最近話題の『フレーバーウォーター』って何?自分で作れるレシピも紹介

2019.07.25

直訳すると「香味水」となるフレーバーウォーター。最近は市販品も増え、なじみ深い飲み物となりました。今回はフレーバーウォーターの手作りレシピの紹介を中心に、レシピによってどんな健康効果があるのかを解説していきます。

フレーバーウォーターって何?水との違い

『フレーバーウォーター』とは、果実やハーブなどから抽出された風味を水にうつすことで、味や香りがほのかについた水のことを指す言葉です。味わいを例えるなら、「水以上、ジュース以下」といったところでしょうか。

大手飲料メーカーから多くのフレーバーウォーターが販売されるようになり、ジュースやミネラルウォーター代わりに飲む人が増えています。

フレーバーウォーターの成分は?糖質に注意

ジュースというよりは水やお茶のような感覚で飲まれることの多いフレーバーウォーターですが、カロリーや糖質はどうなっているのでしょうか?

市販のフレーバーウォーターは砂糖が使われている

手軽にコンビニやスーパーで買うことができるペットボトルタイプのフレーバーウォーターは、多くが砂糖を使用しています。

ジュースよりは糖質やカロリーは低いですが、味が薄いからと言って水代わりに多く飲みすぎてしまうと、実はカロリーオーバーになってしまったなんてこともありえます。

カロリーが気になる人や糖質制限中の人は、あまり飲みすぎるのは避けた方がよいでしょう。

フレーバーウォーターの手作りレシピ紹介

市販品でも人気を博しているフレーバーウォーターですが、実は自宅で簡単に作ることができます。基本となるのはミネラルウォーター。そこに好きな材料をいれ、好みの味や香りに仕上げていきましょう。

以下では、シチュエーション別におすすめフレーバーウォーターのレシピを紹介していきます。

リラックスでしたいなら柑橘系+タイム

柑橘系はリラックスやリフレッシュに最適。夏ミカンやレモンなどを輪切りにし、適量をミネラルウォーターに半日程度漬け込みましょう。

アクセントにタイムを入れることで、よりさわやかなフレーバーウォーターに仕上がります。

眠気覚ましになるレモン+ミント

ミントとレモンを入れれば、朝にぴったりな眠気覚まし効果のあるフレーバーウォーターが作れます。ミントはたっぷりめを意識して入れるのがポイント。レモンは数切れで大丈夫です。

半日から1日ほど漬け込むと、ミントが水分を吸ってしんなりとしますので、そうなったら飲み頃です。

体を温めるジンジャー+ハチミツ+レモン

体を温めるにはジンジャーがおすすめ。抗菌力をアップさせるためにハチミツを入れるとよりいいでしょう。さわやかさプラスして飲みやすくするためにレモンを入れてもまとまりがいいです。

季節の移り変わりなどで風邪をひきやすい方にもおすすめのフレーバーウォーターです。

フレーバーウォーターの素でより手軽に

自分であれこれ材料をそろえるのが大変だと思っている方には、フレーバーウォーターに相性のいいフルーツがセットになって販売されている『フレーバーウォーターの素』がおすすめです。

あれこれレシピを考えることなく、水を入れるだけで完成。デトックス効果も期待でき、料理が苦手な人でもフレーバーウォーターが作れます。

  • 商品名:全5種類のレシピ デトックスウォーターの素
  • 価格:3,980円
  • 楽天:商品ページ

フレーバーウォーターで気分転換を

ジュースとも水とも違うフレーバーウォーター。市販品ももちろんジュースよりは健康的ですが、砂糖や添加物を入れずに手作りするのもおすすめ。いつもの水分補給がより健康的なものに変わります。

気分転換にもぴったりなフレーバーウォーター。好みの材料で自在にアレンジができるので、まずは一度試してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME