ネスカフェが提供する新スタイルのカフェ『睡眠カフェ』とは?

2019.07.25

ネスカフェが提供している「睡眠カフェ」と言うものを皆さんはご存知でしょうか。どんな場所か分からない人のためにこの記事では、睡眠カフェの特徴について紹介します。興味のある方はぜひ、訪れてみてください。

ネスカフェ睡眠カフェとは

『ネスカフェ睡眠カフェ』とは、生活の質を高め健康的なライフスタイルを提案するネスレ社の睡眠体験型カフェのことを指します。

2019年3月のオープン以来、新スタイルのカフェとして話題になっており、各種メディアで取り上げられています。

ネスカフェ睡眠カフェをもっと詳しく

睡眠カフェと一口にいっても、その実情がわからない人は多いでしょう。睡眠カフェはいったい何ができるところなのでしょうか?

ここからは、ネスカフェ睡眠カフェの基本情報を紹介していきましょう。

ネスカフェ睡眠カフェの特徴

ネスカフェ睡眠カフェは、東京の大井町駅のほど近くにあります。

ネスカフェ睡眠カフェでは、その名の通り「睡眠をとってもらう」ことをコンセプトに据えています。ベッドやレザーチェアでゆったりとコーヒーを飲みながら、お客さんは自由に眠っていいのです。

睡眠時間ごとにコースがあり、提供されるコーヒーもそれに合わせて異なります。

睡眠カフェは、文字通り「睡眠」と「コーヒー」に特化したカフェなのです。ではここで、コースを見ていきましょう。コースは全部で5つありますが、その中からシーン別に3つ紹介していきます。

疲れた頭をリフレッシュ『ナップコース』

最初に紹介するのは「ナップコース」。ナップとは「居眠り」のことで、その名の通りさっと仮眠して気分をリフレッシュしたい人向けのコースです。

このコースの内容は、レザーチェアで行う30分の仮眠体験とコーヒー1杯です。提供されるコーヒーはカフェイン入りで、ちょうどコースが終わる時間ごろにカフェインが効き始めて寝覚めがよくなるように計算されています。

料金は税抜き750円となっており、ちょっと高めの喫茶店で頼むコーヒー1杯とそう変わりません。疲れた頭をリフレッシュするため、仕事の間に来店する方も多いようです。

軽く仮眠して一休み『1時間コース』

睡眠時間1時間のコースです。このコースでは、レザーチェアかベッドを選ぶことができ、コーヒーは2杯いただけます。最初の1杯はカフェインレスで深い眠りをサポートし、次の1杯はカフェイン入りですっきりした目覚めをもたらしてくれます。

料金は税抜き1,500円と、こちらもコーヒー2杯と考えればリーズナブル。身体が重くちょっと一休みしたい時には良いかもしれません。

がっつり眠って気分爽快『3時間コース』

続いてのコースは、睡眠時間3時間のコースです。提供されるコースの中でも一番睡眠時間が長く、3時間も眠れば疲れもかなりとれることでしょう。

ちなみに、脳は3時間周期でレム睡眠とノンレム睡眠を1度ずつ繰り返すといわれています。つまり、3時間は仮眠として最も理想的な時間なのです。こちらのコースでもコーヒーは2杯で、料金は税抜き4,950円となっています。

  • 店舗名:ネスカフェ 睡眠カフェ
  • 場所:東京都品川区大井1-7-7 K-2ビル5階
  • 営業時間:9:00~18:00(最終受付17:30)
  • 公式ページ

睡眠不足を感じたらネスカフェの睡眠カフェを訪れてみよう

ネスカフェが提供する睡眠カフェについて紹介しました。コーヒーと睡眠で豊かなライフスタイルを送ってほしいという思いから生まれた睡眠カフェ。まだ訪れたことがない人や普段から睡眠不足を感じている人は、ぜひ、利用してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME