こだわり派におすすめ!オシャレなアロマディフューザー4選

2019.07.29

香りを楽しむアロマディフューザーは、見た目がおしゃれなものも多く販売されています。デザイン性の高いアイテムならインテリアに馴染みやすく、プレゼントにも最適です。こだわり派に向け、おしゃれなアロマディフューザーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

アロマディフューザーのタイプを知ろう

アロマディフューザーは、香りを拡散させる方法によりタイプ分けできます。ニーズに合った商品を選べるよう、それぞれの特徴を確認しましょう。

柔らかな香りが広がるタイプ

アロマオイルを水で薄めてミスト化し、香りを拡散させる『超音波式』のアロマディフューザーを使うと、柔らかく弱めの香りが広がります。強い香りが苦手な場合や、香りをおさえて利用したい状況などに活用できるタイプです。

『超音波式』の製品には水蒸気を利用した加湿機能を同時に備えているものもあり、香りを楽しみながら部屋に潤いを与えられます。

『リード式』のアロマディフューザーも、ほのかな香りを楽しみたい場合におすすめのアイテムです。瓶などの容器にアロマオイルを入れ、リードと呼ばれる木のスティックを差し込み、リードに染み込んだアロマを拡散させて香りを楽しめます。

広範囲に香りが広がるタイプ

香りを強くしたい場合や、広範囲に香りを広げたい場合は、『アロマドロップ式』や『ネブライザー式』など、噴霧式のアロマディフューザーがおすすめです。

噴霧式は、アロマオイルを原液で使用し、空気の振動などによりオイルを微粒子化して拡散させる方式です。水で薄めずにオイルを使うため、より鮮明な香りを楽しめます。

また、広い範囲に香りを拡散できるため、リビングや会議室などで利用するにも向いています。

火や電気で温めてお手軽なタイプ

『アロマポット』や『アロマランプ』などは、火や電気を使って香りを拡散させる、加熱タイプのアロマディフューザーです。アロマの拡散力はおだやかで、ゆっくりと香りが広がります。

器具の上部に設置された皿に水を張り、アロマオイルを数滴落としスイッチを押せば、すぐに香りが拡散し始めます。加熱式のディフューザーは、操作が簡単で手軽にアロマを楽しめることがメリットといえるでしょう。

また、炎や電気の灯りにより、リラックス効果が得られる特徴もあります。暗室でアロマランプを利用すれば、香りと灯りで癒しの空間を作り出せます。

アロマディフューザ-を選ぶポイント

どんなアロマディフューザーを選べばいいのか分からないという人向けに、『デザイン・メンテナンスのしやすさ・機能』の3点に絞り、選び方のポイントを紹介します。

インテリアにもなるデザインで選ぶ

アロマディフューザーは、デザインにこだわった商品も多く販売されています。香りだけでなく、インテリアとしても活用できるおしゃれなアロマディフューザーが人気です。

デザインで選ぶ場合は、まず使う部屋を決め、次に部屋のどこに置くかをイメージしてみましょう。部屋の様子を頭に思い浮かべることで、雰囲気にマッチしたデザインの商品を選びやすくなります。

置き場所の広さも、アロマディフューザーのサイズを考える上で重要な要素です。また、電源コードが付いているアロマディフューザーは使える場所が限定されるため、サイズと併せて事前の確認が必要になるでしょう。

メンテナンスのしやすさから選ぶ

超音波式など水を使うタイプのアロマディフューザーは、水に雑菌が繁殖しやすいため、こまめなメンテナンスが必要です。掃除をせずそのまま利用を続けると、香りに悪影響を与えるうえに、ミストと一緒に雑菌も拡散されるため不衛生な状態になります。

タンクに残った水は毎回捨てるようにして、少なくとも1カ月に1回はしっかりと乾燥させる必要があるでしょう。どうしてもこまめにメンテナンスができない場合は、水を使わないタイプのアロマディフューザーがおすすめです。

水なしタイプでも、アロマの原液が固まったりするため掃除は必要ですが、水を使うタイプほどのメンテナンスは必要ありません。また、商品によってもメンテナンス方法が異なるため、購入前にチェックしておきましょう。

便利な機能がついているものを選ぶ

最近のアロマディフューザーには、香りの拡散機能以外にも、さまざまな便利機能が搭載されています。

長時間利用や就寝前の利用に役立つ機能がタイマー機能です。連続運転のタイマーだけでなく、一定の間隔でオンとオフを繰り返す機能もあります。アロマオイルの消費をおさえるのに効果的な機能です。

音楽を流せる機能がついている商品もあります。純正でインプットされている音楽以外に、音楽機器と接続し好きな音楽を流せる機能もあり、好みの音楽と香りでリラクゼーションの相乗効果が期待できます。

おしゃれなアロマディフューザ-を紹介

デザインがよいだけでなく機能的にも優れたアロマディフューザーを、厳選して4点紹介します。

瓶ごと取り付けて香りを拡散、ブレッザ

『ブレッザ』は、熱や水を使わず空気の力でアロマを拡散させる、気化式のディフューザーです。アロマオイルの原液を利用するため、アロマ本来の香りを楽しめます。

瓶をそのままカートリッジとして付けられるため、余計な手間がかからず気軽に利用できます。香りを変えたい場合も瓶を交換するだけなので簡単です。

最大約60畳程度の広い空間に香りを広げることが可能で、16種類のインターバルモードを活用することで、広さに合った香りの加減を調整できます。

  • 商品名:ブレッザ アロマディフューザー
  • 価格:8800円(税込)
  • Amazon:商品ページ

広い部屋で使うのがおすすめ、Aromax

『Aromax』は香りの拡散力が強く、最大約30畳までの広い部屋で使えるのが魅力のアロマディフューザーです。特許を取得した独自の拡散技術を搭載し、香り本来の有効成分を安定して楽しめます。

上品な質感のデザインが6色展開されており、インテリアに合わせてカラーを選べます。水を使わないため雑菌が繁殖する心配がなく、音が静かで香りの強弱が調整可能な点も特徴です。

  • 商品名:エアアロマ Aromax DC Natural
  • 価格:3万9744円(税込)
  • Amazon:商品ページ

陶器を使用したシンプルなデザイン、陶香

『陶香』は、陶器を使用した高級感のあるデザインが魅力のアロマディフューザーです。国際的なデザイン関係の受賞歴があり、その洗練されたデザインはどんな場所にもマッチします。用意されているカラーはブラックとホワイトの2色です。

拡散方式は超音波式が採用され、微粒子化されたオイルのミストでヒーリング効果を期待できます。運転モードが選べ、連続で3時間、間欠で7時間の運転が可能です。

  • 商品名:陶香 超音波アロマディフューザー
  • 価格:9734円(税込)
  • Amazon:商品ページ

スイスの家電メーカー、Stadler Form LEA

『Stadler Form LEA』は、無駄のないスタイリッシュなデザインで有名な、スイスの家電メーカー『スタドラーフォーム』が提供するアロマディフューザーです。生活感を感じさせないおしゃれなフォルムで、カラーは5色用意されています。

ボトルを直接差し込み、オイルに直接風を当てて拡散させる方式を採用しています。水が不要なためメンテナンスが簡単で、ボトルを変えればすぐに香りの変更が可能です。

運転のオンオフを自動で切り替えられるインターバル機能や、室内の電気に対応して電源の切り替えができるデイライトモードが搭載されています。

  • 商品名:Stadler Form LEA アロマディフューザー
  • 価格:1万584円(税込)
  • Amazon:商品ページ

おしゃれな暮らしを叶える、アロマの香り

アロマディフューザーは種類が豊富で、デザイン性の高い商品も多く販売されています。インテリアに映えるアイテムなら、アロマの香りと併せておしゃれな暮らしを楽しめるのも嬉しいポイントです。

見た目だけでなく、香りの拡散方法や機能もチェックし、総合的に自分に合った商品を選びましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME