愛し愛される大切さを知る。恋愛映画の名作5選

2019.07.28

恋愛映画は、忙しい毎日の中でつい忘れてしまいがちな、愛し愛されることの大切さを思い出させてくれます。この記事では、数多くの恋愛映画の中から心に響く、洋画のおすすめ恋愛映画を5つご紹介します。

デートに恋愛映画を選んでみよう

恋人や、気になる女性がいる方は、恋愛映画に誘ってみてはいかがでしょうか。女性と一緒に恋愛映画を観るのは少し照れるかもしれませんが、ストーリーや登場人物の気持ちに共感することで、お互いの絆を深めるきっかけになるでしょう。

恋愛を学べることも

日常生活で、恋愛の駆け引きや女性の気持ちを学ぶ機会は、そう多くはありません。しかし自分たちと同じように、恋に悩む男女が登場する恋愛映画は、恋愛の大切さから女性への接し方まで、さまざまなことを教えてくれます。

国や時代が違っても、『人を愛する気持ち』は人類共通のものです。恋愛のお手本として、有効に活用していきましょう。

パートナーとの関係を見直せる

恋愛映画にも、純愛ものから病気や災害といった運命に翻弄されるもの、身分格差などの障害を乗り越えるものなど、色々なシチュエーションがあります。結末も、必ずしもハッピーエンドとは限りません。

もしも自分たちがそんなドラマチックな状況になったらと考えると、パートナーの大切さに改めて気づき、関係を見直すきっかけになるでしょう。

おすすめは定番の恋愛映画

次に、近年公開された洋画の中でも定番の、一度は観ておきたい恋愛映画を3作品紹介します。

涙のラブコメディ「50回目のファースト・キス‎」

『50回目のファースト・キス』は、ハワイのカフェで出会ったプレイボーイ『ヘンリー』と記憶障害を持つ女性『ルーシー』との、心温まるラブコメディです。

2004年製作されたアメリカの映画ですが、2018年には山田孝之と長澤まさみが主演のリメイク作品が日本で公開され、話題になりました。

ルーシーには、一晩寝るとその日あったことを全部忘れてしまうという、重い記憶障害があり、ヘンリーは毎朝最初から彼女を口説かなければなりません。しかし繰り返すうちに、2人の関係も少しずつ進展していきます。

回復は難しいと知りながらも、愛のために決してあきらめないヘンリーの男らしさに感動します。さらに、ルーシーの明るい性格と、ハワイの穏やかな風景に包まれて、優しい気持ちになれる映画です。

  • タイトル:50回目のファースト・キス
  • 価格:レンタル199円、購入1500円(税込)
  • Amazonページ:こちら

不朽の名作「タイタニック」

『タイタニック』は歴史的にも有名な、豪華客船タイタニック号の沈没事故を舞台にした壮大なラブストーリーです。偶然同じ船に乗ることになった、貧しい青年『ジャック』と上流階級の令嬢『ローズ』との、運命的な恋を描いています。

身分の違う2人の恋愛は、とてもスリリングで切なく、つい応援したくなります。タイタニック号が沈没するシーンでは、乗客や乗員の心理描写がとてもリアルで、色々な意味で考えさせられる作品です。

  • タイトル:タイタニック
  • 価格:レンタル199円、購入1500円(税込)
  • Amazonページ:こちら

在りし日の恋の回想「きみに読む物語」

『きみに読む物語』は、2004年にアメリカで製作された回想スタイルの恋愛映画です。療養施設で暮らすアルツハイマー型認知症の老女『アリー』のもとに、かつての恋人が訪れて、当時のことを物語風に語って聞かせます。

タイタニック同様、令嬢と貧しい青年の身分違いのラブストーリーですが、この2人の間には、さらに時間と記憶という大きな障害が立ちはだかります。それを乗り越えた先にある、不思議なやすらぎに心を打たれ、思わず涙する映画です。

  • タイトル:きみに読む物語
  • 価格:レンタル400円(税込)
  • Amazonページ:こちら

恋愛映画の金字塔に触れる

最後に、映画史に残る、偉大な恋愛映画を2作品紹介します。どちらも製作されたのは、まだフィルムが白黒だった時代です。

しかし美しいヒロインと、包容力のある男性とのラブストーリーは時代を超えて、観る人の心を魅了します。誰もが憧れるロマンチックな世界観を、ぜひ堪能してみましょう。

屈指の名作 カサブランカ

『カサブランカ』は、アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞の3部門を受賞した、映画史上でも指折りの名作です。ハンフリー・ボガードが演じる主人公『リック』の、『君の瞳に乾杯』というセリフでも知られています。

昔の恋人のために危険を顧みず行動するリックの男気と、イングリッド・バーグマン演じるヒロインの美しさに、時間を忘れて見入ってしまうでしょう。

  • タイトル:カサブランカ
  • 価格:レンタル199円(税込)
  • Amazonページ:こちら

ヘプバーンの名作中の名作「ローマの休日」

オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』も、映画史に残る恋愛映画の一つです。滞在中のローマで大使館を抜け出し街に出た小国の王女と、一介の新聞記者との1日限りの恋に、世界中が感動しました。

始めはスクープ狙いだった記者が、だんだん王女に心を惹かれるようになり、彼女を守ろうと決意するラストに心を打たれます。

  • タイトル:ローマの休日
  • 価格:レンタル200円、購入1000円(税込)
  • Amazonページ:こちら

お気に入りの恋愛映画で自分を磨こう

恋愛映画には、人生を豊かに過ごすためのヒントがたくさん詰まっています。過ぎた恋を思い出すときも、恋人との将来を考えるときも、共感できる映画はきっとあるでしょう。

お気に入りの恋愛映画を見つけて、自分磨きに役立ててみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME