームチーズの賞味期限はどのくらい?食べる際の注意点と保存方法を紹介

2019.07.29

チーズは発酵食品のため、賞味期限は比較的長め。とはいえ、すべてのチーズの賞味期限が長いというわけではありません。この記事では、その中でもクリームチーズの賞味期限について紹介。保存方法についても載せていますので、ぜひ、この機会に確認しておきましょう。

クリームチーズの賞味期限は過ぎても大丈夫?

なんとなく賞味期限が短そうなクリームチーズですが、一体どのくらいなのでしょうか。

クリームチーズは、生クリームや牛乳を利用し、熟成させずに作られるチーズ。水分量が多く、いわゆる「フレッシュチーズ」と呼ばれる種類のチーズです。

水分量が多いということは、その分腐敗もしやすく、賞味期限も他のチーズと比べて短くなります。一般的には、では、もし賞味期限を過ぎてしまった場合、どれくらいの期間であれば食べることができるのか。ここで、過ぎてしまった期間を分けて見ていきましょう。

1~2ヶ月過ぎ

まずは、1~2ヶ月過ぎのクリームチーズの場合です。この場合、味が落ちるくらいで食べても支障はありません。が、あくまでも自己責任です。

3ヶ月~半年以内

次は、3ヶ月~半年以内の場合です。この場合、開封してみて、色やカビが生えていないかなどの確認することが必要。問題なければ食べられる可能性もあります。

半年以上

次は、半年以上の場合です。この場合ですとさすがに躊躇する人も増えてくるのではないでしょうか。さすがにこの期間過ぎてしまうと、食べるのはおすすめできません。何の問題もないようでしたら食べられる可能性はありますが、その場合は自己責任で食べてください。

できれば開封後1週間で

「1~2ヶ月過ぎ」「3ヶ月~半年以内」「半年以上」と期間を分けて紹介しましたが、できれば開封後早めに食べることが何よりも大切です。何か問題がある場合は、絶対に食べないようにしましょう。

賞味期限切れクリームチーズを食べる場合の注意点

それではここで、賞味期限切れのクリームチーズを食べる場合の注意点について紹介します。

風味や見た目を必ず確認する

一つ目は風味や見た目を必ず確認すること。開封した時に、カビが生えていないか、色は変わっていないか、味に変化がないかなどのチェックを行えば、食べられるか食べられないかを確認することができます。

異常を感じる場合は絶対に食べない

二つ目は、異常を感じる場合は絶対に食べないということです。問題があるクリームチーズを食べてしまうと、お腹を壊したり、体に不調を感じる恐れがあります。そのため、異常を感じた場合は、食べるのをやめましょう。

クリームチーズの保存方法と注意点

では、クリームチーズはどのように保存をすればよいのか。ここで、正しい保存方法と保存する際の注意点について紹介します。

保存方法

まずは、保存方法です。保存方法には2通りあります。一つ目は、そのまま冷凍庫で保存をするという方法。クリームチーズは容量が多いため一度で使い切るということはあまりなく、微妙に余ってしまうということがあります。その場合は、ラップに包んで冷凍庫で保存をしましょう。二つ目は小分けにして冷凍保存するという方法。小分けにしておくことで、次に利用する場合使いやすくなるというメリットがあります。

注意点

注意点として挙げるとすれば、空気が触れないようラップをし、そのうえで容器に入れるということです。こうすることで、空気に触れる部分を極力少なくすることができます。

賞味期限の過ぎたクリームチーズは必ず確認を

クリームチーズの賞味期限について紹介しました。賞味期限の過ぎたクリームチーズは食べることはできますが注意は必要です。いただく前には必ず確認をするようにしましょう。

 

 

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME