好きな映画が毎日見放題。定額制動画配信サービスの魅力と選び方

2019.07.26

定額制動画配信サービスに加入する人が増えてきています。まだ加入していない人の中には、定額制動画配信サービスへの疑問や不安もあるのではないでしょうか。ここでは、そんな疑問に答えつつ定額制動画配信サービスとはどのようなものかを解説します。

映画好きにおすすめの定額制配信サービス

「見放題という言葉はよく聞くようになったものの、その市場がどんなものかわからない」という人に対して『定額制配信サービス(SVOD)』の現在について解説していきます。

利用者が急速に増え続けている

2017年の動画配信市場規模は、前年に比べて12.2%増加という結果が出ています。

これは、映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータの分析・レポート提供を行っている『GEM Partners株式会社』が行った消費者調査の結果を元に推計されたものです。

このうち、定額制動画配信サービスは市場全体の『75.6%』と大半を占めており、今後のさらなる拡大率が予想されています。

<動画配信(VOD)市場規模の予測>2022年の動画配信市場は2017年比1.4倍、定額制動画配信(SVOD)サービスが市場の約8割を占めると予想|GEM Partnersのプレスリリース

TSUTAYAも配信サービスへ方針転換?

DVD・Blu-rayレンタル店である『TSUTAYA』も、『TSUTAYA TV』として動画の定額配信サービスに参入しています。

2017年頃から進んだ、実店舗のスクラップ&ビルドで新たな価値を提供する一方、配信サービスへ方向転換する流れが確実にできつつあるともいえそうです。

定額制動画配信サービスの魅力とデメリット

そもそも、定額制動画配信サービスとはどのようなものなのでしょうか。ここからは、定額制動画配信サービスの魅力とデメリットについて解説します。

よいところも悪いところもそれぞれあるため、自分に合ったスタイルかどうか見極めることも大切です。

どこでも観られて返却の手間もなし

「レンタルショップに行ったり返しに行ったりするのが大変で、映画やドラマを気軽に借りられない」という人は、定額制動画配信サービスがおすすめです。

サービスに加入さえしていれば、いつでもどこでもすぐに観られます。

自宅ではテレビで鑑賞できる上に『再生可能なデバイス』が豊富です。パソコン・スマホ・PS4などで外や移動中に視聴することもできます。

『返却の手間』も要らず、ライフスタイルに合わせていつでもどこでも作品を楽しめます。

たくさん観るほどお得

映画やドラマをレンタルショップで借りる際、1本100~500円ほど支払うのが一般的です。借りれば借りただけ、その金額が加算されていきます。

一方の定額制動画配信サービスは『月額』で精算されるのが特徴です。

例えば『Hulu(フール―)』なら、1007円(税込)で1カ月借り放題のため、レンタルショップで300円の映画やドラマなら、月に3~4本観るだけで元が取れる計算になります。

それ以上の本数を観ても、月額見放題であれば『追加で料金を請求される』心配はありません。

『観れば観るほどお得』なため、毎月たくさんの映画やドラマ、アニメを観るという人は定額制動画配信サービスがぴったりでしょう。

知らない作品も気軽にお試し視聴できる

レンタルショップでは、基本的にDVDやBlu-rayの本編を視聴してから選べません。面白そうだと思って借りても失敗してしまうことがよくあります。

そのような『がっかり感』を避けられるのが、定額制動画配信サービスです。見放題システムのため、つまらなかったら途中でやめても問題ありません。

試しに視聴してみて、最後まで観るか決められるのもメリットですが『今まで観たことのないジャンル』も気軽に楽しめる結果、思いがけない人生の名作に出会える可能性も高まるでしょう。

配信サービスが向かない場合もある

残念ながら、配信サービスが向かない場合もあります。『忙しくてなかなか視聴時間が取れない』人です。月額制のため、1本も視聴しなくても同額の料金が毎月発生してしまいます。

たくさん鑑賞できる時間があるならお得ですが、元が取れないと損をした気分になる可能性もあるでしょう。

『新作やマニアックな作品が観たい』という人も配信サービスでは物足りないかもしれません。

作品数はレンタルショップに比べるとやや少なく、新作が見放題ラインナップに入るのも多少遅くなります。

『新しい作品を早めに観ておきたい』『明確にこの映画が観たい』といった目的がある人などは、配信サービス登録前に検討が必要です。

サービスを選ぶ決め手は?

定額制動画配信サービスは、近年、多くの会社が提供しています。その中からどのようにして『自分に最適なサービス』を選べばよいのでしょうか。

『無料お試し期間』が設けられているものも多いため、生活シーンに合った使い方やサービスがあるかを見極めましょう。

コンテンツの数と種類

『コンテンツ数』も指標の一つです。数の多さも大事ですが、観たい作品が『追加課金対象(ペイパービュー)』に設定されていないかも必ずチェックしてください。

単純な数の多少ではなく『好きなジャンルが豊富かどうか』で判断しましょう。

比較には、新作や人気作品を一覧で確かめたり、公開年やジャンル、画質など好みの条件を使って絞り込んで検索できたりする『JustWatch(ジャストウォッチ)』が便利です。

『dTV』や『U-NEXT』、Huluをはじめ『Netflix』や『Amazonプライムビデオ』などを横断的に検索できます。観たい作品がどの動画配信サービスで視聴できるか調べてみましょう。

JustWatch

コストパフォーマンス

サービスに『月額料金なりの価値』を感じられるかどうかも指標の一つです。月額300~2000円台のものまで、サービスごとに設定されているいくつかの種類から選べます。

自分の『予算』に合っているか、もしくは合っていなくとも試用してみて『料金なりの価値』を感じられるかが見極めるポイントです。

オフライン再生機能の有無

ネット環境がない場所でも動画を視聴するためには『オフライン再生機能』が付いている必要があります。

通勤や通学などの『移動中』に動画を視聴したい人や『複数端末からの同時視聴』が目的の人は、要チェックの機能です。

ほかにも画質のよさ・持っているデバイスで使えるか・検索がしやすいか・早送りや巻き戻しなどができるかといった『アプリの使いやすさ』も大切な判断材料といえるでしょう。

人気の動画配信サービス

ここからは、人気の高い動画配信サービスを紹介します。どれも無料トライアル期間があるため、気になったものがあればぜひ試してみましょう。

安くてコンテンツ数が多い dTV

月額540円(税込)でリーズナブルなdTV(ディーティービー)は、映画を筆頭に12万以上のコンテンツ数を誇る群を抜いた品揃えが魅力的なサービスです。

コンテンツとしてはJ-POPアーティストのライブ生配信やアニメ『FOD(フジテレビオンデマンド)』のオリジナルドラマなどの限定コンテンツも配信しています。

一部個別課金が必要な作品もあるため、自分の観たいものが対象かどうか無料期間中に必ず確かめましょう。

dTV

追加課金なし全て見放題 Hulu

動画配信サービスの先駆けであるHuluは、米国発のサービスです。海外ドラマのコンテンツが充実しており、今後のコンテンツ拡充にも期待できます。

視聴可能機器もテレビ・ゲーム機・スマートフォン・タブレット・パソコンと豊富です。一部の作品をダウンロードし、オフラインで視聴できるのも人気の理由でしょう。

追加料金がかかる作品はなく『完全見放題』な点もメリットといえます。無料トライアル期間は他サービスに比べてやや短めのため、Huluへの登録を考えている人は早めの決断が必要です。

Hulu

新作映画の追加が早い U-next

国内の動画配信サービス古参のU-next(ユーネクスト)は、約8万本が見放題・70誌ほどの雑誌が読み放題対象のコンテンツです。

2149円(税込)と月額料金は少々高めですが、作品の配信タイミングも早く更新頻度が高いため、実際のコスパはよいといえるでしょう。

多少値段を払っても『雑誌をたくさん読みたい人』や『映画をたくさん観たい人』にはおすすめです。

U-next

成長著しい注目の配信サービス

とにかく安く動画配信サービスを始めたい人や、今までの配信サービスでは満足できない人には、今『急成長中』の配信サービスがおすすめです。

ほかにはない『進化した機能』も付いているため、こちらもあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

圧倒的な安さ Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ( Prime Video)には他の動画配信サービスとは異なる強みがあります。

月額500円(税込)・年会費4900円(税込)の『Amazonプライム会員』に登録すれば、動画見放題サービス以外にも音楽聴き放題サービスや当日お急ぎ便などがすべて使える点です。

実際には、見放題の作品はある程度限られています。トライアル期間中に他のサービスと合わせて使い勝手を見ていきましょう。

Amazonプライムビデオ

上質なオリジナル映画 Netflix

全世界で1億人を超えるユーザー数の動画配信サービスです。オリジナル制作や独占配信、クオリティの高い映画製作などを行っています。

人気小説『火花』が映像化されたのも、このNetflix(ネットフリックス)からです。ダウンロードにも対応しており、外出先で観たい場合も使い勝手がよいでしょう。

『画質によって金額が変わってくる』ため、どの画質で観たいかでプランを検討しましょう。

Netflix

便利な定額配信サービスで映画三昧

定額配信サービスを選ぶ際は、1人で利用するのか家族で利用するのかなど、今後どのように使っていきたいかを明確にしましょう。

無料お試し期間は積極的に活用し、足りない部分は別のサービスと組み合わせるのもおすすめです。便利に使って、たくさんの映画を楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME